OSとは | パソコンパーツの基礎

パソコンに必須のOSについて解説している。OSという言葉はPCに詳しくない方でも一度ぐらいは聞いたことがあるだろう。ただ、その中身や役割についてしっかりと理解できる人は少ないと思う。

OSとはOperation System(オペレーションシステム)の略でパソコンシステム全体の管理・制御をするシステムのことだ。Windows10やMAC OS等が挙げられる。

人間で例えると、手や足などに指令を送る”脳”となるだろうか。コンピュータシステムには、ハードウェアやソフトウェア等パソコンを活用するために必要な多くのリソース(資源)がある。

一般的に必要なリソースとしては、マウス・キーボード等の周辺機器、HDDメモリCPU等が挙げられる。オペレーションシステムは、これらのパーツの管理を行うマネージャーとしての役割を果たし、それぞれに特定のプログラムを割り当てる。

従って、OSはリソースマネージャーでそれは内部的にコンピュータシステムを制御している。簡単にいうとOSは周辺機器からの情報をパソコンに伝えたり、HDDの管理等を行い、パソコンを起動させるために必要なものになっている。

このようにOSは非常に重要な役割を持っているので、OSがないとユーザーはパソコンを使えないということになる。下記により詳細に解説している。少し専門的で難しいので興味がある方だけ読んで欲しい。基礎知識だけで十分だという方はこれまでのところを読めば十分だろう。

オペレーションシステムの機能

オペレーションシステムの基本的な役割は下記の通りとなっている。

パソコンを起動する

パソコンを起動する役割を持っている。コンピュータを0から立ち上げたり、再度立ち上げたりすることを起動すると言われる。

0からの起動とは、完全にシャットダウンされた状態からパソコンの電源を入れることだ。再起動とは、コンピュータを再起動するためのオペレーションシステムを使うことを言う。

基本的なコンピュータ処理を行う

OSはまた基本的なコンピュータ処理を行っている。
もうすでに書いているが例えば様々な周辺機器(マウス、キーボード、プリンター等)の管理をする。

ほとんどの最新のOSでは、プリンターを接続すると自動的に検地して、ユーザーが何もすることなく利用できる状態に設定してくれる。

ユーザーインターフェースを提供する

ユーザーは、ユーザーインターフェースを介してソフトウェアを使用している。ユーザーインターフェースの二つのタイプは、コマンドラインとグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)となる。

コマンドラインではユーザーは命令を入力することで特定の処理を行うようにオペレーティングシステムに指示を出すことが可能になる。コマンドラインの例としては、DOS(ディスク・オペレーティング・システム)がある。

グラフィカル・ユーザー・インターフェースでは、ユーザーはマウスを使うことでWindows、アイコン、メニューにアクセスすることができる。例としては、Windows 7、Windows 8、Windows 10が挙げられる。これがあるからユーザーはプログラミングを知らなくても直感的にパソコンを操作することができるのだ。

音楽を聞きたければWindows Media Playerのアイコンをクリックして起動すればいいし、仕事用のエクセルファイルを開きたければデスクトップ上にあるエクセルファイルをクリックして起動すればいい。

OSは、一貫したAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)を提供する立場にある。APIはとても重要なものになっている。なぜならそれがあればソフトウェア開発者に一つのパソコンでアプリケーション用のプログラムを書くと同じ種類の他のパソコンでも正常に起動するためだ。それは例えメモリやストレージの量がお互いに異なっても当てはまる。

システムリソースを扱う

オペレーションシステムはまたコンピュータのメモリや様々なアプリケーションや周辺機器のCPU時間の共有のようなシステムリソースを取り扱う。

プログラムやインプット・メソッドは、連続的にCPU使用のために競合していてメモリ、ストレージ、入出力処理を要求している。

それぞれのアプリケーションが全体のシステムの機能を最大化するために必要なリソースを使用できるようにOSが制御しているのだ。

ファイル管理を行う

OSは、コンピュータディスから保存されたり、抽出されたファイルやディレクトリ(フォルダ)の整理や追跡を行う。

ファイル管理システムは、ユーザーがファイルやディレクトリを新しく作成したり、ファイル名を変更したり、ファイルの処理や移動をしたり、削除することを可能にしている。

OSは、ファイルシステムの種類によってハードドライブのどこにファイルが位置しているのかを追跡している。ファイルシステムの主な二つの種類はファイル・アロケーション・テーブルとニュー・テクノロジー・ファイル・システムだ。

ファイル・アロケーション・テーブル
ファイル・アロケーション・テーブル(FAT)は、どの塊が使用されているかそして使われていないかということとファイルが塊のどこに位置しているのかということを記録するシステムを利用している。

ニュー・テクノロジー・ファイル・システム
ニュー・テクノロジー・ファイル・システムは(NTFS)は、マイクロソフトによって提供されているファイルシステムの一つだ。このシステムはFATに比べていくつかの有利な点がある。

NTFSの大きなメリットは、それは信頼性を高める機能が含まれているということだ。どういうことかというと、それはフォールト・トレランス(耐障害性)があり、エラーメッセージを表示させることなく自動的にハードドライブのエラーを修復することができる。また、それは詳細なやりとりのログ(ハードドライブエラー)を記録することができる。

あなたのパソコンのOSの調べ方は?

自分の使っているOSがわからないという方はいないかもしれないが、念の為確認方法を記載しておく。

  1. Windowsボタン→”コントロールパネル”をクリック

  2. ”システムとセキュリティ”をクリック

  3. ”システム”をクリック

  4. 【Windows Edition】と【システムの種類】をチェックしよう

どんなOSがあるの?

OSはPCとスマホで種類が異なる。

PC

Windows7、Windows8、Mac OS、Linux等がある。MacOSよりもWindowsの方が利用者が多い。Linuxはサーバー運用のような特殊な環境で使用される。

スマートフォン

iOS(Apple)、Android、Windows、Blackberry等がある。スマホではiOSとAndoridが主流になっている。

32bitと64bitの違いは?

OSの王様マイクロソフトのホームページを引用して解説する。

「32 ビット」と「64 ビット」という用語は、コンピューターのプロセッサ (CPUとも呼ばれます) が情報を処理する方法を指します。

64 ビット バージョンの Windows は大容量のランダム アクセス メモリ (RAM) を、32 ビット システムに比べてより効率的に処理できます。

引用元:http://windows.microsoft.com/


簡単にいうと32bitと64bitではより大きな処理を行うことができるので、より高性能ということになる。今や32bitのパソコンは少なくなり、64bitが主流になりつつある。

ゲーミングPCに最適なOSの選択

ゲーミングPCにも当然OSが搭載されている。一部OS非搭載モデルもあるが、その場合は基本的にすでにOSを別に持っているユーザーが対象となる。

ゲーミングPCを選ぶ上でOSの選択は非常に重要だった。なぜなら新しいOSをすぐに導入してしまうとゲームが対応しておらずプレイすることができないという事象が起こり得たからだ。

しかし、今はWindows10が登場してほぼ全てのタイトルが対応しているし、BTOショップでもWindows10以外のOS搭載モデルのラインナップが激減している。Windows OSの供給会社であるMicroSoftはこの10で最後のOSと明言していることから今後OS選びで迷うことはないだろう。

関連記事:ゲーミングPCとOSの選択

Windows10用グラフィックボードドライバの公開

Windows10用のグラフィックボードドライバが公開されている。最近アップグレードしたばかりのユーザーはチェックしておきたい。

GeForce製のグラボであれば全てのモデルに対応している。

関連記事:NVIDIAがWindows10に対応したドライバを公開!

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • ゲーミングPCおすすめランキング【2016-2017年冬】(TOPページ)
  • 多くのBTOパソコンの中から本当におすすめできるゲーミングPCをピックアップしている。これを購入すれば間違いないというモデルのみを厳選している。
  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトにてレビューをしている全てのゲーミングPCを一覧表でまとめている。製品ごとに価格、サイズ、スペック、サイト独自のコスパ指標等を見ることが可能だ。
サブコンテンツ

このページの先頭へ