モンスターハンターFG推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨MOアクションRPGカテゴリー

monsterhunterfg

モンスターハンターFG推奨ゲーミングPCを紹介している。

モンスターハンターフロンティアGオンラインは株式会社カプコンが運営するMOだ。2007年にベータ版が始まり、もうすでに8年が経過しており長い歴史のあるタイトルになっている。

モンスターハンターFG必要環境

目安の解像度800x600
OSVista 日本語版(32bit版)
7 日本語版
8 日本語版
*Windows 7(64bit版)及び
Windows 8(64bit版)は
WOW64での動作です。
*OSによって必要な動作環境が
別にあるので注意が必要。
CPU・インテル
Pentium 4 2.0GHz以上
・AMD
Athlon64 3500+以上
メモリ512MB以上
GPUNVIDIA GeForce FX 5700
NVIDIA GeForce 6600
NVIDIA GeForce 7600
ATi Radeon 9500
AMD Radeon HD 4350
AMD Radeon HD 5450
DirectXDirectX 9.0c以上
サウンドDirectSound対応16bit
ステレオ44.1kHz
または48kHz WAVE形式が
再生可能なサウンドカード
HDD空き容量インストールするハードディスク内に
20GB以上必須
※上記の空き容量には
DirectXインストール用の領域
OSのスワップファイル領域を
含みます。
※インストーラが一時的に
使用する作業領域を含みます。
 この作業領域はルートドライブ
(通常はC:ドライブ) に必要で、
インストール後に開放されます。
インターネット
接続環境
ADSL1.0Mbps以上の
常時接続インターネット回線

モンスターハンターFG推奨環境

目安となる解像度1600×1200
OSWindows Vista 日本語版(32bit版)
7 日本語版(32bit版 / 64bit版※)
8 日本語版(32bit版 / 64bit版※)
※Windows 7(64bit版)
Windows 8(64bit版)は
WOW64
(Windows on Windows 64)
での動作です。
※OSによって必要な動作環境が別に
あるので注意が必要だ。
CPUIntel Core(Duo、Extreme、Quad)
Intel Core (i3、i5、i7)シリーズ
Intel Core (i5-2000、i7-2000)
AMD Athlon X2 デュアルコア、
プロセッサ4600+以上
AMD Phenom シリーズ
AMD AthlonII シリーズ
AMD PhenomII シリーズ
AMD A-Series APU
(A8-3850,A6-3650)
メモリ1GB以上
GPUNVIDIA GeForce 8600
NVIDIA GeForce 9600
NVIDIA GeForce 200
AMD Radeon HD 2600
AMD Radeon HD 3650
AMD Radeon HD 4650
AMD Radeon HD 5550
AMD Radeon HD 6450
DirectXDirectX 9.0c以上
サウンドDirectSound対応16bit
ステレオ44.1kHz
または48kHz WAVE形式が
再生可能なサウンドカード
HDD空き容量インストールするハードディスク内に
20GB以上必須
※上記の空き容量にはDirectX
インストール用の領域、
OSのスワップファイル領域を
含みます。
※インストーラが一時的に
使用する作業領域を含みます。
 この作業領域はルートドライブ
(通常はC:ドライブ) に必要で、
インストール後に開放されます。
インターネット
接続環境
ADSL1.0Mbps以上の
常時接続インターネット回線

モンスターハンターFGの推奨スペックの考察

動作環境に関しては長々と書かれているが、このままのスペックで満足に動くことはまずないだろう。ただ、MMOではなくMOなので広場は人が集まっていることでカクつくことはあっても実際にフィールドに入れば軽くなる人もいる。

解像度についても800×600でプレイする人はそこまで多くないかもしれない。しかし、グラフィックよりも描写を安定させたほうがいいゲームなので一考の価値あり。MHFGはそこまで要求スペックは高くないが、一つのミスが3乙を招いてしまうこともある。

難易度の高い狩猟へ向かうには、プレイに支障をきたさない環境を構築しなければならない。コンシューマー版と違い、他プレイヤーと共に狩猟へ向かうことが前提となっているのでモンスターはなかなかに手ごわい。どれだけ優れた装備であっても、カクつきやフリーズが起こってしまってはメンバーの負担が増えるどころかトラブルに発展してしまうことも考えられる。

CPUはi5以上で3.4Ghz以上のクロック、グラフィックボードはGTX750Ti以上あればプレイできる。最高設定を目指すのであれば、もう少し上のグラフィックボードを搭載したほうが確実だ。おすすめはGTX960かGTX970だろう。頻繁に大型アップデートを繰り返しているため、できるだけ余裕を持ったスペックに対応していきたい。

スペックが低いとガノトトスの亜空間タックルのような理不尽な被弾が増えてメンバーに迷惑がかかる上に変なプレッシャーを感じる。大型モンスターのラオシャンロン、今や空気となった進化武器のラヴィエンテなどの大きいモンスターとの戦いではスペックが低いとコマ落ちしてしまう。フロンティアGになったことで、G級モンスターという別格のモンスターも登場して難易度も跳ね上がっているのでしっかり構成を考えたい。

モンスターハンターFG向けおすすめのゲーミングPC

  • GALLERIA DH
  • GALLERIA DH価格:99,980円 96,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1050Ti
    メモリ:8GB
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    価格をギリギリまで抑えたいという方に。ただし場合によっては設定を下げなければいけないことがあるだろう。CPUとGPUの進化を見ることができるモデルだと言える。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA XF(ドスパラ)
  • xjspec価格:169,980円 159,980円
    CPU:Core i7-7700
    GPU:GeForce GTX1070
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:500GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    長くゲームをプレイしたいなら選択肢に入れたいモデルだ。GTX1070は強力なグラフィックボードだ。i7-7700との組み合わせも良好で将来性が高い。長く使えるゲーミングPCを探しているユーザー必見。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :最低Core i5-6500、i5-6600、i7-4790以上 推奨i7-6700、i7-7700以上

頻繁なアップデートにいくらでも対応できるためにオーバースペック気味ながらi7-4790があると安心。現行モデルであればi7-7700となる。

メモリ    :8GB以上 

基本的な狩りにはそこまで必要ないが、コンテンツによっては必要となるので。

グラボ    :GTX750Ti、GTX1050以上 

基本的にはGTX1050以上で良い。ただ、アップデートに対応する余力はもっておきたいので少し余裕を持ってGTX960あるいはGTX1060は最低でもあるほうが良い。

HDD空き容量 :20GB 

大型アップデートが多いだけに、HDD容量に関してはもう少し余裕を持たせてもいいかもしれない。

タイトルレビュー

モンスターハンターFGのレビューを行っている。

当タイトルは、狩猟系ゲームのパイオニアと言える存在だ。モンスターを狩猟するというコンセプトのゲームはモンスターハンターの登場以降増えてきている。しかし、モンスターハンターシリーズは根強い人気があり本家を超えるゲームは未だに登場していない。

自分の何倍もある巨大なモンスターを相手に人間が立ち向かい、討伐し、素材を剥ぎ取り装備を作る。MHFGの前身であるMHFではモンスターを狩りに行く装備の素材を取りにいく装備の素材を取りに行く装備がないという悪循環も生まれていた。ただ、最近はバランスも良くなり、ゲームとしての完成度も高い。月額課金ではあるものの、装備を引き継いで新しいモンスターと戦えるというのは有難いと感じるプレイヤーも多いはずだ。

PTプレイであることの問題

現在は少し改善されているが、効率を重視するユーザーが多くなったことで罠ハメなどの知識が前提となることでゲームバランスが崩れていた時がある。一連の流れで効率よく最短時間で討伐が完了する。

ただ、一つ間違うと通常程度の時間がかかってしまうので、効率重視のユーザーとトラブルになることもあるぐらいだ。MMORPGの効率重視に似た傾向があるが、ゲームのジャンル的に特殊なものである。猟団(ギルド)に入り、メンバーと楽しむなら問題ない。

しかし、野良募集を中心に活動すると効率重視のプレイヤーと必ず遭遇する。PS3、Vitaでもプレイできるようになり、プレイ人数は増加したがマナーなどの問題はついてまわっているようだ。

モンスターハンターFGの良いところ悪いところ

良いところ

他のモンスターハンターシリーズと違い、新しいモンスターなどはアップデートで登場する。敵が強いことで、狩猟がより楽しめる。猟団イベントなどの協力して競うイベントなどのコンテンツも楽しめる。システムが大きく変わらないので長く遊ぶことができるのはゲーマーにとってうれしいことだろう。

悪いところ

PTプレイの項目で触れた通り、効率重視のプレイヤーが多く存在してしまっている点は短所と言える。トラブルに発展してしまう可能性が高く、排他的なユーザーも多い。のんびり楽しみたいのであればすぐにそういったコンセプトの猟団に入ってしまったほうが良い。

効率重視プレイヤーでも募集に効率重視である旨を記載していることが多いが、何も記載していないこともある。初心者には厳しいゲームなのかもしれない。

総評

ゲームとしては長寿であり、人気の高いモンスターハンターシリーズなので間違いない。しかし、ソロよりも4人参加で狩りにいくことが多くなるのでコミュニケーションが必要。時にはコミュニケーションの通じない一直線なプレイヤーもいる。

しかし、それはどのゲームでも同じだと割り切れば楽しめる。イベントなどが豊富なので楽しいが、MHFGとMHシリーズは別モノだと言うファンもいるのでまずは体験版からプレイしてみることをオススメする。

合わせて読みたい関連おすすめ記事

モンスターハンターFG動画

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ