メモリとは | パソコンパーツの基礎

memorypcメモリとは何かについて解説している。メモリは、電気的にデータを一時保存する場所のことをいう。

HDDが長期間データを保存することを目的にしているのとは対照的だ。

下記PC機器販売会社バッファローからの引用をみてみよう。

メモリとは、パソコンの重要な部品の一つです。

データの保存場所であるHDD(ハードディスク)から、データを処理するCPUに渡すデータを置いておくための部品です。

引用元:http://buffalo.jp/products/catalog/memory/memory-guide/

メモリはランダムアクセスメモリ(RAM)と言われ、順不同にとても早くデータにアクセスすることが可能なコンピュータシステムのためのストレージの一種となっている。物理的な読み取りでは非常に時間がかかってしまう。そのため、使用するデータを電気的に保存する場所を作り、読み取りすることでパソコンを早く動かすことが可能になる。これを実現したのがメモリということだ。

人間でいうと机

人間と机に例えると机の広さということになる。メモリが多ければ多いほど、つまり机の上のスペースがあればあるほど色々な書類を置くことができ効率がよくなるわけだ。メモリは順不同のデータにアクセスすることができる。そのため特定の情報を見つけることをとても早く行えるということだ。

他のストレージのタイプはランダムアクセスではない。例えば、ハードディスクドライブやCDは前もって決められた順にデータを読み込んだり、書き込んだりする。

これらの装置の機械的なデザインは、データアクセスが一貫していることを規定している。このことは、特定の情報を見つけるためにかかる時間は、その情報がディスクのどこに保存されているかということに大きく依存していることを意味する。

メモリ(RAM)はコンピュータシステムでメインメモリとして使用されている。RAMは揮発性記憶装置と考えられていて、保存された情報は電源を切ると消えてしまうということだ。そのためRAMは、とても早く使われる必要のある情報を保存するためにパソコンを起動しているときにCPUによって使用される。

しかしながら、どんな情報も永久に保存しておくことはできない。現代のRAM装置は情報を保存するために集積回路を使用している。これは比較的コストのかかるストレージの形になっていて、ストレージユニットごとにかかるコストはハードドライブのようなデバイスよりも高くなっている。

データにアクセスするスピードは早くそのコストを上回るため重要なパーツだと言える。従ってコンピュータは早いアクセスと一時的な情報の保存のためにある程度の量のRAMを使用している。また、ノンランダムで永久的に大量の保存をするためにハードディスクドライブのようなストレージを搭載する。例えば典型的なパソコンでは4GB~8GB程度のRAMメモリを搭載している。

しかし、ハードディスクドライブのような大容量ストレージでは数百GBから1TBまでのものを搭載していることもあるのだ。特定のアプリケーションを使用している間のみメモリに保存することで快適にパソコンを使用することが出来るようになるという具合だ。

メモリは大きければ大きいほど、たくさんの操作を安定して動かせる。ゲーム、作業ともに快適に行う為に重要となる箇所だと言える。ただし、メモリが大きくてもあまりにも多くのソフトを同時に使用したり、負荷の大きいものを使用するとメモリが不足してしまう。

そうして起こる現象がブルースクリーンだ。不具合に関しては、通常PCの起動を行うことができるため気付きにくく故障の原因になりやすい箇所であるため非常に重要になるパーツだ。容量は大きいほど良いが、16GBを無駄なく使用できる環境というのはなかなか難しいので8GBあれば十分かもしれない。

メモリの種類

近年はいくつかの種類のメモリ(RAM)が使用されている。DRAM(ダイナミックラム)は、最も一般的に使用されているメモリだ。それはひとつのトランジスタとコンデンサを使用することでそれぞれのデータを保存している。

組み合わさることで一つのメモリセルを作る。コンデンサは、それぞれ0と1を表す高荷電と低荷電を持っている。SRAM(スタチックラム)は、1ビットのデータを保存するために4つ以上のトランジスタを使用する。違った組み合わせが0や1の状態を表す。

静的という言葉はそれが定期的にリフレッシュされることなく現在の状態を維持するという事実を意味している。一方、DRAMはそれぞれのコンデンサで小さな電荷電を維持するためにリフレッシュされる必要がある。しかし、どちらのRAMも電流の流れが止まると情報を失うという点で揮発的だと言える。

DRAMはSRAMに比べると安いためほとんどのコンピュータのメインメモリはDRAMで成り立っている。コンピュータシステムのメインメモリはDRAMモジュールでできていて、マザーボードのメモリースロットの一つに差し込まれる。

しかしながら、SRAMは、DRAMに比べて早く省電力なのでCPUキャッシュのような比較的少量のメモリが必要になるコンピュータシステムの他の箇所で使われる。SRAMは、通常他のチップやモジュールに組み込まれるので、分離したパーツとして目に見る機会は少ない。

メモリの調べ方は?

  1. デスクトップ左下の”Windowsキー”をクリック
  2. ”コンピュータ”で右クリック→”プロパティ”を選択
  3. 実装メモリ(RAM)をみよう

メモリの性能

メモリの容量が大きいと、それだけ同時作業が快適になり動作の安定性を高めることが可能になる。また、DDR3と比べるとDDR4は倍の処理性能を持ち、高い性能と人気を誇っているが、定格となるDDR4-2133以上のメモリは品薄状態が続いている。

その上性能が良いということで価格も非常に高価なため、メモリに重きを置く人も少なく一般的なDDR3-1600(PC3-12800)などに落ち着くことが多い。 用途がゲームであれば、体感できる差はそこまでないようなので容量を中心に考えたほうが良さそう。

ゲーミング用で考える場合はDDR3やDDR4ということにとらわれず最低8GB、できれば16GB欲しいところだ。中には32GBのメモリを搭載しているゲーミングPCもあるが、現時点では上記の通り16GBを使い切るほどの高負荷はほぼ無い。

一部ゲームによっては16GB必要なのもある程度だ。

16GB> 8GB> 4GB

まとめ

メモリは、SSDやHDDから取り込んだデータを一時的に保存しておく領域のことを言う。CPUがデータを処理する際に直接SSDやHDDから取り出すのではなく、クッションとしてメモリを挟むことでより高速に・効率的にデータを取り出し処理することができることになる。

SSDやHDDを本棚、メモリをデスク、CPUが椅子に座る人間と考えるとわかりやすいだろう。必要な情報を本棚から取って必要な箇所だけ読むよりも、一旦机の上に置いて整理する方が効率的に情報を得ることができるだろう。

ゲーム用途で考えると最低でも8GBできれば16GBあると良い。

こちらの記事もおすすめ

  • パソコンパーツの基礎 | ゲーミングPCの基礎知識
  • パソコンパーツに関する基礎知識を手に入れることができる内容となる。メモリ以外にも、CPU、グラフィックボード等様々なパーツが組み合わさってパソコンができていることを理解することができるだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ