NEXTGEAR-MICRO am540BA1レビューと評判 | Ryzen5 1400搭載、低価格のAMD搭載モデルは圧巻!

NEXTGEAR-MICRO am540BA1

NEXTGEAR-MICRO am540BA1のレビューをしている。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名am540BA1(ブロンズ)
価格Windows 10/84,800円
CPURyzen5 1400
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W 80PLUS SILVER
コストパフォーマンス★★★★★☆☆☆☆☆

スペック解説

NEXTGEAR-MICRO am540BA1最低限必要な性能を持ったゲーミングPCの底上げをした「Ryzen5 1400」搭載モデルだ。このCPUは4コア8スレッドであるため、i7シリーズに対抗できると考えてしまう。しかしながら、性能自体はi5-7400に近い。

潜在的な性能はRyzen5 1400に分があるようにも思える。ただ、ゲーム用途に関してはプレイするゲーム次第ということになる。i7-7700やi7-7700Kなどのメインストリームの強さは、4コア8スレッドというのもあるが、何よりも処理性能の高さだ。単コア性能で言えばどのCPUよりも高く、4コア8スレッドだからというものではない。そう言った意味では、i5シリーズと処理性能が近いRyzen5 1400は最低限必要なパフォーマンスと言えるだろう。

Ryzen7シリーズ、Ryzen5シリーズと登場した中でRyzen7のパフォーマンスは圧倒的だ。しかし、Ryzen5は現実的なもので、特にこのRyzen5 1400は価格相応の性能だ。4コア8スレッドかもしれないが、ゲーム用途においてはそこまで優れているわけではない。仮にi5-7400と同等であった場合は、ゲーム以外での用途でも性能を発揮出来る部分がアドバンテージか。欲を言えばRyzen5 1500Xを選択したいところだが、この低価格ではそれも高望みなのだろう。

比較対象

NEXTGEAR-MICRO im570BA1-TD

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 86,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルの一つだ。単コア辺りの処理性能はi5-7500のほうが高く、ゲーム用途では同等以上だろう。2,000円の差はそこまで大きいものではないが、ここは得意分野の違いで選択肢は変わるだろう。i5-7500は優秀なCPUだ。しかし、性能に関しては物足りない一面も持っており、最新のゲームは苦手としている。

その理由は4コア4スレッドであることが挙げられる。それでも処理性能自体は高いため、ある程度対応することは出来る。ただ、Ryzen5 1400と比べると見劣りする部分もある。

一方で、複数スレッドを使用出来ないゲームではi5-7500に分があるだろう。クロック数が全てではないが、定格がRyzen5 1400の最大であるため、処理性能に関しては頭一つ抜けている。

良く言えば安定しているが、基本無料系のゲーム以外をプレイするのであればRyzen5 1400をおすすめしたい。基本無料系のゲームをプレイするのであればi5-7500のほうが優れているためおすすめだ。

どちらが優れているかをゲーム用途で決めるのは難しい。Ryzen5 1400は廉価版i7のようなポジションだ。i5-7400のスレッドを2倍にした感じに近く、8スレッドを活かすのは難しい部分もある。

それでも、総合性能はRyzen5 1400のほうが高いため、10万円以下よりも下の9万円以下のゲーミングPCを支えるCPUとして主力になっていくだろう。

総評

総合的に見ると良し悪しあり、必ずしもRyzen5 1400が優勢というわけではない。それでも、価格以上のパフォーマンスを発揮しやすく、得手不得手ハッキリしているが一考の価値はあると考えている。この価格のゲーミングPCとしては合格点で、予算を抑えたいユーザーのニーズに応えることが出来ているのではないだろうか。Ryzen7シリーズのような圧倒的な低価格というわけではなく、Ryzen5シリーズは性能は少し落ちるが価格も落ちるというスタンス。

そう言った意味では対抗製品であるi5シリーズと大差が無かったのは少し残念だ。搭載モデルでは価格をi5よりも抑えることが出来るため、人気が出てくるのは必至だろう。あとはアプリケーション側がRyzenシリーズに対応してくれば、勢力が逆転することはないがシェアを奪うことは可能だ。このNEXTGEAR-MICRO am540BA1は、Ryzenシリーズ搭載モデルで最安値クラスだ。

性能に疑問を持っているユーザーも多いはずだ。何故なら、安いものは性能が低く、高いものは性能も高いという意識があるからだ。もちろんそれ自体が変わることはないが、Ryzenシリーズは性能よりもコストパフォーマンスに重きを置いている。同等のパフォーマンスであっても価格は安くなる。

これは最新の製品に見られる傾向で、それこそグラフィックボードに革命を起こしたGTX900番台もそうだ。今の10シリーズは更に価格が落ち、性能が上がっていることからも分かるだろう。

Ryzenシリーズはまだ初代あり、これからの進化が期待される。それは初代でこれだけのパフォーマンスを持っているのだから、今後に期待することは当然だ。Core iシリーズの初代は当時としては凄まじかったが、それからの進化こそが本当に素晴らしかった。正直第3世代辺りから感動こそ薄れているが、それでもパフォーマンスの向上というものは行われてきた。

特に底上げに関しては目を見張るものがある。その分、最上位クラスのパフォーマンス向上は微妙でもあったが…。Ryzenは優れたコストパフォーマンスを持つCPUである。Core iシリーズを超える性能を持つことは難しくとも、価格で圧倒することに関してはかなり現実的だ。

これだけ期待されているRyzenシリーズの初代を搭載したモデルは、これからの歴史を彩る最初の一歩だ。後世に語り継がれるかもしれないその歴史を、リアルタイムで体感できる機会はそう多くない。それだけに、他の選択肢よりも性能や構成、ゲーミングPCとしてではない選ぶべき要素がある。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO am540BA1を購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ