スリム型とキューブ型と一体型の紹介 | ゲーミングPCの新鋭ケース

今回はゲーミングPCのスリム・キューブ・一体型のケースについて解説している。

パソコンケースの大きさはフルタワー、ミドルタワー、ミニタワーが一般的で大きさこそ違うものの形状はそっくりだ。しかし、これら以外にも特殊な形をしたケースがいくつかある。

代表的なものはスリム型とキューブ型の二つだろう。ゲーミングPCではどれもあまり見られないが知識として知っておくとよいだろう。ただ、最近はラインナップ数が増えてきていると言える。

関連記事:ミニタワーかミドルタワーのどちらを選ぶべきか

スリム型

galleriaslimfaithslim

上記写真はドスパラのGALLERIAブランドスリムタイプとFaithのスリムタイプの写真だ。

ただし、当サイトでは製品自自体をそこまで取り扱っていない。現在はドスパラのSシリーズを少し取り扱っているぐらいだ。形状としてはミニタワーと比べると奥行きはそのままでやや低くし、幅に至っては半分以下とかなりコンパクトで省スペース性に優れている。

もちろんそれが長所で、仕事などで使用する場合は机の上にも置けるので会社などではよく見かけるタイプだ。しかし、ゲームとなると選択肢からは外れてしまうこともある。長所である省スペース性であるがゆえに拡張性を大きく犠牲にしているためだ。

タイプによってはグラフィックボードがそもそも搭載できないものもあり、搭載できてもロークラスのコンパクトなものでしかダメということもある。更に、マザーボードなどのグラフィックボードを搭載する基盤はスリム型専用ではなくミニタワーと同じMicro-ATXで、搭載自体は可能というだけでケースは対応していない

ケースによっては排熱効率やエアフローなどが致命的に弱く、搭載できる電源も限られているためゲーム用途として最初から考えられていないのだ。中古パソコンの多くもこのスリム型で、ゲーム用に増設すればいいと安易に考えて購入してしまわないように注意したい。

関連記事:ガレリアスリムタワーのレビュー・考察

キューブ型

levelcubegtunecube

パソコン工房LEVELのキューブタイプとG-TuneLITTLEGEARのキューブタイプとの写真を掲載している。当サイトでは後者のLITTLEGEARの製品のみ扱っている。

使用した感じではミニタワーの空いているスペースをカットし、半分以下の高さにしたケースという印象だ。最近ではゲーミングPCにも採用されていて、使用している人は少ないが存在している。

スリム型と違い、エアフローや排熱効率にも力を入れており、スリム型よりも優れた省スペース性も持ち合わせている。しかしながら、あれだけコンパクトになったケースにいくらしっかりしたエアフローがあったとしても排熱は確実に追いつかない。更にコンパクトにしたことで冷却ファンなどの冷却装備も大きさを考慮しなくてはならないという欠点がある。

GTX900番台の登場で2スロット占有しなくてもスペックはハイエンドにできるようになったので性能に関しては特に問題はない。かなり詰め込むような形になるキューブ型は構造上拡張性を活かしきることはできず、何かを搭載するなら何かを外さなくてはならないということもある。

購入時から何も増設しないというのであれば選択の余地はあるが、ある程度自分で異常に気付けなくてはならないため初心者向きではないと考えている。だが、残念なことに省スペース性につられて購入してしまうのは初心者に多い。

少なくとも、万人受けするような形状ではないので用途が明確になっているユーザー以外にはおすすめできない。

関連記事:G-tune LITTLEGEARケースレビュー・考察

一体型

まず、これはデスクトップパソコンと言っていいのかさえ分からないもので、ゲームには最も向かないタイプだ。モニターとケースとキーボードが一体となっている。そのため、モニターを購入しなくても良く、更に省スペース性にも優れている。

が、それだけだ。ゲーム目的で購入するのは間違いで、基本的にグラフィックボードは搭載されていない・・・いや搭載できない。これは増設であっても難しく、そもそもほとんどのパーツが増設に対応できないというのが現状でロースペックになりがちだ。初心者が選択してしまうタイプで価格は安いとも言えない。

ファミリー用のパソコンで、ブラウザ操作をメインとして考えているならありかもしれない。今ではほとんど見かけないタイプとなっている。おそらく昔と違って増設がかなり簡単になったことで需要も無くなっているのだろう。排熱性能も最悪で、エアフローなんてあったものではない。パソコン本体の熱+モニターの熱は半端なものではない。

どうして上記の特殊なケースはゲーミングPCにはあまりないのか?

これらの形状がゲーミングPCのラインナップに並ばない大きな理由はエアフローや排熱効率が足りないからだ。拡張性や電源容量の少なさなどは交換などでどうにでもなる。

しかし、エアフローだけは限界がある。それだけ向き不向きなタイプがあり、排熱などが重要であるということが分かると思う。キューブ型に関して言えば、強力な排熱効率などを持ったケースも存在している。

ただ、タワー型に比べてコストが跳ね上がってしまう。GTX980搭載のタワー型に比べると5万円近く高くなってしまう。省スペースにすることで、それだけ力を入れなければならない箇所が増えてしまうのだ。これはノートパソコンにも言えることだが、熱に関しては正しく対処しなくてはならない。

まとめ

最近は各BTOショップが、スリム型やコンパクト型等特殊なケースを採用したゲーミングPCの販売を行っている。排熱や拡張性に関して従来のミニタワーやミドルタワーに比べると少し劣る面がある。

それでも、省スペース性やデザイン性の高さから非常に人気が出て来ているのも事実だ。CPUやグラフィックボードの省電力化によって、デメリットがなくなってきている今買いどきなのかもしれない。予算さえ合うのであれば検討してみるとおもしろい。

合わせて読みたい人気記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ