World of Tanks推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨TPSカテゴリー

worldoftanks

人気の高いTPSであるWorld of Tanks推奨ゲーミングPCについて紹介を行う。

World of Tanks必要環境

OSWindowsXP/Vista/7/8/8.1/10
CPU2.2Ghz supporting SSE2
メモリXP=1.5GB以上 Vista/7/8/8.1/10=4GB以上
グラフィックボード GeForce 6800GT/VRAM 256MB以上
HDD空き容量16GB 以上
Direct X9.0c 以上

World of Tanks推奨環境

OSWindows XP/Vista/7/8 64-bit
CPUIntel Core i5-3330以上
メモリ4GB以上
グラフィックボードGeForce GTX660以上
HDD空き容量30GB 以上
DirectX9.0c 以上

World of Tanksの推奨スペックの考察

World of Tanksは、高い戦略性を持つTPSで戦車のカスタマイズや種類で個性を出すことができる。一見大雑把な戦闘に見えても、移動に手間がかかるため戻るという選択がなかなかしにくい。そのため、なるべく自軍に戻らないで済むように進軍は敵を見落とさない布陣を敷く必要がある。

要求スペックは割りと高めで、特にCPUの性能はi7-4790K、i7-6700K/i7-7700Kが推奨されるようだ。その理由に単コア性能が重要であり、i7の4コア8スレッドを使い切るという情報もある。実際にプレイした感じではそこまでCPU負荷は高くなかったが、i5では厳しそうな場面もあった。推奨環境とは言わないが、i7-4790、i7-6700/i7-7700は必要だろうか。

設定次第でi5-6500/i5-7500でも十分対応できると思うが、グラフィックボードとの兼ね合いを考慮すれば妥当なラインか。そのグラフィックボードはGTX660以上ということだ。そのため最低でもGTX960/GTX1060、余裕を持ってGTX970/GTX1070を考えておくと良い。GTX980/GTX1080は確実にオーバースペックとなるので、ミドルエンド以上の性能であれば快適にプレイすることは可能だろう。

World of Tanks向けおすすめのゲーミングPC

  • GALLERIA XT(ドスパラ)
  • xjspec価格:149,980円円 139,980円
    CPU:Core i7-7700
    GPU:GeForce GTX1060 6GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:500GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    GTX1060搭載のミドルエンド構成ならはずせいないモデル。標準程度の設定であれば十分な性能を持っている。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :i7-4790、i7-6700、i7-7700以上

当たり判定が重要なゲームにおいて、CPUの性能が低いことはそれだけ不利になってしまう。i5-6500/i5-7500でも対応できそうだが、CPUの負荷を見る限り快適なプレイが可能なラインかは微妙なところだ。/p>
メモリ    :8GB以上

これ以下でも動作は可能だが、8GB搭載は標準なので。

グラボ    :GTX960/GTX1060以上

グラフィック自体はそこまで綺麗なものではなくGTX960/GTX1060で十分対応できる。ただし、最高設定となると被弾時などにカクつきが起こる可能性もあるので余裕を持つならGTX970/GTX1070だろうか。

HDD空き容量 :30GB

推奨環境と必要環境とで差があるのが気になるが・・・。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

World of Tanks動画


関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ