TERA推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨ノンターゲティングMMORPGカテゴリー

tera

当記事では、TERA推奨ゲーミングパソコン&必要スペックを紹介している。TERAは韓国のゲーム開発会社であるBluehole Studioが、多額の資金を投入して開発・リリースを行ったタイトルになっている。世界中でリリースされていて高い人気がある。

TERAの必要環境及び推奨環境まとめ

必要環境(公式)

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Pentium 4 3.20GHz以上
メモリ2GB
GPUGeForce 7600GT以上 又は 
Radeon X1600XT以上
HDD空き容量60GB

推奨環境(公式)

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Core2 Duo E6750 2.66GHz以上
メモリ4GB
GPUGeForce 8800GT以上 又は 
Radeon HD 3870以上
HDD空き容量60GB

徹底解剖推奨スペック

  • OS:Windows 7、10 64bit
  • CPU:Intel Core 7-7700/8700
  • グラボ:GeForce GTX1050Ti以上
  • メモリ:8GB以上
実際にプレイし比較してみたところマルチスレッドが有効のようだ。そのため第八世代ならi7-8700を選択すると良いだろう。初期の方では非対応だったように思うが、ともかくマルチスレッドが有効であるならば選択すべきはi7だ。

ただし、古いi7は性能が低いこともあるので注意が必要だ。第三世代からは問題無いかもしれないが、第二世代以前のCPUには注意したい。GTX1050Ti搭載モデルは、コストパフォーマンス的に厳しいこともありこれだという製品は無い。

TERA向けのおすすめゲーミングPC

  • NEXTGEAR-MICRO im600SA1-TD(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA1-SH2-TD価格:119,980円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:500W 80PLUS GOLD

    公式詳細

    TERAを快適にプレイできる製品は数あるが、コストパフォーマンスが最も優れているのはこのモデルだろう。CPUは最上位i7-8700KでGTX1060(3GB)を搭載している。この組み合わせでこの価格はなかなか無くい。唯一カスタマイズの自由度を高めるためにストレージは控えめにしている。用途に合わせて追加すると良いだろう。ゲーム推奨モデルであるため、快適にプレイできるのが最低限必要な条件として考えている。このモデルより安くプレイできるモデルもあるが、快適ではないため妥協案となってしまう。スペック不足によるストレスは多大なもので、それを改善するためのゲーミングPCであり、推奨モデルだ。


  • GALLERIA XV(ドスパラ)
  • galleriaxf価格:169,980円
    CPU:Core i7-8700
    GPU:GeForce GTX1070Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:640GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS SILVER

    公式詳細

    少し価格は高くなるが、性能と構成が優秀でこちらもコストパフォーマンスが優秀なモデルだ。フルHDを超える高解像度でのプレイを想定しているユーザー向けだ。複数ディスプレイを一つのモニターとしてTERAをプレイしているユーザーも存在している。4K解像度とはまた少し違うが、特殊な用途で力を発揮する性能を持っている。ただし、性能が高いものの通常の用途であればNEXTGEAR-MICRO im600SA1-TDと同じパフォーマンスである。


TERA推奨パソコン選びのポイント

スペックの注意点

TERAのプレイにおいてCPUが最も重要であることは間違いない。しかしながら、同時にグラフィックボードも当然重要となる。ID内のギミックは設定を低くしていると正しく表示されないこともある。そのギミックは時に即死攻撃なこともある。そのためゲームプレイに与える影響としては大きい。

理想はGTX970、最低限必要なのはGTX1050Tiだと考えている。それより低いとグラフィック設定を下げなければカクつきで厳しい場面が多くなる。もっとも、カクつく多くの原因はCPUにあったりするのだが…。TERAは最適化が不十分と言われるのは、グラフィック性能がいくら高くてもfpsが50程度でしか安定しないからだ。

ずっと50でいてくれれば良いが、一桁に落ちたり、急激に上がったり不安定な挙動をする。これは一定のフレームレートに落ちると、負荷を軽減するようなシステムが原因の一つだ。フレームレートが一桁になると負荷を落とす。ただ、一定に戻ると負荷も一緒に戻る。

設定しなければ80くらい出てしまうので、この不安定さが更に加速することもある。iniファイルから設定することが出来る。ただ、これを修正したところで快適になったわけでもない。例え、i7-6700Kであっても安定はしないので期待し過ぎは禁物だ。

ゲームに与える影響

TERAはノンターゲティングシステムを採用したMMORPGだ。装備の力も重要だが、何よりプレイヤースキルが非常に重要なゲームだ。いや、連携というべきだろうか。カンスト帯に行くまではプレイヤースキルが重要だったが、カンスト帯となると覚えゲーの即死ゲーだ。

実装されたてのIDなどはパーティーの時間の許す限り再チャレンジすることもある。この時、定期的に再起動やリログを行わなければまともにゲームがプレイできなくなるほどカクついたりする。長時間プレイすることでTERAはキャッシュの影響なのかどれだけ人が少なくてもカクカクしてしまう。

性能が高ければこの症状が起こるまでの時間は伸びるが、ログインし続けるだけで負荷は高まっていく。SSDに入れると改善されるという話もあったが、マシになったのかさえわからない。このような不可避の負荷は仕方ないにしても、性能不足による負荷は風当たりが強い。即死攻撃のタイミングが見えなかったり、避けたはずが突如死んだり、自分にだけラグがあったりもする。

それは性能が不足することでスキル発動の僅かなラグも含む話だ。カンスト帯でも難易度の高いIDなら、1人が死亡するだけでリカバリが利かなくなり、結果全滅してしまうことも珍しくない。プレイヤースキルを支える一つがパソコンの性能であるといい切れる。

TERA推奨モデルについて

ドスパラはラインナップが更新されておらず、第七世代CPUが未だにラインナップとなっている。現時点ではアバター的にもG-tuneのほうが希少価値がある。CPUがi7-8700Kが理想である。それでもG-tuneのTERA推奨モデルはラインナップが更新されている分だけマシだろう。

性能もバランスが良いので遊びやすく、価格も比較的抑えられたモデルであるため選択しやすいのもポイントだ。ただし、特典を求めていないのであれば当サイトがおすすめするモデルを選択するほうが良い。特典は付かないが、同じ価格帯でより優れた性能を持つゲーミングPCである。

特にNEXTGEAR-MICRO im600SA1-TDは当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルであり、通常ラインナップよりもお得な構成となっている。値段を気にして中途半端な性能の製品を選んでしまうと、快適とは言えない環境を構築してしまうこともある。CPUは最低でもi7-8700を選択してもらいたい。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方

初心者の方はセール情報や今プレイしているタイトルを基準にゲーミングPCを選ぶとわかりやすい。ぜひ参考にして欲しい。

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

中級者以上の方はゲーミングPCのスペックやショップの比較で目当てのパソコンの絞り込むを行うと良いだろう。グラフィックボードや価格比較は非常に人気のあるコンテンツだ。

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングPCおすすめランキング【2018年冬】(TOPページ)

ゲーミングPC選びで迷ったらおすすめランキングを参考にして欲しい。ユーザーに支持されている人気モデルを把握することができる。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトで紹介している全てのモデルを一覧表で紹介している。気になるモデルがあれば詳細レビューをチェックして欲しい。

TERA動画(公式)

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ