ダブル水冷パソコンでCPUとグラボを同時冷却 | G-Tuneのこだわりの品質と実力

ダブル水冷パソコン
当ページでは、G-Tuneが販売しているダブル水冷パソコンについて解説している。

サーバー機からヒントを得たダブル水冷パソコンがあれば完璧な熱対策をすることができる。パフォーマンス向上も見込めるだろう!

ダブル水冷パソコンの価格と効果

ダブル水冷パソコンとは、水でCPUとグラフィックボードをダブルで冷却できるシステムが組み込まれたパソコンのことだ。CPUが水冷というのはよく見る。しかし、グラフィックボードにも水冷が搭載されているのは珍しくG-Tuneで販売されているモデルの特徴の一つとなっている。目新しいものがなかった最近ではとても注目したいモデルになっている。通常版と比べて2万円のアップを高いと見るか安いと見るかで評価が変わる。機能性を見れば特段高いと感じることはないと思う。

性能が高くなることで、パフォーマンスを低下させる原因となる熱の問題が付いて回る。また、夏場はどうしても温度が上昇しやすく、それによってパフォーマンスの著しい低下が見られるものだ。その問題を解決するのが、このG-tune独自のダブル水冷モデルだ。優れているポイントは何を置いてもやはりこの水冷によるCPUとGPUの冷却性能だ。特に風通しの悪い場所に設置すると、内部の熱は排熱されにくくなり悪循環を招く。そんな環境でも対応できるようになっているのは嬉しい。

もちろん風通しが良い場所であるほうが好ましく、よりパフォーマンスを向上させることができる。ここでいうパフォーマンスの向上とは、平均的な値を指す。パフォーマンスは夏場になると不安定な状況になる。そのため、その平均はどうしても夏場以外と比べると下がってしまう。

W水冷ならその平均の値を高く維持することが可能になることから、パフォーマンスの向上と繋げている。性能は変わらないが、時間当たりのパフォーマンスで考えれば十分な向上と言えるだろう。排熱効率の高いG-tuneのミドルケースと合わさると、もはや熱による弊害をカットできるレベルだ。

性能も高く、構成もパーフェクトに近いので通常版と比べてもおすすめできる。しかし、水冷に魅力を感じない人には少し割高に感じられるだろう。環境にもよるが、熱に困らないのであれば通常版を推奨する。熱に悩まされる環境ならば水冷の魅力も分かるだろうしおすすめだ。

関連記事:ゲーミングPCの排熱性能が高いのは各パーツが発する熱が天敵だからだ

ダブル水冷パソコンの仕組み

品質の高さを誇るG-tuneはクイックコネクトと呼ばれる接続方式を採用し、質の高い水冷クーラーを搭載することに成功した。静音性を維持したまま、冷却性能を高めることに成功したことで、これまでできなかったSLI接続によるミドルタワーでのW水冷を実現。この秘密は1つのラジエターで二つ以上のパーツに対応することで可能になったもので、G-tuneの高い冷却基準をクリアすることとなった。メンテナンスフリーで最低でも5年は品質の低下は見られないほど質の高い水冷クーラーだ。

ただ、デメリットというわけではないにしろ不安要素はある。W水冷モデルに搭載されているグラフィックボードは特注品となっているので、グラフィックボードの交換は難しい。いや、それ自体は特に問題は無いが交換したグラフィックボードを水冷にするというのは不可能となっている。水漏れは無く、チューブも1000回の抜き差しに耐えられる代物なのでこの基本的な面での不安はない。

試作品とは呼べない完成度

デメリットに関しては人によるところが大きく、ハイエンドモデルである以上少なくとも早々に交換する必要は無さそうだ。G-tuneは改良を加えつつ開発に勤しんでいるが、これは断じて試作品ではない。品質の高さが売りとなっているG-tuneの今後の展望は様々でこれからも注目したい。

また、ノートパソコンとデスクトップパソコンの両方の良いところを凝縮したパソコンの開発も進んでいるとのことだ。このW水冷とは、ただの水冷クーラー搭載モデルとは一味違うのだ。G-tuneが始めるゲーミングPCのパフォーマンス向上と品質向上を両立した新しい何かを生み出す一歩だ。ハイタワーPCでしか実現しなかったW水冷をミドルタワーで実現したのだから、もはや不可能なことは無いだろう。

すっきりした中身で拡張も可能

NEXTGEARi640GA6-DL

水冷のチューブが目立つくらいでスペースにはまだ余裕がある。取り外しも簡単なので水冷対応のグラフィックボードなんかが登場すれば、付け替えもできる優れもの。オーバークロックに対応したCPUやグラフィックボードということもあり、オーバークロックの問題である発熱の問題も簡単にクリア。より高みを見れる構成は通常のW水冷なしと比較して約2万円の差でしかない。これを高いと見るか安いと見るかは、ユーザーが求めているものによって変わってくるだろう。

通常のモデルと同じくメモリスロットは4つあり、8GBを2枚使用した16GB構成で最大32GBまで搭載することが可能となっている。HDDを3~4台追加したり、サウンドカードやその他スロットを埋めるほどの拡張を行うには最適なダブル水冷。

ただし、CPUとグラフィックボードのみの冷却に特化しているため、ファンの交換や増設も一応検討したほうが良さそうだ。CPUとグラフィックボードからの発熱を大きく軽減させることができるので、よほどのことがない限り大丈夫だとは思うが・・・電源は500Wなので、増設を行うときはなるべく電源の見直しもしておきたい。

>>>>>G-Tuneでダブル水冷モデルを購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

参考外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ