大手BTOショップと中小BTOショップの違い | 大手は初心者向け・中小は玄人向けの現在

今回はBTOショップについて少し掘り下げてみようと思う。BTOショップは数多くあるが、その資金力から大手BTOショップと中小BTOショップに分けることができる。

当サイトではその中でも大手ショップとに分類される「ドスパラ」、「G-Tune」、「パソコン工房」を中心に取り扱っている。一方、中小BTOショップとしては、「レイン」、「ワンズ」等がある。

どうして大手BTOショップを中心に扱うのかを大手と中小の違いに触れながら解説していこうと思う。

ゲーミングPCの需要と供給

ゲーミングPCの紹介となると、多くの人が求める性能や価格はほとんど共通していると言っても過言ではない。極端な話を言えば「安くて性能の良いパソコン」である。大手ショップの場合はこの価格と性能のバランス、つまりコストパフォーマンスに優れているものが多いのだ。

中小ショップの場合は性能を重視し、何かに特化したスタイルを取っていることがあり、一部の人にしかウケない。とにかく個性を重視しているのが中小ショップというわけだ。

大手ショップと中小ショップの比較

大手ショップの特徴

大手ショップの特徴としては製品の安定感があり、初心者から上級者まで幅広く対応できる。万人受けするラインナップが揃っていることが多い。

中小ショップの特徴

細かいカスタムができるが安定性は高くない。主に上級者をメインに対応している。

パーツ単位で高価なものを使用したり、ケースや構成にこだわりがあったりと個性的なラインナップとなっていることが多い。

比較まとめ

大手ショップの場合は誰が使っても同じで、安定感こそ高いが自由度は低い。そして無難な構成で似たようなラインナップしかないというのはメリットとデメリットを併せ持つ要素だ

通常ショップの場合は誰が使っても同じになることがなく構成の自由度は高いが安定感が低い。構成の幅が広く、あまり見かけない構成を採用したりしていて選択の幅が広いというのもメリットとデメリットを併せ持つ要素となる。

見比べてみると大手ショップのほうが安心と思える。しかし、人によっては自由度が高いというのは何よりも優先したい項目となることもあるだろう。

大手ショップと違い、カスタマイズ性が比べ物にならないほど高く、配線の1本から細かく指定できるショップもあるほどだ。しかし、価格は安くはなく知識が無い人やこだわりの無い人にはデメリットでしかない。

このカスタマイズ性の高さは良くも悪くも通常ショップの強みだと考えている。大手ショップはパソコンケースやマザーボードがある程度固定されていたり、カスタマイズの選択肢が固定されているのが現状だ。

通常ショップでは何から何まで全て指定できる。これはもうBTOというよりも自作パソコンに近いものが完成するわけだ。価格を度外視すれば、品質や性能を自由に決められるのはコアなユーザーにとっては嬉しいサービスだ。

フルカスタマイズは現在のパーツの流用なども可能なので、買い替えの場合は安く済むこともあってパソコンを組み立てられる人にとっては有難い存在だ。しかし、初心者にとっては難しいため敬遠されがち。

本来のBTOからかけ離れた大手ショップ

さて、多くの大手ショップがBTOを主流に扱っているが、そもそもBTOとはBuild To Orderの略で「注文を受けて製作する」ということだ。しかし、現状は既存のモデルの一部のパーツを交換することができる程度でしかなく、本来のBTOからはかけ離れてしまっている。

メリットは在庫が残りにくく、出荷が早くなる、組み立ての手間が省かれるなどがあることから、大手ショップはこの方式を取っている。本当の意味でのBTOパソコンとは通常ショップが行っている「フルカスタマイズ」である。

メリットは上記の通り、顧客が思うとおりのパソコンが作れることだろう。デメリットは価格が高くなりやすく、受注製作である以上出荷が遅れてしまうということだ。

現在ではBTOは大手ショップの方式を指している。しかしながら、本来のBTOは通常ショップなどが取っている「フルカスタマイズ」の方式になっている。お金(コスパ)・安定性の高い性能・出荷スピード等諸々を考慮するとよほどのこだわりがない限りは、大手BTOを選択するべきだろう。

まとめ

ゲーミングPCを販売しているショップには大手と中小がある。前者はドスパラ・G-Tune・パソコン工房、後者はレイン・ワンズ等がある。初心者の方は大手ショップの方が安心だろう。製品品質が安定していて、コストパフォーマンスも高くなっているモデルが多い。一方、中小は玄人向けの内容となっていることが多くカスタマイズもある程度知識がある前提となっている。

ただ、そもそもBTOというのは注文を受けてから制作をすることでカスタマイズ性が高いのが特徴だった。ドスパラやG-Tune等の大手ではカスタマイズの幅を限定することで在庫リスクを軽減して、価格を抑えることに成功していると言える。また、最短当日の発送に対応しているのもこれに起因する。

当ページに人気のある記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ