GALLERIA DSレビューと評価解説 | GTX1050とi5-7500搭載、9万円台で購入できる激安ゲーミングPC

GALLERIA DS

低価格ゲーミングPCの代表格であるGALLERIA DSのレビューをしている。

ブランド名GALLERIA
製品名DS
価格Windows 10/92,980円
CPUCore i5-7500
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4 8GB
SSD250GB
HDD非搭載
電源400W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

GALLERIA DSスペック解説

GALLERIA DSは、低価格帯では非常に優秀なモデルだったGTX750Ti搭載モデルの後を引き受けたGTX1050搭載モデルだ。評価はそのままで最低限必要な性能を持つモデルである。

ただ、結論としてガレリアDSは扱いにくい上に、ビジネスモデルにGTX1050を足したほうがまだ使い勝手が良さそうだ。現状ではおすすめ出来ない。

リネームとは言わないが、50番台としての役割は据え置きとなっているように感じる。GTX1060は60番台ながらハイエンドの領域まで達している。そういう意味ではGTX1050は少し期待はずれではある。GTX1050の性能はGTX950とGTX960の中間であり、ややGTX950寄りである。

パフォーマンスを考えれば底上げとしては十分なされている。これまで最下部を支えてきた、ロークラスだった50番台がローエンドを飛ばしてミドルクラスに這い上がったのだ。価格がこれから下がってくる可能性を考えると期待は大きい。

コストパフォーマンスは非常に悪いが、用途を限定すれば選択するのもありかもしれない。HDDが非搭載であり、SSD 250GBのみのストレージはかなりユーザーを限定させる。プレイするゲームが決まっていて、これ以上他のゲームをプレイしないなら検討しても良い。

性能も高くないため、比較的ライトなゲームに適したモデルだと言える。そこまで予算は取りたくないが…と言いたいところだが、上位のGALLERIA DHとは大きな差は無い。XシリーズでのGTX1050Tiのようなポジションではあるが、狭い範囲に需要がありそうな構成だ。

ゲーミングPCとしての性能は低く、ゲーミング以外の用途でも使いにくい。既にHDDを所持していれば流用して使用できるが、果たしてGALLERIA DHとの差7,000円の差はHDDだけなのだろうか。

対応ゲーム

評価自体は悪いが、ゲームをプレイする性能は一応備わっている。それこそ、ほとんどのゲームをプレイすることが可能で、最低設定に近づければ新しいゲームでもそれなりに動作する。もう少し価格が安ければ低価格帯のゲーミングPCとして主役を張れたかもしれないが…。

いや、既に従来モデルは低価格帯のモデルとして存在していたことを考えると返り咲けるチャンスはある。基本無料のオンラインゲームであれば大体プレイ可能だ。また、MOBA系のゲームや、対戦形式のFPSには対応できる。ただ、MMORPGでは厳しい場面が多くなる。

場合によってはfpsが50を切ることもあるだろう。設定次第と言いたいところだ。しかしながら、要求スペックが非常に高いゲームも多いので断言することは出来ない。

また、容量的にも複数のゲームをプレイするのは厳しいのでHDDの増設やカスタマイズ、外付け等で対応したほうが良い。もしも流用するHDD等が無ければ、結局GALLERIA DHと同じくらいの値段に、いやそれ以上になってしまう。性能はお世辞にも高いと言えないが、それ以上に構成の乏しさが厳しい。

ゲームだけではなく、アプリケーションを保存するにも容量はかかる。標準のままでは動画や写真も厳しい可能性が高い。結局増設しなければゲーミングPCとしての役目を全うできない可能性も浮上してきた。GALLERIA DSにこれ以上コストをかけるなら、上位モデルを選択したほうが賢明だ。

それでも9万円弱の価格であるにも関わらずここまで性能を出せるのは現時点でこのモデルくらいだと言える。少し前の12万円ほどのモデルと同等のパフォーマンスだ。パワーアップした新製品だということは疑いの余地がない。

十分ミドルクラスとしての性能を持っている。これは、少し前では考えられなかったことだ。VRや4K解像度のような技術には対応できないが、フルHD環境であれば多くのゲームに対応することが出来ると考えて良い。

>>>>>GALLERIA DSを購入する<<<<<

従来モデルとの比較

旧GALLERIA DS

  • CPU…i5-6500
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…500GB
  • SSD…非搭載(キャンペーン時120GB)
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 85,980円

従来モデルと比べると7,000円違う。ただ、低価格帯のモデルで7,000円変わるとかなり大きい。キャンペーン時であれば大容量とは言えないがデュアルストレージとなっていた。何より9万円を切る価格で今と変わらなかったのでは、現行モデルにとっては立場は悪い。

現状何のキャンペーンも行われていないが今後には期待出来るかもしれない。SSD 250GBが標準搭載となっている今、HDDを追加するビジョンは見えない。少しの値引きが良いところだろう。

今、わざわざGALLERIA DSを選択するほどの魅力は無くなってしまっている。選択肢に入っていたなら少し様子を見たほうが良い。

似ているゲーミングPCとの比較

GALLERIA DH

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1050Ti
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…250GB
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 99,980円(キャンペーン時96,980円)

定価で7,000円アップながら、HDD 1TBの追加とグラフィックボードがワンランク上のモデルになる。コストパフォーマンスで言えば圧倒的にこちらが優れており、ゲームを快適にプレイするのであれば最低限このクラスは必要になるだろう。性能的にもストレージ的にもゲームをプレイするには扱いやすい。

特別優れた箇所は無い。ただ、価格を考慮すれば非常にバランスの取れたモデルである。値引きの額は僅かに思えるかもしれないが、定価なら7,000円の差が4,000円に縮まると思えば大きい。これで価格による差はほとんどなくなるため、よりGALLERIA DSを選択するメリットが無くなった。

ゲーミングPCとしてゲームをプレイするつもりであるならばGALLERIA DSは選択肢から外したい。今後大きなキャンペーンが行われれば話は別だ。ただこれまでの傾向からするとその可能性は限りなく低い。

>>>>>GALLERIA DSを購入する<<<<<

GALLERIA DSパソコンケースレビュー

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ