Core i5-7500の性能スペックと特徴まとめ【2018年】 | 現行のi3-8100に近い性能を持つ!価格が手頃ということもあり人気の高かったCPU!

corei5-7400top画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、Core i5-7500の性能スペックと特徴を紹介している。第7世代のCore i5-7500は、ゲーミング用途でもそれ以外でも低価格帯のパソコンを支えるCPUとして人気が高かった。


Core i5-7500の概要

スペック

 i5-7500i5-7400i5-8500
コードネームKaby LakeKaby LakeCoffee Lake
CPUコア数446
スレッド数446
定格クロック3.4GHz3.0GHz3.0GHz
最大クロック3.8GHz3.5GHz4.1GHz
TDP65W65W65W
i5-7500のスペックを見ていこう。下位のi5-7400よりも10%程度高い性能を持つ。ゲーミングPC搭載モデルとしてはi5-7500を最低ラインとして考えたい。現行のi5-8500になるとコア数及びスレッド数が50%アップしたことによって性能面で大きな違いが出てくる。

現行モデルと比べるのであれば同じ4コアのi3-8100が比較対象となる。ブーストクロックはないものの定格クロックは3.6GHzで性能的には上回っている。i5-7500は、i3に負けてしまうという結果になっている。それを踏まえた上でゲーミングPCの構成を考えるべきだ。

性能

corei5-7500seinou

性能を見るとi3-8100よりも5%程度性能が低くなっている。これ以下の性能だと支障をきたす可能性があると考えて良い。なお、i5-8400になるとi7-7700を超える驚きの性能を持つ。i5-7500の比較対象としては性能が高すぎる。このモデルからの買い替えを考えるならi5-8400で十分だということだ。

Core i5-7500の現在の評価

第八世代CPUのi3-8100と同等の性能を持つこのCPUは、ゲーミング用途として考えるのであれば2018年時点で最低限必要なラインだと考えるべきだろう。そう考えると意外と現在でも通用すると言える。

しかし、i5-7500をゲームに用いるならば、ある程度新しいゲームから設定を下げることを考慮しなくてはならない。新しい部類のゲームは、CPU負荷が非常に高いものも珍しく無い。それこそ複数スレッドに対応したゲームも増えてきている。グラフィックボードの性能がいくら高くても、このCPU性能が低くては性能を発揮出来ないことは理解しておく必要がある。

i5-7500を選択するユーザーはミドルクラスをおすすめしたい。GTX1070搭載などではなく、GTX1060やGTX1050Tiなどがバランスに優れているだろう。90番台ならGTX960やGTX950Tiということになる。昨今のゲーム推奨環境は非常に高くなってきており、i7-6700以上を推奨するゲームも珍しくないほどだ。もちろん、快適なゲームプレイをある程度の設定以上でという推奨環境だ。

Core i5-7500の特徴と販売当初の評価

標準的なゲーミングPCに合うCPU

Core i5-7500は、ナンバリングで言えば従来のi5-6500の換装品に近い。しかしながら、性能はi5-6600に近く平均的なパフォーマンスを持っている。i7と比べるとどうしても見劣りするものの、単コアの性能自体は決して悪いものではない。マルチコアや複数スレッドに対応したゲームやアプリケーションであれば、i7シリーズには当然及ばない。

単コアの性能が求められるゲームであれば、同等のパフォーマンスを発揮することも不可能ではない。実際には、性能は大きく異なるものの、価格を考慮した際の性能差は大きく無い。ゲーミングPCのミドルランクのモデルであればi5-7500搭載が標準となりつつある。

選びやすく、使いやすいという評価が妥当だろう。よりパフォーマンスを求めるユーザーには物足りないかもしれないが、これで満足できるユーザーも半数近くいるはずだ。ただ、第7世代全体が第6世代と比べて性能アップしているため、選択肢や性能のポジションは従来と同じだ。

低価格帯のモデルの多くがこのi5-7500を採用しているように、性能をギリギリまで抑えて価格に反映させている。エントリーモデルや低価格帯のモデルを選択する際のボーダーとしても考えられている。このCPUがゲーミングPCに必要な性能を持つ標準的なCPUであるという考えだ。

ゲームプレイには設定調整が必須

標準設定より下げることで、そこまで高性能なCPUでなくても快適にプレイすることは可能だ。ゲーム設定を下げるということは、対人戦では有利になることも不利になることもある。どちらにせよ、ある程度の性能は最低限持っておかなければ対応し辛い。

標準的なCPUという位置付けであるが、様々なゲームをプレイするユーザーにとっては、最低限必要な性能となりつつある。これより性能の低いCPUは非推奨というわけでもないが、不特定多数のゲームに対応するには一定の性能が必要だ。プレイするタイトルが決まっている場合は、そのタイトルに合わせて性能を選択することができる。

それでも最新のゲームがプレイしたくなることもあるかもしれない。性能が高いということは、幅広くゲームに対応出来るということでもある。i5-7500は幅広くという意味では物足りないものの、設定次第ではカクカクしてまともに動作しないというゲームは無いだろう。安いだけのゲーミングPCの多くはi5-7500より下のCPUが選択されているケースが多いため、基準となるCPUでもある。


あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 最新ゲーミングPCおすすめランキング(TOPページ)
  • 最新のおすすめゲーミングPCランキングを紹介している。常に新しい情報をお伝えできるように意識しているこだわりのコンテンツだ。
  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 製品ごとの価格、性能、コスパ指標を一覧表にまとめている。ゲーミングPC購入前にチェックすれば相場感やショップの力の入れ具合がわかるので参考になるだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ