クリティカ(KRITIKA)推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨MOアクションRPGカテゴリー

クリティカ

KRITIKA推奨ゲーミングPCを紹介している。

クリティカは、アクション性の高さと優れたキャラクターデザインで高い人気があるMOだ。ひとつひとつの演出や動きに驚くことだろう。あなたの今までのゲームの概念を一新させることを約束する。

クリティカ(KRITIKA)必要環境

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUDual Core 2G以上
メモリ2GB
GPUGeforce 7600以上
又は
Radeon 3850以上
HDD空き容量6GB

クリティカ(KRITIKA)推奨環境

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUQuad Core 2G以上
メモリ4GB
GPUGeforce 9600 以上
又は
Radeon 4650以上
HDD空き容量6GB

クリティカの推奨スペックの考察

アクションRPGにおいてはかなり人気のゲームで、プレイ人口も無料オンラインゲームの中では上位に入っている。要求されるスペックはそこまで高くない。しかし、スペックが足りないと圧倒的に不利になってしまうのでしっかり見極めておきたい。エフェクトなどによる負荷やラグで当たり判定がおかしなことになるとプレイしていてストレスしかたまらない。

システム的にはアラド戦記のようになっている。ただし、横スクロールではないので無双シリーズに近いだろうか。快適にプレイできる推奨環境はそこまで高くない。そのため、できる限り妥協をすることなくゲーミングPCを選択するべきだろう。大規模乱闘のないMOなので、特定の場面で重くなるというケースは少なく、遊びやすいのが特徴。

クリティカ向けおすすめのゲーミングPC

  • GALLERIA DT(ドスパラ)
  • galleriadt価格:99,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    クリティカの推奨環境よりワンランク上のグラフィック性能を持っている。第七世代CPUになり1060とのバランスも良好だ。比較的多くのタイトルに対応することができるのは嬉しい。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :Core i5-6500、i5-7500以上

CPUパワーはそこまで重要でないゲームなので軽めの構成を選択しても良い。

メモリ    :8GB以上

MOなのでそこまでメモリは必要なさそうだが、4GBでは何かと心もとない。

グラボ    :GTX960、GTX1060以上

アップデートで大幅な変更などがあった場合に対応できる性能は準備しておきたい。1060であれば将来性も非常に高い。

HDD空き容量 :30GB 

オンラインゲームである以上アップデートにより必要な容量が変動するので余分にスペースはとっておきたい。

関連おすすめ記事

クリティカ動画

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ