GALLERIA DSレビューと評価解説 | GTX1050とi5-6500搭載、8万円台で購入できる激安ゲーミングPC

galleriadstop

低価格ゲーミングPCの代表格であるGALLERIA DSのレビューをしている。

ブランド名GALLERIA
製品名DS
価格Windows 10/85,980円
メモリ16GBモデル/92,980円
CPUCore i5-6500
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載(キャンペーン時120GB)
HDD500GB
電源400W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★☆☆☆☆

GALLERIA DSスペック解説

GALLERIA DSは、低価格帯では非常に優秀なモデルだったGTX750Ti搭載モデルの後を引き受けたGTX1050搭載モデルだ。その価格は旧モデルより更に4,000円安くなり、性能はかなり高くなっている。評価はそのままで最低限必要な性能を持つモデルである。

メモリ16GBモデルも販売されている。ただ、低価格のメリットがなくなってしまうことと性能的に必要性がないのでこだわりがなければ選択する必要はない。

リネームとは言わないが、50番台としての役割は据え置きとなっているように感じる。GTX1060は60番台ながらハイエンドの領域まで達していたが、そういう意味では少し期待はずれではある。GTX1050の性能はGTX950とGTX960の中間であり、ややGTX950寄りである。

パフォーマンスを考えれば底上げとしては十分成されている。これまで最下部を支えてきた、ロークラスだった50番台がローエンドを飛ばしてミドルクラスに這い上がったのだ。価格がこれから下がってくる可能性を考えると期待は大きい。

ここから先は以前のモデルの評価となる。
——————————————————————————–
更新されたGALLERIA DSは従来のDSと異なり低価格ながらまともな構成に変貌を遂げた。それでもゲーム用としては最低ラインに上がったくらいと考えるのが正しい。以前の価格が安いだけのどう扱ってもゲームに適さない構成から最低限必要な性能を備えたコストパフォーマンスモデルに進化している。ここがビジネスモデルではなくゲーミングモデルと呼べる。実用性が高いと言える。

性能は高くないが、値段の割に非常にしっかりした構成が魅力だ。残念なことに、キャンペーン対象になりにくいのでセールの恩恵はほとんどない。言い換えるといつ選択しても大体同じなので予算が少ないユーザーの強い味方となってくれるだろう。GTX750だったものがGTX750Tiとなったのは大きい。とにかく低価格なので10万円以下でゲーミングPCを探しているユーザーにはありがたい。ある程度のゲームはプレイできるが、快適とは言えないので設定は下げなくてはならないということは知っておく必要がある。設定さえ下げれば多くのゲームをプレイできるので、初心者やライトゲーマーにおすすめだ。

HDDの容量と電源が弱点となっている。増設や交換を行うなら電源の交換も検討したほうがいいだろう。最低限ゲームに必要な性能でしかないので、性能に過度な期待はしないほうがいいかもしれない。メモリは8GBながらDDR4が採用されているので、品質自体は高めだ。

ゲームに関してはあらゆる妥協が必要となる性能だ。価格を考慮すると素晴らしいとも言えるのは間違いない。しかし、CPU、グラフィックボードともに性能が低めなので最新のゲームでは圧倒的な性能不足に陥る可能性が高い。

基本無料系のゲームであれば最新であってもある程度対応できるタイトルは存在する。MOBAやFPS、負荷の低めのMMORPGなどでは設定を下げることで対応することはできる。ただし、最低設定にしてもカクつくゲームもあるので快適にゲームをプレイしたいと考えているのであればおすすめしない。

また、今後登場するゲームに対してはほとんど対応できない可能性もある。Steamのゲームなどには向いていない。ある程度要求スペックが抑えられている基本無料系のプレイヤーに適正がある。ゲーミングとして最低限の性能しか持っていないため、性能を過信しないようにしてもらいたい。10万円を切る価格に釣られないようにして欲しい。予算がそこまで多くなく、10万円以下でないと厳しいユーザーにのみ推奨する。また、快適にゲームをプレイすることは非常に難しい性能なので、よく理解した上で選択してもらいたい。

——————————————————————————–
ここまで

対応ゲーム

この価格でも十分ミドルクラスとしての性能を持っている。これは、少し前では考えられなかったことだ。VRや4K解像度のような技術には対応できないが、フルHD環境であれば多くのゲームに対応することが出来る。

決して高い性能とは言えない。それでもバランス良く整っている。この評価も低価格であるところが大きく、価格を考慮すれば十分という域を脱してはいない。

基本無料のオンラインゲームであれば大体プレイ可能だろう。ただ、MMORPGでは設定を最低に下げてもカクつく場面もあるかもしれない。

これが海外のRPGとなるとカクつくことは少ないかもしれないが、fpsが50を切ることもあるだろう。設定次第と言いたいところだ。しかしながら、要求スペックが非常に高いゲームも多いので断言することは出来ない。

それでも9万円を切る価格であるにも関わらずここまで性能を出せるのは現時点でこのモデルくらいだろう。少し前の12万円ほどのモデルと同等のパフォーマンスだ。パワーアップした新製品だということは疑いの余地がない。

比較

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD

  • CPU…i5-6600K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 99,800円

14,000円アップとなるが、性能もかなり高くなるG-tuneと当サイトのコラボモデル。特にグラフィックボードがGTX1060 3GBにアップグレードされるのは大きい。

価格を抑えるためにCPUも性能と価格のバランスに優れたi5-6600Kを採用している。価格以上のパフォーマンスを発揮する構成となっている。予算に余裕があるのであれば是非選択してもらいたい。

ストレージにSSDが搭載されていないのはマイナス要素かもしれない。10万円を切る価格ながら性能に特化したモデルであるため構成では劣ってしまうのが難点か。

GALLERIA DT

  • CPU…i5-6500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載(キャンペーン時SATA3.0 250GB)
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 99,980円

こちらも14,000円ほどアップするが性能が比例して高くなるモデルの一つだ。CPUは据え置きながらグラフィックボードがGTX1060 3GBとなっている。

ストレージは1TBのHDDにキャンペーン次第では250GBのSSDが搭載となっている。構成面ではなかなか優秀だがCPUの性能が少し引っかかる。

余裕があればi5-6600K以上にしておきたい。ただそれならNEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDを選択したほうが良さそうだ。

セールやキャンペーン次第では大化けするモデルであるため、要チェックである。

>>>>>GALLERIA DSを購入する<<<<<

GALLERIA DSパソコンケースレビュー

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

GALLERIA DS以前のモデルレビュー

ブランド名GALLERIA
製品名DS
価格89,980円
CPUCore i5-4590
GPUGeForce GTX750
メモリ4GB
HDD500GB
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おすすめしません。

構成はいかにも低価格を予感させるもので、人によっては選択しやすいが低価格であることから初心者ほど選んでしまいがちだ。CPUはi5-4590で文句はない。しかし、メモリが4GBとなるとプレイできるゲームの幅がぐっと狭くなる。

そこに来て要のグラフィックボードがGTX750となると、高い負荷のゲームでは処理落ちが激しくなってしまうので快適なプレイというのは難しい。というのも、GTX750Tiは現在搭載メモリ2GBになっているが、GTX750は未だに1GBのままなのだ。

この点でゲームの処理については圧倒的に劣っていると言える。しかし、少し古めのゲームなどには十分対応できると思われるので2009年以前のゲームをプレイするならばコレで十分だろう。

それでも快適なプレイができるかは疑問が残るので、性能を理解していないのであれば「選んではいけない」に属するゲーミングPCだと考えている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ