ゲームを快適にプレイする上で必要な環境に関する私の考え

快適なプレイを可能にする環境に関する考えについてまとめている。そもそもゲームをプレイするにあたって、パソコンの性能とは一体なんなのだろうか。

パソコンの性能とは、当然スペックということになる。高性能なCPUGPUといった具合だ。しかし、これだけでは何も面白くはない。考え方によっては、パソコンの性能というものは当然プレイヤーの知識やスキルと合わさることによってより高まる能力のことだと考えている。

例えば、プレイヤースキルが大きく関係してくるゲームではそのゲームの性質を理解して得られる予想と想像などを含んだ知識が最も重要だ。しかし、知識だけあってもそれを実行に移すプレイヤースキルやパソコンの性能が十分でなければ上手く結果に結ばないこともある。ここではプレイヤースキルには触れない。

高い性能を持つパソコンはゲーマーの心強い味方になる

高い性能を持つパソコンがあれば、自分の持つ知識を実行した際の精度をより高い次元で実現することが可能となる。当然のことながら、スペック不足な状態では自分の力を100%発揮することは難しい。

スペック不足の状態というのは極端な話をするとアルコールランプで料理するようなものとなる。多少心得がある人ならばそれなりの形は取り繕うことが出来るかもしれない。しかし、それでもガスコンロなどと比べると圧倒的に劣ってしまう。これが初心者ともなればもはや何の形にも残らない上に、何の経験としても残らないことだろう。

料理に例えてばかりだが、卵焼きを作るならば家庭用のコンロでなくてもガス缶を使用する小さな火力のコンロでも可能だ。その料理に必要な火力さえ満たしていればいいわけだ。しかし、これが本格的なチャーハンともなると家庭用ガスコンロなどでは難しくなってくる。そう、ハイスペックなゲームはチャーハンを作るということだ。

卵焼きを作るためにチャーハンを作るための高火力のコンロを使用する必要はない。全体をカバーすると言えども、ある意味では必須であったり前提であったりするなど無くてはならないものがパソコンの性能だ。パソコンの性能がいいからと言ってゲームが上達するかと言うわけではない。しかしながら、パソコン本体の性能を含むあらゆる環境が整っているというのはプラスになると思う。

パソコン本体の周辺機器も重要

パソコン本体以外の環境を整えることでゲームプレイにプラスになるということはすでに述べたとおりだ。それでは本体以外の環境とは何を意味しているのだろうか。答えはそう、所謂ゲーミングデバイスのことだ。

最近のオンラインゲームはMMORPG、FPS共に「WASD」による移動方法が主となっており、攻撃方法を除けばほぼ同じ操作性となっている。マウスはおもに視点移動やカーソルを合わせるために用いるが、FPSでは最も重要な部分でMMORPGではスキル発動に大きく影響を及ぼす。

マウスパッドはそのマウスの性能と操作性をより快適にするもので重要度はどちらも高い。キーボードはFPSではより高速かつ精度の高い移動や複雑な操作が、MMORPGではショートカットの割り振りなどの目的が主だ。

重要度は以下のとおりだ。

  • FPS=マウス≧パッド>キーボード
  • RPG=キーボード>マウス≧パッド

ゲーミングモニターとよばれるリフレッシュレートが120、144に対応したモデルはどちらも有用ながら重要度はそこまで高くない。FPSではあれば少し有利になるが、Pingの影響もあって全てではない。対応しているゲームは豊富ながらMMORPGでfps144はなかなか出せるものではないし、動作が不安定になることから30や60で固定するプレイヤーも少なくない。

まとめ

長々と書いてしまったが伝えたいことを理解するのはそこまで難しくないだろう。ゲームの快適なプレイやゲームの上達にはスペックの高いパソコンと金銭的な余裕があればマウス・キーボード等のゲーミングデバイスをそろえるのが一番の近道になる。今一度あなたのPCやデバイスを見直す機会になれば幸いだ。

おすすめの記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ