USB2.0とUSB3.0の違い | 性能・価格・普及度から検証

USB2.0とUSB3.0の違いについて解説している。今やどのパソコン(厳密に言うとマザーボード)にも搭載されているUSB3.0は、従来のUSB2.0とどう違うのかをわかりやすくまとめていく。

USBはゲーミングPCにも当然のように搭載されて来ている。しかし実はそれが一体何なのかをよく分かっていない人も多いのではないだろうか。USBとはそもそもマウス・キーボード等の周辺機器を取り付けたり、フラッシュメモリ等を取り付けたりすることができるパーツのことを指している。

USB2.0とUSB3.0の違い

USB3.0はUSB2.0と比べ、理論上の転送速度が10倍以上とされている。USB2.0は最大480Mbps、USB3.0は最大5Gbpsとなっている。このbpsは1秒あたりに転送することができるビット数を指している。多ければ多いほどデータの移動を高速で行えるというわけだ。

また、互換性も高く従来のUSB2.0対応機器を挿入しても使用が可能だ。もちろん、その場合の転送速度はUSB2.0の最大480Mbpsになってしまう。

マウスやヘッドホンなどの機器を挿入しても効果は無いが外付けHDDやフラッシュメモリなどには抜群の効果がある。大容量のファイルを別のドライブに移動させるときなどは特に効果的だ。

注意事項としてはUSBポートやコード、電子機器など使用する全てのものがUSB3.0に対応していなくてはならない。USB3.0とUSB2.0には見た目にも違いがあるので、しっかり確認しておきたい。

USB

機器側に挿し込むコネクタがUSB3.0では二段の特殊な形になっている。

大きな違いはUSB3.0は中が青色になっているという点で、USB2.0は黒が一般的で白いものもある。

マザーボード

一般的なMicroATXのマザーボードの挿し込み口はミニタワー型パソコンの背面部分にあたる箇所にある。青くなっているUSB差込口がUSB3.0のUSBポートになる。

USB2.0の挿し込み口は黒色になっている。区別がつくように色分けされているため、一目見ただけでも分かりやすい。

全てUSB3.0にならない訳

これだけ便利で完全にUSB2.0の上位互換となるUSB3.0だ。しかし、どのパソコンを見てもUSB3.0は未だに多くても半分程度となっている。データ転送速度の早さという大きなメリットこそあるが、デメリットとは呼べないまでも欠点があり、全てUSB3.0の挿し込み口にしてしまうとそれがデメリットになってしまう。

USB3.0の帯域による影響を考えると、パソコンのスペックが高くなければ良いとは言えない影響が出る。更に、USBポートはCPUにコントロールされており、CPU内部のUSBホストコントローラーで制御しているが、このCPUによってUSB3.0の使用できるポート数が決まってくる。

価格を抑えたパソコンに高価なマザーボードを搭載できるわけもなく、基本的に汎用性が求められるためどんなCPUを搭載しても動作できるものが好まれる。これはメーカーやショップ側だけでなく、ユーザーの求めることでもある。CPUを交換したらUSBポートが使えなくなったというトラブルに発展し兼ねない。

また、互換性が高いと言っても一部のUSB2.0対応機器はUSB3.0では動作しないという報告もある。全てUSB3.0にするには制限が多く、トラブル発生も考えられる上に対応するCPUなどのコストを考えると全てUSB3.0にするにはデメリットが大きい。

USB2.0があっても邪魔ではなく、マウスなどのUSB3.0の恩恵を受けられないものも多い。そのため、全てUSB3.0にする必要も無いという訳だ。

管理人による考察

おそらく、ゲーミングPCを求める多くの人はこのUSB3.0を重視しないだろう。最も、今は全てのもパソコンに搭載されているので気にする必要もない。

ただ、USB3.0の性能と外付けHDDなどの効果のある機器について知っておいても損は無い。USB接続機器の調子が悪いなどがあれば、一度USB2.0に挿し込んでみたりすると解決することもある。

合わせて読みたい人気記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ