GALLERIA MSのレビューと評判 | GTX1050とi7-7700採用、バランスを考えると評価は平凡

GALLERIA MS

GALLERIA MSのレビューをしている。

当モデルは最新のGTX1050を搭載している。

ブランド名GALLERIA
製品名MS
価格Windows 10/109,980円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1050
メモリ8GB DDR4
SSD120GB
HDD1TB
電源400W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★☆☆☆☆☆☆

GALLERIA MSスペック解説

GALLERIA MSは、コストパフォーマンスの高いGTX1050搭載で低価格の強い味方になるはずだったモデルだ。構成が大幅に変更され、コストパフォーマンスは少し向上している。第7世代搭載になり、第6世代の頃と比べて少し値段は上がってしまったが、それをカバーするには十分だろう。

CPUがi7-7700であることを考慮すれば、本来10万円を切りたいGTX1050搭載モデルとは言え納得出来る。納得は出来るが、実際問題あと少しでかなり優れたモデルを選択することが出来てしまう。

GTX1050は低価格が最大の魅力であり、i7-7700とは言え魅力を潰してしまうのではないか。それこそグラフィックボードがボトルネックとなるとは言わない。ただ、やはり構成的に価格が少し割高に感じてしまう。

10万円を超えてしまうのはいかがなものだろう。GTX1050搭載モデルは9万円を切るモデルも当たり前にある。やはり、GTX1050にとってこの価格帯は厳しい戦場かもしれない。低価格帯で輝くモデルであることに変わりはなく、評価が低くなっている。この価格帯はGTX1050Tiや安価なGTX1060 3GB搭載モデルが視野に入ってくる。

需要の最も高い価格帯になっているので、GTX1050は選択されにくい。素晴らしい部分もあるが、価格が安いという最大の魅力が薄くなっているのはマイナスのように感じる。それこそ、この価格帯であるならばGTX1060 3GB搭載モデルも選択肢に入ることだろう。

この価格帯はGTX1060が到達すべき価格帯であり、魅力がかなり薄れているように思う。CPU性能が高いことは評価できるが、バランスと価格を考慮するとどうも納得できない。ただ、構成は充実しているという点は評価できる。初心者におすすめしたいところだが、比較対象を見てからでも遅くはないだろう。

全体的に微妙なバランスではある。しかしながらGTX1050搭載モデルの中で探すなら優秀な部類ではある。理想を言えばこの価格でGTX1050Tiがあれば良かったのだが…。GTX1050は低価格路線で行くべきだ、価格が少し上がるだけで10シリーズはすぐに上のグラフィックボードに上がっていってしまうのだから。個人的に、どうしてもおすすめし辛い。

対応ゲーム

まずCPUとグラフィックボードのバランスは良くない。代償として最大のメリットである低価格を潰してしまっている。これをどう見るかで評価は変わるが、性能を求めるのであればワンランク上の製品を選択したい。低価格であるグラフィックボードGTX1050だが、性能はGTX960に少し及ばない程度のものということを理解しておこう。

CPUがi7-7700ということのメリットはそれなりにある。しかし、それはゲームで活かしにくい部分の話であるため、ゲーミングPCとしては評価が割れそうだ。

低価格であるGTX1050と高性能なi7-7700はミスマッチのようにも思える。ゲームジャンルによっては、なかなか優秀なパフォーマンスを発揮することもある。どちらかというとMMORPGのように、CPU負荷の高いゲームで躍動しそうだ。

ただ、見方によっては使い方が限定的であり、扱いにくい部分が多い。上位のモデルを目指すか、GTX1050の本質である低価格を目指したほうがコストパフォーマンス的に良さそうだ。

一長一短あるのはどのモデルも同じだが、このモデルは極端である。ある意味で玄人向きのエントリーモデルと言える複雑なタイプだ。

ゲーム自体は標準設定前後であれば最新のゲームにもある程度対応できるくらいの性能を持っている。50番台であるがミドルクラスのパフォーマンスを持つグラフィックボードであるため、しっかり性能の底上げはされている。

CPUはi7-7700であることから、CPU負荷の高いゲームや場面にも余裕を持って対応することができる。ただし、MoDなどを使用した特殊な負荷に関してはその限りではない。価格的に選択しやすいが非常に整ったパフォーマンスが魅力。設定さえすれば最新のゲームでも快適にプレイすることができるだろう。

不釣り合いとは言わないが、それはCPUの性能の高さによるものだ。CPUがボトルネックにならない構成は動作が安定しやすい。これはゲームに対する負荷の話であり、MMORPGの街が重いこととはあまり関係が無い。

サーバーによる負荷もあるため、多少の改善はあるかもしれない。ただ、街中の負荷が軽くなるということはあまりない。今までのPC環境と比べるとマシになることはあるのは事実だ。それでもウルトラハイエンドでも重くfpsが出ないことも珍しくない。このモデルは最低限動作すれば良いという地点から一歩か二歩前に進んだモデルである。あまり高望みをしてはいけない。

比較対象を見てもらうと分かるが、少し価格が高めになっている。それはCPUのせいなのか構成のせいなのか、両方なのかもしれないが。ゲーミングとしては優秀であることは認める。しかし、他に選択肢があるという事実が重い。より優れた製品が、より安く存在しているのが最大のネックだ。

ゲームをするという前提があるゲーミングPCを選ぶのだから、比較対象となるモデルに目を通してもらいたい。確かにCPU性能が優れているというのはメリットかもしれないが、価格が上がるというデメリットのほうが大きいことを分かってもらいたい。

>>>>>GALLERIA MSを購入する<<<<<

従来モデルと比較

GALLERIA MS

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載(キャンペーン時250GB)
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 102,980円

現行モデルと比べても大差がない。強いて言えば、キャンペーン時にSSD 250GBが搭載されていたというくらいだ。価格は第7世代になり、1万円アップが当たり前の中、少し抑えた7,000円アップとなっている。

もしも両方のモデルが存在していたとしても、どちらを選んでも良いという評価だっただろう。キャンペーンが期待できるだけ、従来モデルのほうが良かったかもしれないが…。

大きな差がなく、評価も据え置きとなる珍しいモデル。ただ、おすすめしにくいのも変わりはない。

他モデルとの比較

GALLERIA MJ

  • CPU…i7-7700
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…250GB
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 129,980円(キャンペーン時121,980円)

価格が下がったことで比較対象として存在するようになったモデルだ。13,000円の差は大きいが、その分以上の性能差があるためおすすめしやすいと言える。

このモデルはキャンペーン時の121,980円以下でのみおすすめすることができる。定価の129,980円だと別のモデルも対象となってしまうので注意が必要だ。

NEXTGEAR-MICRO im570BA1-TD

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 86,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだ。GTX1050搭載モデルとしては定番になりそうな価格設定となっている。

CPU性能は大きく落ち、ストレージもSSDが非搭載となってしまう。しかし、価格も大きくダウンしているのが特徴。

ゲーミングPCとして最低限必要な性能を持っているだけに要チェックだ。低価格であるため、ある程度カスタマイズしても低価格を維持することができる。

>>>>>GALLERIA MSを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ