ダイナミック・スーパーレゾリューション(DSR)で4K解像度がもっと身近になる | GTX980Tiの登場は革命か!?

geforcedsr

GTX980Tiの登場でより注目を集めている機能「ダイナミック・スーパーレゾリューション(以下DSR)」について解説していく。

DSRはフルHDのモニター1枚で4K解像度を構築することが可能になる機能のことだ。厳密に言えば、スケーリングを縮小しているので擬似的とも取れるが画質は4K解像度のそれとほぼ同じだ。DSRはGTX900番台の新機能として登場し、最新のドライバでGTX500番台以降でも使用可能になっている。

しかし、必要なスペックを考慮すると現実的ではなかったのだ。ハイスペックなグラフィックボードをSLIや3Wayにしなければとてもじゃないが性能が追いつかなかった。TITAN Xなどのウルトラハイエンド向けの機能とも言える。しかし、フルHDモニターに描写するためGTX980でも再現自体は可能だった。

GTX980Tiによる影響

GTX980Tiの登場で、ウルトラハイエンドのハードルが低くなりより有用な機能として再注目を集めている。これにより、本来オーバースペックだったゲームがよりクリアに美しい描写で性能を十分に活かしてプレイすることができる。

「GeForce Experience」に対応していなければこのDSRは使用できない。ただ、ゲームによってはUIが細かく設定できないものもある。いくら描写が綺麗になったところで、チャットが見れなかったりUI全体が非常に小さく感じてしまうなどのデメリットがある。

昨今のゲームではほとんど見られないが、UI関係に弱いゲームでは注意したい。

当然使用時の負荷は高くなる

複数のディスプレイを繋げるよりは遥かにマシだが、フルHD環境よりも負荷が高くなる。競技性の高いFPSなどで4K解像度を使用するとデメリットが目立つ。それでもRPGなどには構築してみたいと思う。

そもそもモニター1枚であれば、どのゲームをプレイしてもGTX980Tiならばオーバースペックとなるのだから、選択肢に入れている人は高解像度でのプレイが前提だろう。バカでかいモニターを用意する必要もなければ、複数のフルHDモニターを並べる必要も無い。

最大8K環境

最大で4倍の解像度を設定できるため、1920×1080のフルHDであれば最大3840x2160、3840×2160の4K解像度のモニターであればなんと7680x4320の環境でプレイができる!それだけ高い解像度を表現するとなると、TITAN 3wayレベルが必要な気もするが・・・。

また、いくら性能に優れていても高解像度であれば負荷が高くなるので2倍の2715×1527にするなどの調整を行いたいところだ。ウルトラハイエンドであってもシングルGPUでは限界がある。

パフォーマンスを最大限に発揮する解像度

ゲームによるとしか言えないが、3840×2160で30fps、2715×1527で60fpsだとすると後者のほうが安定しているわけだ。ゲームに画質だけを求めるというのはおかしな話だからこの場合は2715×1527が快適にプレイすることができる。

このように、自分の性能との相談となるので性能に余裕があるという人はフルHDの限界を突破してみるのも選択肢の一つだ。業界の進化は非常に早い。これから10年後、20年後どのようになるのか想像もつかない。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ