GALLERIA DHレビュー【最新グラボGTX1050Ti搭載】

GALLERIA DH

GALLERIA DHのレビュー記事となっている。

2015年8月に発売された最新のグラフィックボードGTX1050Tiを搭載したコストパフォーマンスモデルだ。

ブランド名GALLERIA
製品名DH
価格Windows 10/92,980円
CPUCore i5-6500
GPUGeForce GTX1050Ti
メモリDDR4 8GB
SSD搭載なし
(キャンペーン時250GB)
HDD1TB
電源400W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★☆☆☆☆☆

GALLERIA DHスペック解説

GALLERIA DHは、最新のグラフィックボードGTX1050TiとCore i5-6500を搭載した構成が魅力だ。ついに登場したGTX1050Ti搭載モデルで注目度が高い。

コストパフォーマンスはなかなか優秀だと言える。ただし、上にはGTX1060 3GB、下にはGTX1050があり選択し辛い。これはGTX960とGTX750Tiに挟まれていたGTX950のポジションに近い。パフォーマンスはそこそこだが、GTX1060 3GBとは大きな差がある。

コストパフォーマンスではGTX1050には及ばない。しかしそれぞれが数千円の差でしかなく、わざわざGTX1050Tiを選択しなくても良いのではないかとも思ってしまう。グラフィックボード単体ではGTX1050Tiは非常に優秀だが、搭載モデルとなると値段の関係で微妙になる。

CPUとの組み合わせを考えると、GTX1050Tiが最も輝くのはi7-6700搭載モデルと踏んでいる。i5-6500搭載モデルではコストパフォーマンス、バランス的にGTX1050に及ばないだろう。今後のキャンペーン次第で大化けするモデルである。

対応ゲーム

ミドルエンドクラスのパフォーマンスを持つGTX1050Tiを搭載している。VRや4K解像度には対応できない。フルHD環境でのゲームプレイであれば特に問題無くプレイできるだろう。

CPUがボトルネックとなるかもしれないが相性は悪くない。GTX1060 3GBとの差はかなり広い。しかしながら、価格差は大して広くない。

この差がかなりGTX1050Tiにとっては不利に働いていると言える。それでも性能自体は決して悪いものではない。グラフィックボード単体で見れば優秀なグラフィックボードだ。

ただ、搭載モデルはGTX950を思い出すようなポジションとなっている。かと言って、MOBAに最適化されているわけでもないので安心して欲しい。MMORPGでも最新のゲームにもある程度対応できるパフォーマンスは持っている。

他モデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD

  • CPU…i5-6600K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 99,800円

およそ7,000円アップでCPU、グラフィックボード、HDDが強化されたモデルを選択することが出来る。G-tuneとのコラボレーションした当サイトオリジナルゲーミングPCだ。

特に価格を抑えながらもi5-6600Kというパフォーマンスの高いCPUを採用したのが自慢だ。コストパフォーマンスという意味では最強クラスだ。

性能は格段に上がり、本来7,000円アップではカスタマイズも構成もできない価格設定となっている。予算がギリギリというわけでないのであれば、こちらをおすすめしたい。

GALLERIA DS

  • CPU…i5-6500
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…500B
  • SSD…120GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 85,980円

低価格ながら最低限必要なパフォーマンスを少し上回った構成を持つゲーミングPCだ。GTX1050はミドルクラス程度のパフォーマンスを持っているため、予算が10万円以下のユーザーの強い味方だ。

ストレージが弱点であるため、カスタマイズや増設で対応したい。プレイするゲームが限定されていたり、動画を撮影しないのであれば事足りるかもしれない。

性能的にも構成的にもライトユーザー向けのように感じるが、使い方次第で広く対応できる。VRには対応する性能は持っていないので高望みはしないほうが良いだろう。

GALLERIA DHのケース解説

GALLERIA DHのフロントと拡張性

dhfront

フロントパネルにはUSBが2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、ヘッドホンとマイクの入力端子がある。I/Oパネルの機能性は高く、ミニタワーの中ではトップラクラスの充実度だ。

カードリーダーは必要かそうでないか大きく分かれるところではあるが、多くの機器がメモリーカードを必要とするのであっても困らない。ミニタワーとしてはほぼ100点満点。

GALLERIA DHの内部と排熱

dhinside

排熱性能を考え、背面部分は大き目のメッシュにファンが搭載されていてエアフローは定番ながら排熱性能は高い。GTX950はやや熱っぽくなりがちだが、基本に忠実でありながら考えられた設計はエアフローを活かし、GTX950程度の熱なら問題にもならない。

内部はコンパクトなメリットを活かしつつも有効に利用し、空間の圧迫を感じさせずデメリットに感じないのも特徴だ。

GALLERIA DHの背面

dhrear

ミニタワーなので、スペースに余裕は無いが様々な工夫が施されている。中でも可動式ハードディスクベイの存在は大きく、増設などでスペースの圧迫が軽減されるような柔軟なギミックだ。
拡張性についてはPCI Expressx4が1つとPCIの1つ空きがあるが、これは標準的なものか。拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるので簡単な増設には対応できそうだ。

増設にも少しは対応できるが、ミニタワーのコンパクトなケースには限界がある。大規模な増設を行わなければ十分なパフォーマンスを発揮してくれることだろう。

>>>>>GALLERIA DHを購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ