ハイスペックグラフィックボードGTX980Tiが登場

gtx980ti

ついに新しいハイスペックグラフィックボードのGTX980Tiが登場したので紹介しようと思う。

GTX900番台に新たなモデルGeForce GTX980Tiが投入されると2015年6月1日に発表があった。いちゲーマーとして、グラボ業界が盛り上がっているのは正直うれしい。発売日を心待ちにしておこう。

まず、性能をざっくり一言で言うと「ウルトラハイエンド」という位置付けだ。すでに市場に出ているGTX980GTX TITAN Xの中間の価格帯でおよそ10万円少々というところだろう。

コストパフォーマンスはGTX980並みで、性能はTITAN Xに並びTITAN Zにも負荷次第では圧倒する性能となっている。ハイエンドを超えるポジションになるであろうGTX980Tiとなっている。

しかし、実際はGTX TITANシリーズと同列的な存在ということだ。よりゲームに優れて、求め易くなったTITANシリーズという意味では当時のGTX780Tiに近いものがある。価格や中身を見比べてみても非常に似ており、性能に至っては場面によって大きく上回ることもある。

高価なTITANシリーズと違い、価格に革命を起こした900番台ということで期待はしてみたが、予想の範疇でしかない。

GTX980Tiをおすすめするプレイヤー、GTX980Tiの登場によって影響を受けるグラボ、一般ユーザーにはどのような影響を与えるのかという観点から個人的見解を解説しているので参考にしてほしい。

GTX980Ti推奨プレイヤー

GTX980Tiのターゲットユーザーは少し狭くなっているのが実情だ。GTX TITANシリーズ同様に4K解像度でゲームをプレイするユーザーにとっては非常に優れたグラフィックボードとなっている。

搭載メモリは6GBでGTX980よりも多く、高解像度時により安定したプレイが可能だ。省電力で高性能、更には高いパフォーマンスを持っているという点では魅力的ではある。

一方で、4K解像度を選択しないプレイヤーにとってはオーバースペックであることは明白。ただ今後出てくるであろう要求スペックの高いゲームにおいても無類の強さを発揮することが出来ると考えられる。そのため予算に余裕があるのなら購入しても後悔はしないだろう。

GTX980Tiが与えるグラフィックボード業界への影響

GTX980Tiがリリースされることで想定される影響について解説している。もっとも影響があるのは当然GTX980だろう。これまで最上位モデルであったGTX980はTiの登場で価格が下がると予想される。需要の高いモデルだけに、値下げされることでより求められるグラフィックボードとなるだろう。

GTX980Tiは登場当初は非常に高価で13万円程度になるかもしれない。グラフィックボードというのは発売後しばらくすると価格も落ち着くのが定番だ。その価格が安定するまでの間にGTX980を選択するユーザーも多いだろう。すると、必然的にGTX980Tiを選択するユーザー数は減ってしまう・・・。今後の動向に注目したいところだ。

FPSやMMORPGを快適にしたいプレイヤーには不向き?

4K解像度では当然GTX980Tiは光輝く存在である。加えて、それ以外の様々な場面でも非常に高い性能を誇っている。しかし、その性能を無駄なく活かせるゲームは残念ながら2015年時点では存在していない。フルHDなどの一般的な解像度であればGTX980でも若干オーバースペックと言える現実がある。

GTX TITAN Zは30万円近く、GTX TITAN Xは15万円程度と考えるとGTX980Tiが10万円程度に落ち着けばなかなか魅力的になると思う。最新のゲームを最高設定で遊びたい!というユーザーにもおすすめはできるが、基本無料系のゲームには宝の持ち腐れとなりそうだ。自身のプレイ環境を一度見直してみよう。

まとめ

GTX980Tiが高性能グラフィックボードであることに疑いの余地はない。兎にも角にも、発売当初は価格が非常に高騰し相場の1.5倍ほどにまで膨れ上がることもある。最終的には10万円そこそこで落ち着きそうなので、落ち着くまで待つのが良さそうだ。

注目すべきはGTX980Tiの登場により値下げが予想されるGTX980の動向だろうか。1万円以上の値下げは確実視されているため、そちらが本命という人も多いだろう。

シングルGPUでは間違いなく最高峰の安定感があり、比較対象が格上のGTX TITANシリーズであることを考えれば最も優れたグラフィックボードの一つであると考えて間違いはない。

当ページとの関連性が高い記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ