VR(ヴァーチャルリアリティ)の今とこれからの展望 | HTC VIVEやOculus Riftの値下げで再注目!タイトルが増えれば万全

htcvive

画像引用元:https://www.vive.com/eu/(HTC公式サイト)

当ページでは、VR(ヴァーチャルリアリティ)の今とこれからについてをまとめている。

VRデバイスであるHTC VIVEとOculus Riftの値下げが実施されたことによって新たに注目を浴びることになった。この値下げは非常に大きく、PSVRと価格面で並んだことになる。

これによってようやくVRの黎明期は終わりが見えたのではないだろうか。PSVRの性能は低いが初めての試みとしては上々で、他製品と価格で今は並んでしまったが掴みは十分。VRというものをより多く認知させ、広げることに成功した。

少し先になるかもしれないが、新製品の登場も期待できるだけの成果は残したように思う。ソフトが少なく性能面でも不安はあった。それでもその手の届く範囲にある製品というのはいつの時代にも望まれている。

今はスマートフォンでも「VR」が登場しており、映像にも適用されているものもある。今現在広く浸透しているかと言われるとそうでもないが、徐々に日常的に目にする言葉になりつつある。

さて、まず初めにVRがそれほど普及していない理由についてまとめていく。その後、VRの今後の展望について見解をまとめた。

VRの人気が爆発しにくい理由

VRはリアリティを求めるユーザーにとっては非常に魅力的な商品だと言える。しかしながら、周りのゲーマーの友人を見てもそれほどVRを楽しんでいる人はいないことに気付く。最新の技術を駆使した商品なのに、どうしてそれほど普及していないのだろうか。その理由を紐解いていく。

VRデバイスの価格が高い

それは何と言っても専用のデバイスが必要であり、そのデバイスが高価であること。価格が安くなってきたと言っても5万円はしてしまう。PSVRのデバイスでさえ、本体であるPS4よりも場合によっては高くなってしまうのだ。

その上に用途がVRタイトルにのみ限定されるとあれば、なかなか手を出しにくいのではないだろうか。VR専用ソフトのボリュームや内容を見ても、満足できるものとは言えないだろう。

ではパソコン向けのVRはどうだろうか。ゲームをプレイするのであれば、相応のスペックが必要だ。それ以外にも用途はあるが、まだまだ対応するものは多くない。現状は「VR対応」がほとんどであり、VRが無くても動作するものがほとんどだ。

ゲームはより臨場感と、まるでその場にいるかのようなリアリティがある。一方で、通常のゲームでも3D酔いしてしまうものもあるなか、これまで3D酔いをしたことのない人でもVRを使用したゲームプレイでは3D酔いを体験してしまうことがある。

また、必要となるスペックが総じて高めになっている。ギリギリの構成であればカクつきやラグなどで操作性の悪さや3D酔いも悪化させてしまう。リアルなゲームになればなるほど、必要となる性能は非常に高くなってしまうというのは、他のゲームでも同じだが上限が違い過ぎる。

現状では、VRというものはマニアックなユーザーや珍しいものが好きなユーザー向けになりつつある。「あってもいいけど、無くてもいい」というスタンスは、様子見をしている状態だろう。しかし、この傾向は決して悪いものではない。

マニアック、マイノリティなものであったとしても、認知されていることに変わりはない。まだ始まったばかりの技術で価格も内容も移り変わりつつあるなか、これだけ注目され話題になっているということは、次世代のゲームや映像デバイスの一角を担うと予想されているのだろう。

コンテンツの乏しさ

第二の理由としてはコンテンツの乏しさが挙げられる。VR対応の映像でなければVRデバイスを使用して視聴するのはデメリットが多い。結局のところ、VRデバイスを持つことでできることが「VR対応」のみと少なすぎるというのが悩みのタネだ。仮に、VRデバイス単体でノートパソコン程度の性能を持ち合わせていたりすれば、大きな話題となりブームが到来していたかもしれない。

例えば、PS4ではゲーム機としての機能はもちろんだが、インターネットを使用したブラウジングやDVDを再生するという機能がある。これを使用する頻度は多くなく、ユーザーによっては一切使用しなかったりもするだろう。それでも、多機能であるということはメインの媒体の不良時に予備として扱うこともできる。

ゲーミングPCでも、ゲームをプレイするだけでなく一般的なパソコンと機能面では変わりはない。色々なことができる製品と価格に大きな差がないにも関わらず、使用用途が専用となってしまっている…価格的な問題に繋がっている。

また、デバイス間の互換性がないのも厳しい。幅広く対応していくのが正直難しいのが今のVRだ。例えば、PSVRを所持していても、パソコンでの使用は出来ない。それは逆も同じで、パソコンのVRを所持していてもPS4で使用することは出来ない。

VRの今後について-展望は明るい-

ゲームをプレイする、映像を視聴する、これだけならば多くの媒体でできることだ。近い将来、様々なメーカーがVRデバイスを投入してくると予想できる。その時により安く、より性能の高いVRデバイスが必ず登場してくるはずだ。

その製品に負けじと値引きを行ったり、お得なセットを用意したりが始まる。今は群雄割拠を待つ黎明期の後半。ゲームメーカーの多くは、VR対応というゲームタイトルを多く発表してくるだろう。VR専用のゲームの登場も少なからずある今、これだけ力を注いでいるVRに応えるように増えてくる。そのボリュームもこれまでの専用タイトルとは違い、一般的な大作ゲーム並のものが登場してくるだろう。

既にリメイクに近いが、SkyrimやFallout4などVR対応版が発表されている。主力となるのは難しいかもしれない、しかし確立されたカテゴリが登場するのは間違い。黎明期のVRを体験するというのも、今後のVRの進化を楽しむ上で良いスパイスになるかもしれない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ