GALLERIA MGのレビューと評判 | GTX1080とi7-6700採用、トップクラスの性能を持つモデル

GALLERIA MG

GALLERIA MGのレビューをしている。

ブランド名GALLERIA
製品名MG
価格Windows10/194,980円(セール時177,980円)
Windows 7/198,980円(セール時185,980円)
CPUCore i7-6700
GPUGeForce GTX1080
メモリ8GB DDR4
SSD非搭載(キャンペーン時250GB)
HDD2TB
電源700W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス・通常時
★★★★★★☆☆☆☆

・キャンペーン時
★★★★★★★★★☆

GALLERIA MGスペック解説

GALLERIA MGは、20万円を切っているGTX1080搭載モデルだ。最低限必要な構成となっていて豪華なわけではない。登場初期と比べて価格も少し下がり、キャンペーン対象にもなっているためタイミング次第ではおすすめしやすくなっている。キャンペーンでの値引き額が大きくなったのは嬉しい。ただ、比較対象はなかなか強力であるため、どうしても一歩リード出来ない。

グラフィックボード以外はハイクラス設定なので、より高みを目指すユーザーには不満かもしれない。特にGTX1080は前評判通りの高い性能がウリであり最大の魅力なのだから、CPUが惜しいと言えば惜しい。性能は全ての製品の中でもトップクラスだと言える。しかし、CPUが最新の第六世代と言えどi7-6700であるため純粋なハイエンドモデルというわけではない。 

それでも上位のXGと比べて僅かとは言え価格が抑えられているのは嬉しいことだ。とても4K解像度でゲームをプレイする前提とは思えない部分もあるが、ストレージには余裕がある。初めてのウルトラハイエンドとしては贅沢な選択肢かもしれない。ただし、価格と構成はエントリー向けだと思える。

コストパフォーマンスについては、決して悪いものではない。それはGTX1080がとてつもないバランスブレーカーだからだ。パフォーマンスについては誰もが認めるものなので、何よりも性能を重視したいユーザーに適している。

性能は圧倒的なもので、既存のゲームであればほぼ全て最高設定でプレイできる。全てのゲーマー憧れのGTX980搭載モデルは、やや価格が高めでコストパフォーマンスはそこまで良くはない。ゲームに対してストレスフリーを得られるのはこのハイエンドモデルからである。そのため、様々なゲームをプレイするつもりならいいグラフィックボードだ。

最新のゲームであっても難なくプレイできるスタイルは、ゲーマーとして望むものであり全てだ。わざわざ新しいゲームをプレイする前に必要なスペックを調べなくても問題ない。何故なら、現時点ではGTX1080とi7-6700を搭載してスペック不足になるようなゲームは存在しないからだ。

対応ゲーム

ミニタワーだが、排熱性能もばっちりでウルトラハイエンドに関する懸念は薄い。必要なスペックを調べなくても問題ないというストレスフリーを代表するような構成で、ゲームに関しては優れた性能を持っている。ボトルネックになりそうなのはCPUだが、4K解像度でも恐らく問題はないだろう。

VRが一般的になったときにどうなるかが気になるくらいか。またはi7-6700Kクラスでなければ快適にプレイできないほどのCPU負荷の高いゲームが出たときくらいだ。もっとも、現実味の無い可能性なので気にすることは無いのだろう。

20万円を切る価格設定にしては化物地味た性能を持っているので予算次第ではおすすめしたい。ただ、最強のグラフィックボードを搭載するのだから、他のパーツも最強クラスにしておきたいというのも正直な話だ。

求めるものや理想は人によって違うので意見の一つとして留めておいて欲しい。ゲームを快適にプレイするための選択肢としてはオーバースペック気味だ。GTX1070搭載モデルの価格次第ではそちらのほうが適しているユーザーのほうが多いだろう。

メモリが8GBというのは今後、あるいはMoDなどの適用によって快適かどうかが微妙に分かれるところだ。基本無料系のゲームであっても、場合によっては16GBとまではいかなくても8GBではやや厳しい場合もある。

国内のゲームであれば特に問題はないが、IDや複数PTのレイドなどが絡めば微妙に怪しい気もする。しかしそういう場合には最高設定から高設定程度に下げればいいので、やはりゲームに関しては優れている。

むしろこの性能で満足に遊べないというゲームがあった場合、それはゲーム側の問題だ。いくらこちらの性能が高くでもゲーム側が最適化されていないとどうにもならない。よって、パフォーマンスは十分ということになる。

しばらくは性能に困ることはなく、今後尋常でない技術が開発しない限りはほぼこの性能でやっていけそうだ。

その他ゲーミングPCとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570PA4

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 169,800円
  • Windows 7 174,800円

GTX1080搭載モデルとしては非常に安いゲーミングPCだ。CPUはi7-6700ながら、メモリはDDR4 16GBを採用している。ストレージもHDD 2TBにSSD 250GBと安心のデュアル仕様。構成的に珍しいタイプとなっている。

以前のG-tueであればDDR3メモリに容量は8GB、HDD無しのSSD 250GBが当たり前だっただけに、この変化はとても素晴らしい。コストパフォーマンスも良好だ。ただし、光学ドライブはオプションとなり、カードリーダーも非搭載となっている。

拡張性も少し落ちるミニタワーだが、排熱性能はトップクラスだ。選択肢、比較対象としても十分やっていけるだけの性能を持っている。

NEXTGEAR i650PA7-SP2

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…3TB
  • SSD…480GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 189,800円

キャンペーン時は12,000円アップとなるが、通常時は5,000円ダウンとなる。GALLERIA MGは構成的にしばらく常時キャンペーンのような扱いになるだろう。なので12,000円アップという前提で比較を続けていく。

CPUのアップグレード、メモリ倍増、HDD容量1TB増量、SSD容量倍増、電源容量アップだ。これだけで12,000円アップというなら喜んで支払いたくなるものだ。

価格は高くなるが、コストパフォーマンスは向上する。NEXTGEAR-MICRO im570PA4と比べると、性能だけでなく構成にも力を入れたモデルと言えるだろう。

>>>>>GALLERIA MGを購入する<<<<<

GALLERIA MGパソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ