ガレリアDTのレビューと評価・考察まとめ | GTX1060 6GB、i5-7500搭載の激安モデル!

ガレリアDT

ガレリアDTのレビューと評判を解説している。

DTは、期待のGTX1060を搭載したモデルで価格も手ごろなので初めてのゲーミングPCを探している方におすすめだ。

ブランド名GALLERIA
製品名DT
価格Windows 10/119,980
CPUCore i5-7500
GPUGeForce GTX1060 3GB
メモリ8GB DDR4
SSD250GB
HDD1TB
電源400W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★☆☆☆☆☆

GALLERIA DTスペック解説

GALLERIA DTは遂に登場したi5シリーズを採用したGTX1060 6GB搭載モデルだ。3GBモデルはDJという新しい型番でカバーしている。ネーミングは同じだが、従来モデルよりもグラフィックボードがアップグレードされている。CPUがi5-7500になったことも、一見据え置きに見えるが性能自体はワンランク以上上がっている。

また、今まではキャンペーン扱いだったSSDも標準搭載となり、選択しやすくなっているのも特徴だ。事実価格は2万円高くなっている。しかしながら、性能は僅かだが向上し、構成もキャンペーン時と同等となった。グラフィックボードが変更されているため、厳密に言えば従来モデルではないが価格設定は妥当ではないだろうか。

同時に、今まではDシリーズの中で最もキャンペーン対象に選ばれていたGALLERIA DTだけに、今後も期待できるのは面白い。今までのキャンペーンを振り返ると値引きが多かった印象が強い。低価格とは言わないが、従来モデルの価格まで近づくことができれば完全なる上位互換として君臨しそうだ。

このクラスだと数千円変わるだけでコストパフォーマンスに大きな影響を与える。これまでの位置にはGALLERIA DJというモデルが陣取っている。ただ、このDTも強力なライバルとして見れそうだ。

ゲーム

価格を考慮すれば非常に安定感のある組み合わせで、人気の高いモデルだ。人気があるということは、多くのゲームでそのパフォーマンスを発揮できるということでもある。

4K解像度のような高解像度には流石に厳しい。しかし、最新技術であるVRや新作ゲームには余裕を持って対応することが出来る。i5-7500は従来のi5-6500と違ってかなり優秀な性能を誇っている。当然i7には及ばないものの、単コアの性能が優先されるゲームではまずまずだろう。

最近はマルチスレッドにも対応したゲームが登場していることを考えれば、最新のゲームに対応出来るが得意ではないかもしれない。設定を下げれば対応出来るのでそこまで気にする必要は無い。価格と性能のバランスも良くジャンル問わずプレイできるため、多くのユーザーに選ばれている。

ゲーミングPCの入門用としても選択肢に入り、初心者向けというわけではない。それでも初心者にとって迷いにくい性能を持っている。最悪これを選べば大丈夫というモデルの真ん中に位置しているので予算がこの辺りなら要チェックだ。

>>>>>GALLERIA DTを購入する<<<<<

従来モデルとの比較

旧GALLERIA DT

  • CPU…i5-6500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載(キャンペーン時SATA3.0 250GB)
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 99,980円(セール時97,980円)
  • Windows 7 107,980円(セール時105,980円)

グラフィックボードがGTX1060 3GBモデルであり、現在で言うGALLERIA DJの前身と言える。名前は同じだが、一つ上に出世したことで現行のGALLERIA DTこそが新モデルなのかもしれない。価格は2万円の差がある。ワンランク下に位置する同名モデルとの比較は割に合わないように思う。

グラフィックボードが違う点、SSDが標準搭載で無い点を除けば同じだと言える。ただ、グラフィックボードが違えばもう別モデルだろう。それでも比較すると、2万円アップは現時点では妥当と思われる。元々GTX1060 3GBモデルを6GBに変更するのは5,000円アップで可能だった。

更にSSD 250GBを搭載するコストを安く見積もって1万円。新世代CPUを搭載していることで、ゲーミングPC全体が1万円程度価格が上がっている。

これらを考慮すれば少しお得かもしれないが、GALLERIAシリーズの本領はキャンペーンである。キャンペーン次第では、過去の製品をもぶっちぎる製品となる可能性も十分に秘めている。

似ているモデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-TD

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…3TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 129,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルである。こちらは1万円アップとなるが、CPU性能が圧倒的に高いi7-7700Kを搭載しているのが特徴だ。グラフィック性能は少し落ちるが、それを込みにしてもコストパフォーマンスは非常に高い。

HDDは3TBの大容量モデルを採用、SSDは240GBとなっている。予算が合うなら、GTX1060搭載モデルの中でも頂点に立つこのモデルを推奨したい。キャンペーン等は期待できないが、この価格でこれ以上の性能は見込めないだろう。

性能、ストレージ、コストパフォーマンス、ほぼ全ての面で上回るモデルが1万円プラスで選択することが出来る。

GALLERIA DJ

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…250GB
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 109,980円

従来のGALLERIA DTの後継機になった新ネーミングモデルだ。1万円安く、性能はほぼ同じという特徴を持っている。GTX1060 3GBと6GBはそれほど大きな差はなく、キャンペーン等に関してもこちらが本命の予感がする。

それは従来のGALLERIA DTと同じポジションだからということが要因ではあるが…。何よりも価格が安いということで、これまでのDTのポジションを名実ともに奪ったと言える。

ドスパラがどちらのキャンペーンを充実させるかで優劣がハッキリする。現時点では好みの差程度しかないので、どちらがより良いかは決めにくい。

>>>>>GALLERIA DTを購入する<<<<<

実機レビューはこちら

  • GALLERIA DTの実機レビュー
  • 写真付きでレビューをしている。各パーツの大きさやベンチマークなどで違った視点からガレリアDTの事を知ることができる。

ガレリアDTのケース

フロント部分

ガレリアDTフロント

フロントパネルにはUSB差込口が2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、音源入出力等がありオーソドックスな形だ。コンパクトなミニタワーにしては豪華なパネルで、ガレリアのミドルタワーをそのままミニタワー化したようなパネル。大きさは幅18.5cm 奥行き39.5cm 高さ37cmとなっている。


内部リア

ガレリアDT内部リア

背面には排熱性能の良い大き目のメッシュにファンが搭載されており、フロントから吸気し、そのままリア部分に流れるようになっている。この構造はミニタワーによくあるタイプだ。排熱性能は高くそれこそがドスパラの「GALLERIA」の特徴とも言える。基本に忠実でありながら、考えられた設計でミニタワーながら安定感は高い。


フロント上部

ガレリアDT内部

ミニタワー独特のスペースで、スペースに余裕は無いながらも排熱効率はしっかりしている。増設などを行わないのであれば特に問題ないが、熱がこもりすぎるのであればファンの増設も行っておきたい。拡張スロットはPCI Express x4の1つとPCIの1つ空きがある。また、拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるのである程度の増設には対応できそうだ。構成に満足できて、増設を考えていないのであればしっかりとよくまとまっていると思う。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

One Response to “ガレリアDTのレビューと評価・考察まとめ | GTX1060 6GB、i5-7500搭載の激安モデル!”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ