X・A・O・C推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨MMORPGカテゴリー

xaoc

X・A・O・C推奨ゲームパソコンを紹介している。

X・A・O・Cは、2014年6月10日にサービス終了となった。しかし、2015年4月に公式サイトが再度オープンし、2015年9月にサービス開始されたMMORPGだ。

X・A・O・C必要環境

OSWindowsXP 32bit以上
CPUCore 2 Duo E7200以上
メモリ4GB以上
グラフィックボードGeForce 8600 GT
HDD空き容量30GB 以上
Direct X9.0c 以上

X・A・O・C推奨環境

OSWindowsXP 32bit以上
CPUCore i3-530以上
メモリ4GB以上
グラフィックボードGeForce GTS250以上
HDD空き容量30GB 以上
DirectX9.0c 以上

X・A・O・Cの推奨スペックの考察

X・A・O・C(ザオック)は、自由度の高いアクション要素のMMORPGで評価自体は元々高いタイトルだった。そしてそれは今も変わらない。戦闘面では基本無料の中ではズバ抜けて高く、初心者でも簡単に操作出来るモードもあり期待されていたゲームの一つだった。

しかし、サービス開始の時期が2013年10月と非常に悪く、2013年7月にはArchAge、8月にはFF14、10月には幻想神域、12月にはKRITIKAと、今尚上位に君臨するゲームと完全に被ってしまう。

知名度で圧倒的に劣ったXAOCは人気こそ高かった。しかしながら、プレイ人口が少なくプレイした段階では既に人と遭遇することのないゲームとなってしまっていた。今回再登場という形になったわけだが最新のゲームというわけではないのでグラフィックは進化していない。

そのゲーム性の高さに注目してもらいたい。最初はクエストが面倒ではあるが、徐々に楽しめるようになっていくので最初だけ我慢してもらいたい。さて、必要なスペックは正直そこまで高くない。派手なアクションで爽快感を得られるようにエフェクトを抑えつつ派手さを残したような感じに仕上がっている。

CPUはi5-6500/i5-7500、グラフィックボードはGTX950/GTX1050でも十分過ぎるくらいか。複数の敵を巻き込むド派手な戦闘がウリだ。そこで若干の負荷を感じてしまうのでCPUは少し上を見ても良さそうだ。個人的には遅延が致命的な敗北に繋がる要素を持っているだけに、少し余裕を持った性能を選択しておいたほうが良いと思う。

X・A・O・C向けおすすめのゲーミングPC

  • GALLERIA DH(ドスパラ)
  • GALLERIA DH価格:92,980円(セール時89,980円)
    CPU:Core i5-6500
    GPU:GeForce GTX1050Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:SATA3.0 250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE
    公式詳細

    要求スペックをクリアしている最低ラインとなっている。10万円を切る低価格設定なので予算が少ないユーザーにもありがたい。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :i5-6500、i5-7500以上

当たり判定が複数点在し、アクション要素が強いので最低限の処理はできる性能は欲しい。i5-6600/i5-7600以上としたいが、i5-7600を取り扱うショップが極端に少ないので仕方が無い。

メモリ    :8GB以上

必要最低限と言ったところ。これ以下でも動作は可能だが、8GB搭載は標準なので問題はないだろう。

グラボ    :GTX950、GTX1050

動作自体はGTX750Ti/GTX1050でも可能だ。ただ、今後のアップデートなどを考えて余裕を持った選択をしよう。

HDD空き容量 :30GB

そこまで負荷は大きくないが結構大容量だ。中盤程度までしかプレイしていないが、ボリュームは大きいのだろうか。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

X・A・O・C動画


関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ