Intel 第五世代CPU Broadwellの発表

モバイル向け第五世代CPU Broadwell-Uについての正式な発表があった。

Broadwell(ブロードウェル)という呼び名であるという情報はすでに流れていたので知っている人も多いのではないだろうか。2015年1月に発売され、既に搭載されたパソコンも存在している。現時点ではノートパソコンを中心としたラインナップが販売されているだけとなっている。

デスクトップ用のCPUはまだ先の予定で、発売され次第当サイトでも紹介するつもりだ。当サイトのポリシーとしてノートパソコンに関する話題は扱わないことにしている。しかし、この第5世代CPUはいずれデスクトップパソコンにも影響があると考え例外的に取り扱っている。

第5世代CPU Broadwellについて

まず、2015年1月に発売されるBroadwell-Uはノートパソコン向けである。2014年10月に発売されたBroadwell-Yはタブレット(2-in-1 devices)向けとされている。今後発売されるであろうデスクトップ向けはBroadwell-K、ゲーミングノートなどハイスペックなノートにはBroadwell-Hとなるとのことだ。

現時点でのラインナップ

2015年1月発売 Broadwell-U
  • Core i7-5650U
  • Core i7-5600U
  • Core i7-5550U
  • Core i7-5500U
  • Core i7-5557U
  • Core i5-5350U
  • Core i5-5300U
  • Core i5-5250U
  • Core i5-5200U
  • Core i5-5287U
  • Core i5-5257U
  • Core i3-5010U
  • Core i3-5005U
  • Core i3-5157U
  • Pentium 3805U
  • Celeron 3755U
  • Celeron 3205U
2014年10月発売 Broadwell-Y
  • Core M-5Y71
  • Core M-5Y70
  • Core M-5Y51
  • Core M-5Y31
  • Core M-5Y10c
  • Core M-5Y10a
  • Core M-5Y10

Core Mの発表から期待されていたが、タブレットの性能はかなり向上する見込みとなる。しかし、処理速度に関しては従来とそこまで変わらないため、買い替えなどには大きなメリットはなさそうだ。

今年の春モデルではモニター一体型のPCやノートパソコンでは恐らく搭載されたモデルが発売されることとなるだろう。Broadwell-UとBroadwell-Yはスペック的にロースペックとなるため、ビジネスモデルとして考えたほうが無難だ。

第5世代CPU Broadwellの主な特徴

Intelの発表によると第4世代CPUであるHaswellと比べても下記の点が優れている。

省電力

CPU、グラフィック等プロセッサーの改善を行うことで、第5世代CPUは第4世代のIntel Core Processorsに比べて90分長くバッテリーを持たせることに成功している。外出先でPCを使う営業マンにとってはうれしいことだと思う。

小型化

CPU本体の大きさが従来のものに比べて37%小さくなっている。それにもかかわらず今までよりも35%以上多くのトランジスタが格納されている。タブレットが浸透されてきている今の時代にとっては画期的な製品になっていることがわかるだろう。

パフォーマンスの向上

すでに解説した省電力・小型化に成功しつつパフォーマンスも向上させているのはさすがだ。一般的に性能の高さを把握しやすいエンコードを例にとると第5世代のCPUはエンコードのパフォーマンスを約50%上昇させた。グラフィック性能も同様に向上している。

ゲーミングPCはどうなるのか?

まだデスクトップPC用やハイスペックノートパソコン用のBroadwell-KとBroadwell-Hのスペックなどは公開されていない。恐らく、5000番台となるだろう。現行モデルのでCore i7 Extreamも5000番台なので見分ける際は注意が必要だ。

性能に関しては確かな情報が無いため何とも言えない。ソケットは第四世代と同じLGA-1150とのことなので流用はできそうだ。しかし、第四世代と第五世代でどこまで性能差があるか疑問であるため、i3やi5からの買い替えくらいだろう。とはいえ、ゲーミングPCに与える影響というものは少なからずあると私は考えている。

当面は第四世代と第五世代の両方を販売するショップが増えると予想される。しかし、そこでの価格差とベンチマークのスコア差を考慮したコストパフォーマンスが重視されそうだ。GTX900番台のような革命的なCPUでは無さそうだ。それ故に、これといった期待はせず従来通りの移行と予想している。

性能に優れていても、ゲームに関して言えば第三世代でも十分な性能を持っているため 第一世代、第二世代の買い替えがあるかどうかくらいだ。いや、恐らく第四世代は価格が落ちるだろうからむしろ第四世代の買い替えのほうがお得な気もする。どうなっていくのかは、発売が予想される夏前後までのお楽しみだ。

当ページに訪れたユーザーに人気のある関連おすすめ記事

参考外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ