Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説

Tree of Savior

Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)のゲーミングPCを紹介している。

話題のMMORPGとなっていて、サービス開始が待ち遠しい。

Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)必要環境

OSWindows Vista /7 /8
CPUCore 2 Duo以上
メモリ4GB以上
グラフィックボードGeforce8600以上
HDD空き容量10GB以上
DirectX9.0C以上

Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)推奨環境

OSWindows Vista /7 /8
CPUCore i3以上
メモリ4GB以上
グラフィックボードGeforce GTS 450 以上
HDD空き容量10GB以上
DirectX9.0C以上

Tree of Saviorの推奨スペックの考察

2002年からサービスが続いている長寿ゲーム「ラグナロクオンライン」の後継作にあたる期待のオンラインゲームだ。グラフィックは3Dだが、2Dゲームのような画面見下ろし視点となっており、要求されるスペックも低い。MOBA系のグラフィックに近く、2.5Dという位置づけで2Dの手軽さと3Dの美しさを両立させている。

MMORPGというジャンルに属しているが、純粋なRPGではなくアクション要素もあるため、単純なクリックゲームではない。ノンターゲティングでも無いが、システムの性質上ノンターゲティング寄りだと言える。本来プレイヤースキルが重要になる要素だが、2.5Dであることが幸いし、初心者でも簡単に物語を進めることが出来る。IDに行ける回数にはIDごとに制限があるものの、疲労度という概念は無いため延々とプレイすることも可能。MORPGでは当たり前となっている疲労度などの概念は、MMORPGには存在してないのは当然だ。しかしゲーム性はMORPGにも似ている部分もある。

昨今のRPGのように容姿は細かく設定することは出来ず、職業とヘアスタイルと性別での区別になり、アバター等で見た目の変化をつけることになりそうだ。現在は日本での正式サービス開始は不明だが、運営がNEXONというところに不安は隠せない。キャラクターは2頭身や3頭身ではなく、およそ5頭身とこのスタイルのゲームにしては珍しい形状をしている。

昔ながらで新しいMMORPGとして、懐かしいと感じるユーザーも新しいと感じるユーザーも楽しめると話題になっている。MORPGやノンターゲティングなどの要素を取り入れ、見た目は既視感があるかもしれないが、一度プレイすると全くの別物だ。遊びやすさがあり、爽快感もほどほどにある。ソロプレイヤーには厳しいような気もするが、今後のアップデートなどで改善されることを願いたい。

まだ正式サービス前であるため、移動するだけで減るスタミナという概念が邪魔で仕方がなかった。もちろん、すぐに回復するものでパラメーター的な要素でしかない。あとは序盤をさっさと駆け抜けようとクエストを受けたが、中盤からクエストがどこにあるのか分からなくなる。そんなモンスターいたっけと思うような討伐クエストが出たりもする。不親切なのか、仕様なのかは分からないがこれは公式のものなので特に気にしない。

一番の問題は業者をはじめ、BOTが多すぎる。某サイトのインタビューでは不正取締が万全で随時対処していくと豪語していたが、相変わらずこの有様だ。今後はどうなっていくのか分からないが、現状を見る限りあまり期待出来ないだろう。

過去、ネクソンの運営する多くのゲームがそうであったように、RMTが黙認されてしまい、結果として業者が溢れていきそうだ。この点が正式サービス後にどう変わるかがこのゲームの正念場のように感じた。

おすすめの性能及び構成

スペックについてはベースが2Dであり、背景などは3Dだが視点は固定であるため要求されるスペックは低い。それこそ、ゲーミングPCでなくてもプレイ自体は可能なので、まだ登場していないがショップの「推奨パソコン」などを購入するのはおすすめしない。

Tree of Saviorしかプレイしないというのであれば選択肢としてはありかもしれないが、オンラインゲームの性質的に必要となる性能が上がっていくかもしれない。余裕のあるスペックではないため、しばらくして買い換えなければならないという自体も考えられる。ゲーミングPCは必要としている性能のワンランク上を選択すべきである。

このゲームで最も負荷がかかる場面は、人の集まっている場所だ。ID内はグラフィックもそうだが、PTメンバーしかプレイヤーが存在しないため軽い。ただし、後半のIDは必然的に人が集まる場所となるのでその限りではない。そういう意味でおすすめしたいゲーミングPCの性能は現在でいうミドルエンド程度だろうか。

性能で言えばGTX960だが、今はGTX1060が登場しているのでわざわざ選択するほどでもない。現行モデルで言えば、GTX1060か少し待ってGTX1050を選択するというのもありだろう。性能的にピンポイントであるGTX960は性能が圧倒的に上のGTX1060と同じ価格帯であることからおすすめしない。

オーバースペックとなるのは間違いない。ただ、幅広くゲームを快適にプレイ出来る性能を選択するというのも一つだ。予算があまり多く出せない場合はCPUとグラフィックボードを妥協してしまうほかないが、よく吟味して削ってもらいたい。

ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPCであり、ゲーム推奨モデルであるため当サイトではおすすめしない。ただCPUはi3以上でグラフィックボードはGT740でも十分なのでゲーミングPCじゃなくても十分対応はできるということは事実である。

Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)向けおすすめのゲーミングPC

ゲーミングPCならほぼ全てがオーバースペックになるため、快適にプレイできるものをおすすめするのは難しい。グラフィックボードが搭載されていなくても、最新のCPUさえあれば対応できそうなものだが・・・

それこそノートパソコンでも動作が期待できる以上、わざわざ推奨パソコンを選択するメリットはない。もしも、カクつくパソコンがあるなら、ToS以外でプレイするタイトルの推奨パソコンを選んだほうが良い。

どれがいいのか迷ったら売れ筋モデルであるGALLERIA XTを購入しておけば問題ないだろう。

  • GALLERIA DT(ドスパラ)
  • galleriadt価格:99,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    幅広くゲームをプレイしたいユーザーにおすすめ!Tree of Saviorだけでなく、ほぼ全てのゲームを快適にプレイするだけの性能を持っている。最新のグラフィックボードを搭載していることもあり、まだ登場していない最新のゲームもサクサクプレイできる。第七世代CPUを搭載していて万全だ。ジャンル問わずプレイできるため、長く遊べるゲーミングPCを探しているならこのモデルが最低ラインとなる。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA DH(ドスパラ)
  • GALLERIA DH価格:92,980円(セール時89,980円)
    CPU:Core i5-6500
    GPU:GeForce GTX1050Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:SATA3.0 250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE
    公式詳細

    とにかく予算を抑えたいTree of Savior専用機として!値段はかなり安く必要最低限の性能を持っている。要求スペックの低いTree of Saviorならば十分に対応できる。Tree of Saviorというゲームを始めている、始めようとしている時点でゲームを楽しめる側の人間である。つまり、他のゲームをプレイする可能性は十分にあるということになる。

    ————————————————————————————————————————

  • NEXTGEAR-NOTE i5320GA1
  • nextgearnote価格:129,980円
    CPU:Core i7-7700HQ
    GPU:GeForce GTX1050
    メモリ:16GB
    SSD:256GN
    HDD:1TB

    公式

    ノートで探しているならコレ!ノートで最も売れているのはGTX1050だノートPCならCPU性能を見てもこれが最低ラインだろう。ノートは割高であるのが欠点であり、性能もコストパフォーマンスも低くなってしまう。ただ、元々要求されるスペックの低いTree of Saviorでは十分過ぎる性能。キーボードでの操作性が悪く、視認性も悪いノートパソコンではあるが、このゲームはゲームパッドでのプレイが非常にやりやすい。キーボードで操作を行わないのであれば姿勢も窮屈にならず、意外と使用できるように思う。ただ、Tree of Savior専用とは言わないが、ゲーミングPCとしては少し快適性に劣りそうだ。光学ドライブ無く、バッテリーも2時間しか持たない。外出時に使用するには難しく、性能の低めのゲーミングノートPCという域を出ない。作業用と兼用にするのは難しいのが難点であるが、電源を確保できる場所での作業は可能なので、それが出来るなら選択肢としてはありだろう。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :CPU i3以上

第3世代のi3以上であれば対応できる。余裕を持たせるならi5以上であれば十分過ぎる。Tree of Savior以外のゲームもプレイする予定なのであればi5-6500/i5-7500を最低ラインに据えたい。

メモリ    :4GB以上

32bitOSでも対応可能だが4GB程度なら大体のパソコンに搭載されているだろう。新しく購入する際は64bitOSとなり、ほとんどのモデルが8GB搭載されているので問題無い。

グラボ    :GT640以上

それより古くても、性能が低くても動作は可能だが余裕を持たせて高めに設定。グラフィックボード搭載モデルなら大体何を選んでも推奨構成を上回ると思う。ただ、実際にプレイした際の最低性能はGTX660であったため、あくまでも理論上快適だろうという数値だ。もっとも、今GT640なんて手に入れるほうが難しいので、推奨モデルを探しているユーザーにとってはどうでもいいものかもしれない。推奨モデルとしての最低ラインは、現行モデルで言えばGTX1050だ。

HDD空き容量 :10GB

最新のゲームということもあってか、低スペックなゲームだが要求する空き容量は大きめ。とは言っても10GB程度なら保存に困ることはなさそうだ。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)動画

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ