ROG GR8 IIのレビューと評判【2018年版】| ASUS製ゲーミングPCブランドの特徴を徹底調査!

asuslog
当ページでは、ASUS製のゲーミングPCであるROG GR8 IIのレビューと評判を紹介している。台湾発祥のパソコンメーカーでゲーミングPCブランドのROGはデザイン性の高さから人気がある。このモデルが気になっている方はぜひチェックして欲しい。


ROG GR8 IIシリーズの特徴

こだわりのあるデザイン

designrog
マットブラックの無骨なデザインが魅力的だ。シュッとしていてインテリアとしても映えるデザインは海外のゲーミングPCらしい。また、イルミネーション機能もROG GR8 IIシリーズならではだろう。また、パソコン本体だけではなくマウスやキーボードも光る。夜に映えるケースはかっこいい!

とにかく多機能

asuslogillumination
ROG GR8 IIシリーズは、非常に機能性の高いモデルとなっている。上述した「イルミネーション機能」や「ゲーム用のオーディオ機能」などが搭載されている。ここにプレミアムがあると考えて良いかもしれない。

音の発生方向を表示されるレーダーで直感的に確認出来るオーディオ機能「Sonic Radar」機能は実用性はともかく機能として新しい。利用したい場合は搭載のサウンドカードを別途購入すれば対応できる。便利な機能だとは思うが、実際にゲームをプレイしているとそれどころではなかったりする。移動中に発生した銃声等は緊急性も無いため大体の判断で構わないが、被弾した際に表示されては遅い。

この機能自体おもしろい試みだ。しかし、残念ながら必要性はあまり高いと感じなかった。オープンワールドのゲームでは役に立つ要素はあるものの、様々な音に反応したり、方向によっては反応しにくかったりする。必須と感じるものではなく、似たような機能を持つサウンドカードもあり、品質や性能を考慮すると別のもののほうが良さそうだ。

RAMCacheⅡ(ラムキャッシュ)機能

RAM cache機能というメモリの一部をストレージのキャッシュに割り当てることが出来る機能がある。計測上とても高速な高い数値を叩き出すものの実際にはメモリとして計測する部分もあるため正確さには欠ける。

使用するとメインメモリの使用可能容量は減少するというデメリットがある。もちろん快適性は上がるがそれほど大きなものではない。

実際にはM.2 SSDを搭載しているのであれば、リスクやデメリットが生じるこの機能を使わずとも十分高速だろう。RAM cache化ソフトは既に登場しているため、そちらで体感して見るというのはありかもしれない。

ROG GR8 IIラインナップ

ROG GR8 II(GR8 II-T085Z)

roggr

型番GR8 II-T085Z
価格Windows 10 / 161,784円
CPUCore i5-7400
GPUGeForceGTX1060 3GB
(換装不可)
メモリ8GB
SSDM.2 128GB
HDD1TB

ROG GR8 IIシリーズの下位モデル。今となっては型遅れを通り越して選択するメリットが非常に薄い。ケースデザインが好みであっても、第8世代が登場した今となっては価格設定が高すぎる。

また、どういう構造になっているのかは分からないが、グラフィックボードが換装出来ない仕様となっている。これはデスクトップ型のPCとしては致命的な要素の一つだ。1年ほど前に登場して以来、構成などが変更されていないこともあり、コストパフォーマンスは限りなく低い。

「不明」表記としているが実際には悲しい結果であったため、名誉の為に不明と表示しているに過ぎない。強気な価格設定は他社のGTX1070搭載モデルを上回り、全体的にどう評価して良いか分からない。

ASUS製であるため品質は高めかもしれないが、ゲーム目的として選択するには割に合わない。「選んではいけないゲーミングPC」のカテゴリに属するモデル。発売当時はそうでもなかったかもしれないが、今となっては選択しないほうが良いだろう。

ROG GR8 II(GR8 II-T084Z)

roggr

型番GR8 II-T084Z
価格Windows 10 / 194,400円
CPUCore i7-7700
GPUGeForceGTX1060 3GB
(換装不可)
メモリ16GB
SSDM.2 256GB
HDD1TB

ROG GR8 IIシリーズの中位モデル。現在品切れとなっている。下位モデルよりはマシで、メモリ倍増とM.2 SSD容量倍増に加え、CPUがi7-7700にアップグレードされている。それでも、194,400円はGTX1080Ti+i7-8700Kという現状最強クラスの性能と同等の価格。

価格が高くなっている分マシにはなっている程度で、これも選択するメリットが非常に薄い。このシリーズは、何よりもケースデザインを重視し、かつこのデザインを気に入って、これ以外考えられないという領域まで行ってようやく選択肢に入る。

性能辺りの価格は非常に高く、構成だけを考慮すれば14万円しないレベルの製品だ。電源の品質も不明なままであり、第8世代登場後の第7世代を選択するメリットである割安の価格さえ無い。

別の製品を考慮したほうが断然良いだろう。予算を気にせず、このデザインでなくてはならず、性能もあまり必要でないという要望に応えるデザイン重視型モデル。GTX1060 3GB搭載でこの値段は…。

ROG GR8 II(GR8 II-6GT027Z)

roggr

型番GR8 II-6GT027Z
価格Windows 10 / 208,000円
CPUCore i7-7700
GPUGTX1060 6GB
(換装不可)
メモリ16GB
SSDM.2 512GB
HDD1TB

ROG GR8 IIシリーズの上位モデル。このシリーズ中ではまだマシな製品。中位モデルと比べて、M.2 SSD容量が更に倍増した512GB、グラフィックボードはワンランクアップのGTX1060 6GBとなっている。

それだけの変化でありながら14,000円というのは素晴らしいが、元々の価格が高いため大した恩恵を受けていない。後述する特徴を持つROG GR8 IIシリーズだが、それが特筆するもとは言い難くおすすめ出来ない。現状ではデザインに何よりも魅力を感じるユーザー限定だろうか…。

それにしてもゲームをプレイするためのゲーミングPCとしては物足りない部分は多い。電源については相変わらず不明である。個人的には大きな魅力を感じられないモデルであり、発売当時ならまだしも今となっては候補に入らない。

ROG GR8 IIシリーズの総評

価格が高い。この部分で多くのユーザーが候補から外すことだろう。何故かグラフィックボードの換装に対応していないことも、デメリットとしては大きい。第7世代のCPUであることを考えれば、これ以上グラフィックボードの性能を上げる恩恵も薄そうだが。

便利な機能も搭載されており、これらの機能を導入する予定があるがよく分からないという方には魅力的かもしれない。それでも、今尚この高めの価格でそれほど高くない性能を有するゲーミングPCは選択すべきではないと考えている。電源が不明であるためスコアは計測不能なレベルまで下がり、コストパフォーマンスも同様に計測してはいけない領域に入った。

第7世代搭載モデルではあるが価格は据え置きであり、i5-7400は第8世代が登場した今では選択しないほうが良いだろう。i7-7700であれば第8世代のi5-8400に少し劣る程度の性能はあるため、価格さえ何とかなれば悪くはなかった。

このROG GR8 IIシリーズは性能や構成を犠牲に、便利な機能を搭載したデザイン重視のゲーミングPCと言える。好みが大きく分かれるデザイン重視モデルだが、価格で弾かれるユーザーも多くある意味で選ばれしモデルと言えるのかもしれない。ストレートに言えば、別の製品を選択したほうが幸せになれる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングPCおすすめランキング【2018年冬】(TOPページ)

最新のゲーミングPCランキングを紹介している。年間多くのパソコンのレビューをしている管理人が厳選した自慢のコンテンツの一つと言える。

ゲーミングPCの評判とレビュー | 紹介ゲーミングPC一覧表

製品ごとに、価格・性能・コスパ指標を一覧表にまとめている。購入前に是非参考にすると良いだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ