黒い砂漠推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨ノンターゲティングMMORPGカテゴリー

黒い砂漠

黒い砂漠推奨のゲームパソコンを紹介している。

黒い砂漠は、アクション要素と爽快感で話題となっている最新のMMORPGとなっている。対人要素が強く様々なシステムでゲーム性の高さを演出。当該タイトルは細部まで作りこまれていて完成されたゲームで2015年一番の注目作となっている。

黒い砂漠必要環境

OSWindows7以上
CPUIntel Core i3
メモリ4GB RAM
GPUGTS 250 / GeForce 9800 GTX
Radeon HD 3870 X2
Radeon HD4850/HD5750以上
HDD空き容量ダウンロード時に約17GB、インストール後に約18GB(合計約35GB)

黒い砂漠推奨環境

OSWindows7以上
CPUIntel Core i5以上
メモリ6GB RAM
GPUGTX 650 / GTX 550Ti
Radeon HD 7770、6770
HDD空き容量HDD空き容量 ダウンロード時に約17GB、インストール後に約18GB(合計約35GB)

黒い砂漠の推奨スペックの考察

黒い砂漠はサービスが始まったばかりで人も多くゲーム自体の負荷はそこまで高くはない。しかし、対人要素がある以上しっかりとした構成にしておきたい。

攻城戦はメインコンテンツの一つであり、負荷が最も高くなる場面でもある。公式の要求スペックは少し低めに見ている傾向があるのでしっかり吟味したい。黒い砂漠推奨パソコンは大体どのショップも比較的優秀な構成であるので選択肢に入れても良さそうだ。

ゲームの性質はFPSなどの対戦形式のゲームに近いと言える。ただし、グラフィックの作り込みはMMORPG寄りになっている。両方の良いところと悪いところを揃えているので、必要な性能はMMORPGを基本として考えたい。

黒い砂漠向けおすすめのゲーミングPC

  • NEXTGEAR-MICRO im570GA8-SP(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570GA8価格:149,800円
    CPU:Core i7-7700
    GPU:GeForce GTX1070
    メモリ:16GB DDR4
    SSD:非搭載
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS SILVER

    公式詳細

    おすすめ構成を考えた時第一に名前が挙がるモデルとなっている。最新の七世代CPUとGTX1070の組合わせは圧巻だ。他のタイトルでも十分満足のいくプレイをすることができるだろう。

    ————————————————————————————————————————

  • NEXTGEAR-MICRO im570SA2-TD(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:129,800円
    CPU:Core i7-7700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:256GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    ミドル環境で選択肢として悪くない。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :最低i5-6600、i5-7500以上・推奨i7-6700、i7-7700以上

対人要素の高いRPGであるためCPUを軸に構成していきたい。i7-7700、i7-6700以上の構成であれば問題無さそうだ。

メモリ    :8GB以上 

推奨では6GBになっている。ただかなり中途半端な数値なので8GBを推奨する。16GBにしても現状恩恵は少ないように感じる。

グラボ    :GTX970、GTX1070以上(標準設定ならGTX960あるいはGTX1060も可)

最新のゲームなので個人的にはGTX10801(GTX980)を推奨したいが、GTX1070でも動作は安定していた。

HDD空き容量 :40GB 

アップデートなどを考慮して多めに取っておきたい。メインゲームとするなら専用のSSDがあっても良し。

関連おすすめ記事

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ