FF14推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨MMORPGカテゴリー

FF14推奨ゲームパソコン

FF14推奨ゲーミングパソコンを紹介している。

FF14推奨ゲームパソコン目次
1. FF14プレイに必要なスペック
 1.1 FF14必要・推奨環境(DirectX9)
 1.2 FF14必要・推奨環境(DirectX11)

2. BTOショップ推奨PC考察
 2.1 G-Tune
 2.2 ドスパラ

3. FF14を快適にプレイするために必要なモデルはこれだ!

4. FF14推奨パソコン選びのポイント
 4.1 スペックの注意点
 4.2 ゲームに与える影響
 4.3 FF14推奨モデルについて

1.FF14プレイに必要なスペック

1.1 FF14必要・推奨環境(DirectX9)

必要環境
OSWindows VISTA、7、8、8.1、10 32bit/64bit
CPUIntel Core2Duo 3GHz以上
メモリ2GB
GPUGeForce 8800GT以上又はRadeon HD4770以上
解像度1280x720
HDD空き容量30GB
推奨環境
OSWindows 7 64bit
CPUIntel Corei5 2.66GHz以上
メモリ4GB以上
GPUGeForce GTX660以上又はRadeon HD7950以上
解像度1920x1080
HDD空き容量30GB

1.2 FF14必要・推奨環境(DirectX11)

必要環境
OSWindows 7、8、8.1、10 64bit
CPUIntel Core2Duo 3GHz以上
メモリ4GB以上
GPUGeForce GTX650以上 又はRadeon HD7790以上
解像度1280x720
HDD空き容量30GB
推奨環境
OSWindows 7 64bit
CPUIntel Corei5 2.66GHz以上
メモリ8GB以上
GPUGeForce GTX760以上又はRadeon R9 280X以上
解像度1920x1080
HDD空き容量30GB

2. BTOショップ推奨PC考察

2.1 G-Tune

  • NEXTGEAR-MICRO im570SA5-FF14(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:119,800円
    CPU:Core i7-6700
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:240GB
    HDD:1TB
    電源:500W 80PLUS SILVER

    公式

    フルHD環境でのゲームプレイには十分のパフォーマンスを持っている。価格もしっかり抑えられているため、選択しやすくFF14推奨モデルでは人気がある。ただ、同じ価格で優れたNEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDがあるのでそちらをチェックして欲しい。


  • NEXTGEAR-MICRO im570GA7-TERA(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:Windows10 142,800円
    CPU:Core i7-6700
    GPU:GeForce GTX1070
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:240GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS SILVER

    公式

    高解像度にも対応できるモデルで、フルHD環境であってもより安定したゲームプレイが可能だ。コストパフォーマンスは優秀であるため、こちらもまた選ばれやすいモデルとなっている。


  • NEXTGEAR i650GA8-FF14(G-Tune)
  • NEXTGEAR i650GA8-FF14価格:Windows10 159,800円
    CPU:Core i7-6700K
    GPU:GeForce GTX1070
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:240GB
    HDD:2TB
    電源:700W 80PLUS BRONZE

    公式

    CPU性能がアップしミドルタワーとなったことで、更なる安定を手にしたGTX1070搭載モデルとなっている。安定はするものの、NEXTGEAR-MICRO im570GA5-FF14と比べると2万円近い差があるとは思えない。コストパフォーマンスではやや劣るだろうか。


  • NEXTGEAR i650PA8-FF14(G-Tune)
  • NEXTGEAR i650GA8-FF14価格:Windows10 179,800円
    CPU:Core i7-6700K
    GPU:GeForce GTX1080
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:240GB
    HDD:2TB
    電源:700W 80PLUS BRONZE

    公式

    4K解像度や特殊な高解像度で最高設定にしてゲームを快適にプレイしたいヘビーユーザー向けだ。モニターが対応していなくてはならなず、このスペックがFF14に必要というのは稀有な例。性能自体は間違いない。


2.2 ドスパラ

  • GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XF
  • galleriaxf価格:161,980円(セール時159,980円)
    CPU:Core i7-6700
    GPU:GeForce GTX1070
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:最大525GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS SILVER

    公式詳細

    ストレージが強力なドスパラの推奨モデルは性能を求めるユーザーにはおすすめしにくい。CPUとメモリを削ってSSDの容量をアップしているような印象だ。


  • GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン SG
  • galleriastslim価格:199,980円
    CPU:Core i7-6700
    GPU:GeForce GTX1080
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:最大525GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS GOLD

    公式詳細

    GTX1080搭載のスリム型ゲーミングPCだ。ウルトラハイエンドには、このスリム型は適していないようにも思うが、それ以前にコストパフォーマンスが悪い。特に特典の付かない推奨モデルでは選択するメリットがない。


  • GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XG
  • galleriaxg価格:199,980円
    CPU:Core i7-6700
    GPU:GeForce GTX1080
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:最大525GB
    HDD:2TB
    電源:700W 80PLUS SILVER

    公式詳細

    スリム型のSGと同じ価格となっている。SGと比べてCPUがパワーアップしているウルトラハイエンドモデルだ。価格は少し高めではあるがストレージが強力であることを考えればまずまず。メモリが16GBあればコストパフォーマンスも改善されていたが…。


  • GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ZG
  • galleriaxf価格:219,980円
    CPU:Core i7-6700K
    GPU:GeForce GTX1080
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:NVMe256GB
    HDD:3TB
    電源:800W 80PLUS GOLD

    公式詳細

    10シリーズ搭載で20万円超えはかなり高価ではあるが、それも納得の豪華な構成となっている。これが果たしてFF14に必要なのかは疑問だが…。性能と構成を最大限に求めるなら一考の価値はある。


3. FF14を快適にプレイするために必要なモデルはこれだ!

FF14は他のゲーム推奨モデルとは違い、購入特典が無いため選択のメリットは薄い。特に、ゲーム推奨とは言っても通常のモデルとは名前が違うくらいしか差がない。なので、FF14推奨モデルの枠内から選択するのはデメリットになる可能性もある。そこで当サイトが独断で、FF14推奨モデルよりお得で優れた推奨モデルを提示しようと思う。

  • GALLERIA DH(ドスパラ)
  • GALLERIA DH価格:92,980円(セール時89,980円)
    CPU:Core i5-6500
    GPU:GeForce GTX1050Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:SATA3.0 250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE
    公式詳細

    DirectX9の推奨環境をクリアしている低価格帯のゲーミングPCだ。とにかく安く購入したいユーザー向けだが、最低限プレイする環境を構築することは出来る。ただし、性能自体はそこまで高くないので高望みはしてはいけない。


  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:119,800円
    CPU:Core i7-6700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:240GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    DirectX11の推奨環境を余裕を持ってクリアし、フルHD環境であれば最高設定でプレイできる。NEXTGEAR-MICRO im570SA5-FF14と価格は同じだが、i7-6700Kにパワーアップしており、ストレージも優秀だ。ただしメモリは半減しているので、気になるならカスタマイズしておこう。


  • NEXTGEAR i650PA7-SP2(G-Tune)
  • NEXTGEAR i650PA7-SP2価格:189,800円
    CPU:Core i7-6700K
    GPU:GeForce GTX1080
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:480GB
    HDD:3TB
    電源:700W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    高解像度や特殊な解像度でプレイを予定しているユーザーにとって強い味方となってくれるモデルだ。4K解像度であっても最高設定でプレイすることができるが、高解像度でのプレイを想定しないのであれば確実に宝の持ち腐れとなる。より快適に、より高みを目指すハイエンドユーザーにおすすめだ。


ファイナルファンタジーXIVを快適にプレイするハードルは高くない。しかし、4K解像度に対応していたり、マルチスレッドにも対応していたりするため、快適な環境については幅が広いと言える。CPUとグラフィックボードはバランス良くするほうが良いだろう。高設定や高解像度につれてCPUはi7-6700以上が推奨される。要求スペックはそれなりに高いが、DirectX11かDirectX9を選択できるのであまり気にしなくても良さそうだ。

おすすめしているモデル以外にもGTX1050搭載モデルでも快適にプレイすることが可能と言えば可能だ。ただ、雰囲気を楽しむのもMMORPGの醍醐味なのだからどうせならグラフィックも綺麗にして楽しみたいものだ。フルHD環境であればi7-6700とGTX1060 3GBの組み合わせでも性能に余裕がある。

GALLERIA DHはその基準から言えば満たしていない。しかしながら、セール時は9万円を切る低価格となっているのは嬉しい。予算が多く取れないユーザーにとっては、やはりこの低価格は大きな魅力だろう。最高設定でゲームを楽しみたいならi7-6700KとGTX1060の組み合わせが魅力のNEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDだ。ほとんどのゲームはこの性能で十分に楽しむことが可能だ。

しかし、4K解像度のような高解像度には不向きであり、高解像度を最高設定で楽しみたいのであればGTX1080搭載のNEXTGEAR i650PA7-SP2だろう。価格は少し上がるが性能もぐっと高くなり、ほぼ全てのゲームを4K解像度で最高設定で楽しむことが出来る。FF14に限って言えばGTX1070でも事足りるかもしれないが、画質を重視するのであれば性能に余裕を持たせるのも一つだ。

4. TERA推奨パソコン選びのポイント

4.1 スペックの注意点

MMORPGであるため全体的な性能が必要である。しかし、グラフィックボードの性能を重視して選べば間違いない。もちろんCPUの性能も必要となる。それでも最低限i5-6500もあれば十分な部分もあるのだ。DirectX9か11かを選択できるのは非常に大きく、それにより要求されるスペックは大きく異なる。そのため、画質を求めないのであればある程度スペックが低くても対応することができる。

多少の技術介入要素があるものの、ノンターゲティング方式ではないことも影響している。プレイスタイルというより、何を求めているかが非常に重要だ。ゲームをより快適にプレイしたいという前提があり、更に何を求めるかだ。

グラフィックにこだわらないなら予算を抑えたGTX1050搭載モデルのような低価格帯のゲーミングPCを、高解像度でプレイするのであればGTX1080やGTX1070搭載のウルトラハイエンドモデルを選択すると良いだろう。FF14は設定を細かくすることも可能であるため、幅広い性能を選択することが可能となっている。

4.2 ゲームに与える影響

アクション要素も少しあるタイトルだ。ただ、ノンターゲティングと比べるとスペックの重要性は低い。FF14は他のMMORPGと比べるとエフェクトが激しく、作り込まれているように感じた。スペックが不足していると、スキルの詠唱速度や発動速度に影響したり、ラグが発生する可能性がある。

乗り物や集団での行動にも性能差が表れるため、様々なタイミングでスペックが不足しているとストレスを感じることになる。推奨環境はi5となっているが、ショップの推奨モデル全てがi7であることから分かるようにCPUとグラフィックボードのバランスが重要だ。マルチスレッドに対応したことで、グラフィックボードに対してボトルネックとなりにくく、性能を無駄なく発揮できる環境が求められる。

一方で、一部のIDを除いてダンジョン内は比較的軽い印象を受ける。これはプレイヤーの数にも影響されていたり、フィールドにもよるがサーバーの影響が一番なのだろうか。ただ、ダンジョンはフィールドと違って負荷軽い。それでも難易度はかなり高いため、少しのラグや遅延が致命傷となる可能性が高い。

4.3 FF14推奨モデルについて

G-tune、ドスパラともに推奨モデルの購入特典が無い。そのため、推奨モデルとは名ばかりの製品となってしまっている。しかし、ある意味基準として考えやすい。FF14推奨モデル内で決めたほうが良いというわけではなく、優れた製品はその枠の外にも存在している。

そういう意味では選ぶ幅はかなり広く、これはメリットにもデメリットにもなってしまいそうだ。当サイト推奨モデルは、その広くなった幅に困惑するユーザーにとって助けとなって欲しいと用意した。G-tuneのラインナップが多くなっているのは、コストパフォーマンスを重視しているからだ。

ドスパラ製品はコストパフォーマンス面では少し劣る。ただ、品質は非常に優秀であるので十分推奨できる。どちらを選ぶかはそれぞれだが、選びやすいのは価格を抑えたモデルだと考えている。FF14はCPUとグラフィックボードのバランスが重要であるため、選択したモデルはどれもバランスに長けたモデルだ。

基準としてはi7-6700以上、GTX1060 3GB以上としたい。ただ、GALLERIA DHのような低価格帯のモデルは推奨環境に合わせている。コストパフォーマンスを重視するならNEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDを推奨したい。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ