ガンダムオンライン推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨TPSカテゴリー

ガンダムオンライン

ガンダムオンライン推奨ゲーミングPCを紹介している。

ガンダムオンラインは大人気ガンダムをモデルにした大人気FPSだ。パイロットとなるユーザーが様々なモデルスーツで戦う大迫力ゲームになっている。

ガンダムオンライン必要環境

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Core 2 Duo E6600以上
メモリ2GB
GPUGeForce 8800GT/GTS450以上
又は
Radeon HD4850/HD5750以上
HDD空き容量8GB

ガンダムオンライン推奨環境

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Core i7以上
メモリ4GB
GPUGeForce GTX285以上
又は
Radeon HD5850以上
HDD空き容量8GB

ガンダムオンラインの推奨スペックの考察

ガンダムオンラインといえば、アップデートの度に負荷が大きくなってしまい、要求スペックが非常に高くなっていることで有名だ。しかし、6月中旬のアップデートで最適化されたのか、負荷が大幅に軽減されていた。それでも公式の推奨環境がCore i7以上となっているのは驚きだ。

ガンダムオンラインもハイパースレッティングには未対応となっている。そのため、処理クロックの底上げの意味での指定だと思われる。

指揮官含めて52対52の対戦となり、非常に負荷がかかり公式の推奨環境ではとても満足に遊べたものではない。エフェクトも去ることながらマップの作りこみもあり、マップによってはかなり重い。ゲーム自体のグラフィックはそこまで綺麗ではない。しかし、同時に102体のモビルスーツで戦闘を繰り広げるため、MMORPGよりも負荷は高いかもしれない。

CPUはi5の3.3Ghz以上のクロックでグラフィックボードはGTX960以上を推奨している。今後このままの負荷が続くか分からないという不安要素はある。高設定でプレイするのであれば現行モデルのGTX1070くらいは用意しておきたい。

占領箇所などは戦闘が集中しやすく、動作が重くなるとそれだけで何も出来ないままやられてしまうこともある。水中は更に重く、ただでさえ特定のモビルスーツでなくては俊敏に動けないのもあわさり、避けてしまいがちになってしまう。戦略上、水中を取ることが重要となるマップもあるので100%楽しむためにもスペックには注意しておきたい。対戦である以上、それがプレイヤースキルにも直結してしまうので必須ともいえる。

ガンダムオンライン向けおすすめのゲーミングPC

  • NEXTGEAR-MICRO im570SA2-TD(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:129,800円
    CPU:Core i7-7700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:256GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    コストパフォーマンス重視の方におすすめの1台だ。性能的に文句ないだろう。第七世代CPUを搭載していて安心感がある。ガンダムオンラインでも十分対応することが可能だ。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA XJ(ドスパラ)
  • xjspec価格:139,980円 129,980円
    CPU:Core i7-7700
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:250GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    上記モデルに比べると価格は上がるが、光学ドライブ搭載、即日発送に対応している。また、電源の性能も高い。キャンペーン実施中なら5,000円の差なのでこちらを選ぶ方が良いかもしれない。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :最低Core i5-6500、i5-7500以上 推奨i7-7700以上

大人数参加型の対戦ゲームなのでCPUパワーにも拘っておきたい。理想はやはりi7以上となる。

メモリ    :8GB以上 

本来は余裕を持って16GBとしたいが、快適に動作するラインは8GBということで8GB以上を推奨する。余裕があれば16GBにカスタマイズしても良いだろう。 

グラボ    :GTX960、GTX1060以上

激しい戦闘でもコマ落ちしない性能を持つGTX960以上は必要。現行モデルなら1060あるいは1070以上が良い。

HDD空き容量 :20GB 

アップデートにより必要な空き容量は大きく変わらないだろう。

ガンダムオンラインレビュー

ガンダムオンラインのレビューをしている。

戦略性の高いアクションゲームでとても人気があるタイトルの一つだ。

モビルスーツを操縦しているという感じはあまりないが、モビルスーツならではの装備でフィールドを駆け回る爽快感。

ただ前に出るのではなく、戦線を維持したり局地戦を制したりと、自分の機体に合った戦術を見つけるのも面白い。指揮官が存在しているので、戦術ポイントのためにもなるべく指揮官の指示には従うほうが良い。

やればやるほど面白くなってくるのはFPSに似ていて、さながらスポーツ系FPSのノリでプレイできる。システムもシンプルでジオン軍と連邦軍に分かれての戦いは、ファンも楽しめるシステムだ。

陸だけじゃない戦闘

機体によっては陸移動が苦手な水中特化のモビルスーツもある。マップによって機体の構成を変更することで、初動でアドバンテージを得ることも可能。また、水中ルートは裏取りに通じるマップもあるので、できる限りマップの特性を把握しておきたい。同じ陸でも高所を陣取ることも可能だ。これもまたマップ次第では重要なポイントになる。

モンスターハンターFGの良いところ悪いところ

良いところ:手軽なゲーム性

確かに、最初は戦果を挙げるのは難しいが死んでも大きなペナルティは発生しないのでガンガン前に出れる。デスマッチ形式なのでリスポンもできるので、恐れて下がらずどんどん前に出られるのは大きい。

撃破されてもその機体が一定時間使えなくなるだけなので別の機体で出撃することになる。この機体の構成でそれぞれの役割を全うすれば勝利は近い。

悪いところ:バランス

今はそれほどでもないかもしれないが、ジオン軍と連邦軍は機体の性能が違う。それゆえに、アップデートでバランスが崩壊することもよくある。

次のアップデートで相手の最強機を越える機体が出るまでは非常に苦しい戦場が続くだけでなく1アカウントで2つの陣営に参加できることから、アップデートごとに片方の陣営に偏る傾向がある。

過疎化とは言わないが、時間帯によってはジオン軍対連邦軍という基本的な組み合わせができなくなっている。そしてジオン軍対ジオン軍、連邦軍対連邦軍という不毛な戦闘が開始されてしまうこともある。

総評

戦闘自体は非常に爽快感溢れ、満足度も高いがバランスに関しては微妙なところ。管理人的に、個性はなくなってしまうかもしれないが同軍の機体性能を統一したほうが良かったと思う。

全く同じ性能の機体がないことで、アップデートごとにバランスが崩れやすいというデメリットを抱えているのはどうかと思う。

ゲーム性は優れているが、システム面で不満要素がある。要求スペックが下がったのは喜ばしい。しかし、運営に対する不満と不安は常につきまとっているように思う。

関連おすすめ記事

ガンダムオンライン動画

関連外部サイト

ガンダムオンライン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ