ハンターヒーロー推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨MOアクションRPGカテゴリー

ハンターヒーロー

かわいらしいキャラクターがメインにありながら本格的なMMOを楽しむことができるタイトルだ。そのギャップが素晴らしい。アクション性あり、中毒性ありととてもおすすめだ。

ハンターヒーロー必要環境

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Pentium4 2.8 GHz以上
メモリ3GB
GPUNVIDIA GeForce 8400 以上 
又は 
ATI Redeon X1600 以上
HDD空き容量6GB

ハンターヒーロー推奨環境

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Core2 Duo 2.66 GHz以上
メモリ6GB以上
GPUNVIDIA GeForce 9500 以上 
又は
ATI Redeon HD 4570 以上
HDD空き容量6GB以上

ハンターヒーローの推奨スペックの考察

推奨環境はそこまで高くないタイトルとなっている。しかし、要求されるメモリが6GBはオンラインゲームの表記の中では高い部類だ。実際にプレイしてみた感想としては、グラフィックの割りにカクつく場面がありfpsが不安定なことがあった。

人が多い場所、少ない場所の関係はあまりなかったところを考えるとCPUなどの性能も重要のようだ。グラフィックボードはGTX950あるいはGTX1050搭載であればプレイに支障は無いだろう。TERAやモンスターハンターを組み合わせてシンプルにしたような感じだろうか。

誰にでも遊びやすく始めやすいゲームながら、要求スペックは曖昧なので一回り上の性能を見ておきたい。CPUはCPUはi5-4460、i5-6400以上であればなんでも良く、グラフィックボードはGTX750Ti、GTX1050以上あれば動作は可能だ。快適な動作となると人によって基準が変わると思う。

ただ、GTX760搭載であれば恐らく快適な基準に達するだろう。シンプルで遊びやすく、様々なコンテンツがあるのでライトゲームの中でも上位に入ると考えている。コミカルなキャラクターたちと繰り広げられる冒険は、その見た目とは裏腹になかなかシビアなものでプレイヤースキルも影響してくる。

ハンターヒーロー向けおすすめのゲーミングPC

ハンターヒーロー用のゲーミングPCを購入するのにかかる費用としては、120,000円程度あれば十分対応することが可能になっている。

  • GALLERIA DH
  • GALLERIA DH価格:99,980円 96,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1050Ti
    メモリ:8GB
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    低価格で必要な性能がそろっているゲーミングPCだ。予算を抑えたモデルなので、他のゲームに対してはほとんど適さないのが難点。最新ゲームをプレイするのであれば避けた方が良いだろう。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :Intel i5-4460、i5-6500、i7-7500以上

ゲーム自体にCPU性能がそこまで必要としないため、必要最低限のものはあったほうが良い。

メモリ    :8GB以上 

公式の推奨が6GBだが、そんな中途半端な数値のパソコンは存在しないので8GB。

グラボ    :GTX750Ti、GTX1050以上

CPU同様ゲーミングPCとしての最低限必要な構成にしておきたい。

HDD空き容量 :10GB 

ライトなゲームなのでそこまで気にしなくても良さそうだ。

ハンターヒーローレビュー

ハンターヒーローは、愛らしいキャラクターとモンスターで、女性にも人気があるタイトルだ。雰囲気的にモンスターハンターに近くとっつきやすいシステムで、要求スペックも低くなっている。捕まえたモンスターは乗り物として騎乗することが可能で、300種類以上のモンスターとの戦闘を楽しめる。

ゆっくりのんびりプレイしても2~3週間で余裕を持ってカンストできる。そのため、始めた時期が遅いからといって差がつきにくいのも特徴だ。UIも分かりやすく、ゲームとしてはかなり楽しめるが物足りなく感じやすいかもしれないのでアップデートを待とう。とは言っても、LV30を超えたあたりから即死攻撃がくるので、油断しているとあっさり全滅する。

コミカルなアクションゲーム

コミカルで激しい戦闘と聞けば、すでにサービス終了してしまったが「ドラゴニカ」に近いものがありそうだ。ゲーム自体はシンプルでクエスト通りに進めておけば大体のシステムを理解することができる。ソロプレイに走り過ぎると面白さが半減してしまう。

中盤くらいからギルドやフレンドを作るなどしておきたい。戦闘以外のシステムは王道MMORPGで、戦闘は後半になればなるほどIDの難易度が高くなるのは当然だが覚えゲーになってくる。即死級の攻撃をいかに回避できるか、対策できるかという点では幻想神域やTERAに近いようなプレイヤースキルと知識が必要となる。

序盤からデイリークエストが受けられるため、レベリングに関しては比較的簡単な部類のゲームなのでカンスト帯までサクサクいける。ステータスを振り分けることで個性を出すことができる。しかし、ステータスは2つ用意されているのでソロ用、PT用と分けることもできる。初心者に優しいステ振りは何度でも初期化できるので、独自路線を突っ走っても大丈夫なのは嬉しいところだ。

ハンターヒーローの良いところ悪いところ

良いところ:初心者に優しいシステム

ステ振りをやり直すのに課金する必要がなく、クエスト進行も分かりやすい。アクション要素は高いが、複雑な操作を求められるわけではないので初めての人も安心。コミカルでかわいらしいキャラクターに世界観や戦闘システムのギャップも楽しめる。敵を捕まえて乗り物にすることが特徴でもあるので、乗り物に関しては自由度が高いといえる。

悪いところ:視点移動

既に改善されているかもしれないが、多くのユーザーが求める改善は視点移動。右クリックを押しながらマウス操作で視点移動となっている。ただし、ウィンドウモードだとデスクトップを右クリックしてしまう。

フルウィンドウでもデュアルディスプレイであった場合はデスクトップを右クリックして最小化されてしまう。視点移動の操作に関してはストレスが溜まってしまうのは何とかして欲しい。

ハンターヒーロー総評

ハンターヒーローは、ノンターゲッティング方式のRPGやアクションRPGに近いものがある。シンプルなゲーム性に爽快感もあり、必要スペックも高くないので初心者に適したゲームだ。アバター要素もあるので、そのかわいらしいコミカルなキャラクターをドレスアップするのも楽しみの一つだ。気になる方は是非チェックしてみて欲しい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ハンターヒーロー動画


関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ