Core i7-8700のスペックとおすすめゲームPC紹介 | 高い性能を持ちコスパ良好!グラフィックボードとバランスが取りやすい!

i7-8700

当ページでは、Core i7-8700のスペックと搭載ゲーミングPCの紹介をしている。

Core i7-8700の基本スペックと性能

 i7-8700i7-8700Ki7-7700
コードネームCoffee
Lake-S
Coffee
Lake-S
Kaby
Lake-S
CPUコア数664
スレッド数12128
定格クロック3.2GHz3.7GHz3.6GHz
最大クロック4.0GHz4.7GHz4.0GHz
L3キャッシュ12MB12MB8MB
TDP65W95W65W

ゲーミングPCラインナップの主力(+)

Core i7-8700は6コア12スレッドとなり、今後のゲーム事情を考慮すれば是非候補に入れておきたい性能を持つCPUだ。i7-8700Kと比べれば見劣りするが、総合的な性能で見れば第7世代のi7-7700Kを上回る。

i7-7700より大幅に性能を伸ばし、ゲーミングPCとしても価格差がほとんど無い。選びやすく、扱いやすいCPUである一方で上位モデルのi7-8700Kとの価格差が性能差ほど大きくない。

価格帯は12万~18万円と幅広いが、多くの製品の性能を支える重要なポジションだ。ゲーミングPCのCPUとしては、実は最も人気が高いのは末尾Kの付かないシリーズであり、i7-8700も要チェックだ。現在はまだラインナップが揃っていないが今後揃えばおもしろくなるだろう。

ただ、i5シリーズの性能向上も見逃せず、人気を維持するのは簡単では無さそうだ。それでもグラフィックボードとのバランスが取りやすく、どのグラフィックボードとでも相性が無難に良い。ゲーミングPCに搭載されるCPUの中心となれる製品だ。

高い性能を発揮する!ボトルネック解消へ(+)

i7-8700のクロック数は定格3.2GHz、最大4.6GHzとなっている。クロック数に関しては、i7-7700の定格3.6GHz、最大4.2GHzを下回っているが、そこはコア数とスレッド数で対応。

単コア性能では下回る場面もあるが、CPUの性能としては40%ほど上がっており大きく引き離している。ゲームやアプリケーションが新しければ新しいほど、そして重ければ重いほど性能を発揮しやすい。

L3キャッシュの容量拡大やCPUグラフィックスの性能向上、様々な要素で従来のモデルと差をつけている。

一方で、簡単な作業等では性能が無駄になりやすく、発揮しにくいためオールランドとは言い難い。性能を追い求めるi7-8700Kと異なり、i7-8700はややオールラウンド寄りの価格を抑えた高性能モデル。より価格を抑えるのであればi5シリーズが控えているため、予算ギリギリを狙う場合に有効だろう。

これまで、CPUの性能が頭打ちとなっており、グラフィックボードの性能を引き出せずボトルネックとなっていた。しかし、第8世代になりそれらは大きく解消されてきている。i7-8700も例外ではなくGTX1070Ti程度であれば十分適正を持っている。それ以上となるとi7-8700Kに分があるため、ここが分水嶺だろう。

消費電力は従来通りの65Wであり、ワットパフォーマンスは非常に良好と言える。6コア12スレッドの恩恵を受けて尚この消費電力であるため、電源に優しくカスタマイズ要らず。低価格で高性能なのは当たり前だが、安定した動作も光る。

ハイエンド向けなので買い替えは慎重に!(-)

これまでのi7-x700シリーズと違い、用途はかなりハイエンド向けになっているのは注意したい。i5シリーズが性能的に従来のi7のポジションに着いており、ゲーミングのメインストリームはi5になるかもしれない。

買い替え対象としては第7世代以前のCPUだが、i7-7700以上からの買い替えは少し考えもの。性能比では大きな向上を見せるものの、体感しやすいのはやはりi5シリーズや第6世代以前のCPUを使用している場合だろう。

また、ゲーム用途のみで言えばゲームに依存するが、i7-7700で負荷が大きすぎるというゲームは少ないことを考えると少し待ちたい。これからのゲームには適しているが、今プレイしているゲームは今の環境のほうが適していることもある。性能に不満を持っていないのであれば買い替え対象とは言えない。

第7世代のマザーボードと互換性がない(-)

ソケットは同じLGA1151を採用している。しかし、第7世代と第8世代のマザーボードとでは互換性が無い。CPUの買い替えを検討しているのであれば注意したい。

対応するメモリ規格もDDR4-2666(PC4-21333)となっているが、マザーボードにより多少違いはある。性能の高いメモリと低いメモリを同時に搭載した場合、性能は低いほうに合わすようになるため、流用する際は確認しておきたい。もっとも、よほど低規格のものでない限り体感できるほどの差はない。

また、チップセットが新しくなったが、Z370しか出回っていない今は狙い目ではないだろう。Z370はオーバークロック対応CPU向けのため価格が高くなっている。i7-8700は、元々オーバークロックに対応していないCPUだけに、廉価モデルであるHシリーズやBシリーズの登場後が本領を発揮するタイミングだ。

今よりも価格が抑えられ、かつ性能はそのままという理想的な展開が少し先に待っている。待たないのであればi7-8700Kのほうがコストパフォーマンスに優れるだろう。

>>Core i7-8700を確認する(Amazon)<<

Core i7-8700搭載おすすめゲームPC

NEXTGEAR i670PA2(G-Tune)

NEXTGEAR i670PA2 価格 Windows 10/169,800円
CPU Core i7-8700K
GPU GeForce GTX1080
メモリ 16GB DDR4
SSD 非搭載
HDD 2TB
コスパ ★★★★★★★★☆☆
レビュー NEXTGEAR i670PA2レビュー記事

GALLERIA ZV 8700(ドスパラ)

GALLERIA ZV 価格 Windows 10/162,980円
CPU Core i7-8700
GPU GeForce GTX1070Ti
メモリ 8GB
SSD 240GB
HDD 1TB
コスパ ★★★★★★★★★★
レビュー GALLERIA ZV 8700レビュー記事

NEXTGEAR-MICRO im590SA1-SP(G-Tune)

NEXTGEAR-MICRO im590SA1-SP 価格 Windows 10/119,800円
CPU Core i7-8700
GPU GeForce GTX1060 3GB
メモリ DDR4 8GB
SSD 非搭載
HDD 0.5TB
コスパ ★★★★★★☆☆☆☆
レビュー NEXTGEAR-MICRO im590SA1-SPレビュー記事

NEXTGEAR-MICRO im590GA2(G-Tune)

NEXTGEAR-MICRO im590GA2 価格 Windows 10/149,800円
CPU Core i7-8700
GPU GeForce GTX1070
メモリ DDR4 8GB
SSD 非搭載
HDD 1TB
コスパ ★★★☆☆☆☆☆☆☆
レビュー NEXTGEAR-MICRO im590GA2レビュー記事

Core i7-8700搭載ゲームパソコン一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA ZH129,980i7-8700GTX1050Ti8GB250GB1TB
GALLERIA ZJ 8700142,800i7-8700GTX10608GB250GB1TB
GALLERIA ZT 8700142,800i7-8700GTX10608GB250GB1TB
GALLERIA ZV 8700162,800i7-8700GTX1070Ti8GB240GB1TB
im590SA1-SP119,800i7-8700GTX10608GB×0.5GB
im590GA2149,800i7-8700GTX10708GB×1TB
i670BA2-SP129,980i7-8700GTX10508GB240GB1TB
i670SA2-e-sports149,980i7-8700GTX106016GB240GB2TB
i670PA2169,800i7-8700GTX108016GB×2TB
i670PA3-SP189,800i7-8700GTX1080Ti8GB×2TB
LEVEL-M037-i7-RNJ169,800i7-8700GTX10608GB×1TB

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングPCおすすめランキング【2017-2018年冬】(TOPページ)

最新のおすすめゲーミングPCランキングを紹介している。常に新しい情報をお伝えできるように意識しているこだわりのコンテンツだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

製品ごとの価格、性能、コスパ指標を一覧表にまとめている。ゲーミングPC購入前にチェックすれば相場感やショップの力の入れ具合がわかるので参考になるだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ