デスクトップパソコンのための排熱対策講座 | 熱からしっかりパソコンを守ろう

hainetsukouza

デスクトップパソコンの排熱対策を解説している。

ゲーミングPCであればある程度パソコンケース自体に排熱やエアフローが考えられた構造をしているものだ。しかし、場合によってはそれでも万全ではないこともある。これが、ゲーミングでない自作の安いパソコンケースを使用しているとかなり危険だ。

また、グラボを乗せ替えたり、増設したりするとデフォルトの排熱対策では不十分になってしまう。その結果不具合や故障が起こりやすくなっていく。

そこで、予め対策を立てて厳しい夏を乗り切るのに必要な知識やパーツを紹介していこうと思う。熱に弱いPCを守るために冷却第一だ。パソコンは様々な原因によって熱をもってしまう。

熱が篭る原因は何もパソコンだけとは限らない。例えば、室内の温度が高くなればなるほど吸気による冷却が出来ず、悪循環を招いてしまう。風通しの良い場所に置くことができればいいが、窓辺にパソコンを置いている人は少ないだろうし、そんな余裕がないかもしれない。

扇風機で風を送り続けるという方法も一つだろう。ただし、埃が舞い散ってしまって別の問題が発生しそうだ。だからと言って、室温だけに気を取られてはいけない。

室温が30℃程度ならば冷却機能がしっかりしていれば十分排熱が間に合う。具体的な冷却対策を紹介しよう。

対策1 ケースファンを増設

ケースファンの搭載が一番初めに考える冷却対策だろう。最も手軽に思われるが実は知識がないと難しいことがある。

電源をマザーボードから供給してもらうタイプのファンが多くなっているため、マザーボードについて知っておく必要がある。

関連記事:マザーボードとは | パソコンパーツの基礎

大体は分岐ケーブルに繋ぐだけで大丈夫なのだが、これもユーザーの環境に左右されるので一概ではない。また、ケースによっては余分に取り付ける場所がないことや本来吸気に使用する場所に排気ファンを取り付けてしまっては構造上望ましくない。

基本は「後ろから排気」だ。下方や側面に取り付ける場合は吸気、上方や背面であれば排気と覚えておこう。ただし、どれが正解というわけではなくケースそれぞれによって異なるのが厄介なのだが、一般的に多いのはこの吸気と排気だ。

ケースファンと言っても種類は多くどれを選べば良いか分からないと思う。これはケースの形状によるのでこれが一番ということはなく現在の環境に合わせて選ぶのが良い。まず大きさは6cm~16cmくらいまであるが、最もポピュラーなのは12cmだろうか。

吸気ファンと排気ファンは同じものを逆に取り付ければ大丈夫なのものと、固定のものがあるのに注意して特に記載がなければどちらでも使えるということだ。

風量や回転数、ノイズなどの項目があったりするが、これも適切なものを選ぶほうが良い。特に吸気ファンの風量は大きければ良いと考えてしまいがちだ。しかし、風量が強すぎると空気の流れ、つまりエアフローが乱れてしまって効率の低下を招く可能性がある。ノイズはそのままファンが回転するときの音なので、気になる人は小さめのものを選ぼう。

対策2 パーツごとのファンを増設・交換

パソコン本体のファンは発生した熱を速やかに排気するためのものだ。しかし、実はパーツ単位でファンを搭載することも可能なので、今回はパーツ単位で見てみよう。

対象と成るパーツは、メモリ、リアスロット、CPUHDD等だ。メモリやリアスロットは特殊な使用方法やよほど熱対策に本気を出している人でしかいないかもしれないが・・・。

CPUファンは一般的に見ても身近なもので、オーバクロックの際には必須となる。デフォルトのファンは音も大きめで冷却性能は高くないのでここを交換する人が多い。

パーツに蓄積された熱は一気になくなるわけではないので、熱が篭ることでパーツは熱を発しないように性能を落とすようになっている。これはCPUにも当てはまる。つまり冷却が追いつかないとCPUの性能は落ちるということだ。

冷却はパソコンの性能を上げるという意味でも、大きな意味を持っているのでしっかりしておきたい。CPUファンは3000円~4000円程度でも十分だろう。しかし、第三世代以降のCPUであればオーバクロックしない限りデフォルトのファンでも問題ない。

HDDを2個以上搭載している場合はHDDファンというものも試して欲しい。SSDなら必要ないが、HDDの熱はフロント部分の吸気が大きな影響をもたらすので、自作で配線などがまとまっていないのであれば選択したい。HDDが熱を持つとエアフローの悪化にも繋がるため、常時負荷をかけっぱなしのパソコンなどは必須に近いかもしれない。

対策3 室内環境の改善

最後に部屋の環境の改善だ。場合によっては一番気軽に行うことができる項目かもしれない。冷却対策として有用なものとして、風の通り道にパソコンを設置するというものだ。それが難しい場合はエアコンなどで室内温度を下げ、パソコンに冷たい空気を送れるようにする。

ただ、熱に困っている人は夏場にエアコンつけずにパソコンを稼動し続けるとどういうことになるか理解していると思う。パソコンの前に操作している人間がどうにかなってしまいそうなくらい室内温度が上昇してしまう。そうなると、熱い空気を取り込み冷却されず熱い空気を排熱という悪循環が出来てしまいパソコンの性能も落ち、最悪壊れてしまうこともある。

長時間パソコンを稼動している人ならばこの項目は自然と行っていると思う。性能の良いパソコンほど冷却というのは重要になってくるのだ。パソコンのみならず、健康を害してしまうほど熱くなってしまうので夏場に室内の温度が上がるほどパソコンを使用する人はエアコンによる室内温度の調整は必須だ。

電気代が気になる方はパソコンケースを開けて、扇風機の弱風などをダイレクトに当てるという方法もあるが、アナログというか原始的というか・・・。

効果自体はあるのだが、埃などを吹き飛ばしてしまうので予め徹底的な掃除をしておくのをおすすめする。冷却というのは、夏場を乗り越えるためにあるのではないか。もちろん冬場でもパソコンが発する熱というのは同じだ。

しかしながら、吸気による冷却性能には雲泥の差がある。夏場にパソコンが受けるダメージというのは相当大きいので、パソコンの寿命を長くするにはいかに夏場にダメージを軽減させるかにかかっていると考える。

補足

ほこりもパソコンの天敵となることがあるので注意が必要だ。ケース内に埃がたまっているとパソコン内部に溜まってしまうだけでなく、排熱効率も落ちてしまう。これからのことを考えてしっかりケース内の掃除はしておこう。パソコンを購入してから一度も掃除をしていないという方は要チェックだ。これを機会にフタを開けて確認してほしい。

まとめ

パソコンを快適に使用するために排熱は必ず考えなければいけない。すぐにできる対策としては、ケースファンの増設、パーツごとのファンを増設・交換、室内環境の改善等が挙げられる。比較的簡単に行うことができるので、今すぐにでも実施したい。また、埃がパソコン内部に溜まってしまうと排熱効率が悪くなるばかりでなく、故障の原因にもなりますので注意しよう。

関連おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ