GALLERIA MTレビューと考察 | GTX1060搭載の高パフォーマンスモデル!当サイトイチオシ!

GALLERIA MT

GALLERIA MTのレビューと考察を紹介している。

当モデルはGTX1060搭載のモデルとなる。GALLERIA MTにはGTX1060 6GBモデルと3GBモデルの二種類がある。基本的には3GBモデルの方がコスパがよくおすすめだ。

ブランド名GALLERIA
製品名MT
価格Windows 10/127,980円
CPUCore i7-6700
GPUGTX1060
メモリ8GB DDR4
SSD非搭載
(キャンペーン時250GB)
HDD1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

GALLERIA MTスペック解説

GALLERIA MTは、GALLERIA XTの構成を削りミニタワーにして価格を15,000円安くしたモデルだ。キャンペーンが豪華な上位のXシリーズや下位のDシリーズと比べて影が薄い。良く言えばハイブリッド、悪く言えば器用貧乏だ。

MMORPGで2つ以上の役割の出来る職業のようなものだ。遂に早期アクセスから正式版になったKillingFloor2のSurvivalistのように、良いとこ取りであり、あと一歩足りない…そんなポジションである。

Xシリーズは排熱性能と拡張性の高いミドルタワーで、キャンペーンも豊富で構成も充実している。Dシリーズは排熱性能と拡張性が少し低いミニタワーだが、価格が低くキャンペーンも期待できる。MシリーズはDシリーズの評価とXシリーズの評価を合わせたモデルだ。

ただし、Dシリーズの良いところとXシリーズの良いところという評価もあれば、悪いところ同士がセットになったという評価も出来る。特にこのMTは上下に主力級が存在していることが大きなマイナスとなっている。

従来モデルはなかなか優秀だったが、3,000円値上げされ、下位モデルであるMT 3Gの登場で存在意義を失った。最大の問題はGALLERIA MT 3Gをカスタマイズすることで、このモデルと全く同じ構成ながら2,000円ほど安くなることだろう。

HDD容量を半減させ、キャンペーンで搭載されるSSD容量も半減している。それでもストレージに大きな不満は無いだろう。性能も良く、価格もしっかり抑えられている。多くのユーザーが求める「安くて性能の高いゲーミングPC」とはまさにこのモデルのことだ。ただし、比較対象を考慮するとおすすめできない位置にいる。

排熱性能の高いドスパラのミニタワーは、ミドルタワーと比べると劣るものの十分な拡張性も持っている。初心者から上級者まで満足できる高いCPUパワーと安定したGPUパワーがあるので、ほぼ全てのゲームをプレイできるという強みがある。

対応タイトル

既存のゲームはフルHD環境であれば最高設定でも快適に動作する。GTX970よりも性能は高いため、VRにも余裕を持って対応することができる。

しかしながら4K解像度などの高解像度には対応できないので注意したい。高解像度を避ければ、全てのゲームを快適にプレイすることができる性能を持っているので安心だ。

従来のミドルエンドとは違い、ハイエンドクラスとなるのでフルHD環境下であればプレイできないタイトルは存在しない。それくらいの安心感がある性能がこの価格なのだから驚きだ。

ただし、今後登場するタイトルに関しては確約できない。あくまで既存のタイトルを通常プレイする場合に限った話だ。MoDの有無により負荷が大きく変わるゲームも存在しているが、グラフィックパフォーマンスが必要なのであれば対応できるかもしれない。

多くの場合、問題なくプレイできると思われるが確実ではないので予め要求されるスペックを確認しておきたい。もっとも、GTX980以上が要求されるケースはほとんど無い。比較対象ともよく吟味して選択すべきだろう。

比較対象ゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 119,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだ。やはりこの価格帯としてはずば抜けたコストパフォーマンスを持っているためおすすめしたい。正直、このコラボレーションモデルの存在がGALLERIA MTなどにとって非常に大きな障害となっている。

全てが上回っているわけではないが、価格的にも強力な対抗製品と言える。GALLERIAシリーズはキャンペーンが非常に優れているため、キャンペーン次第でこの関係は崩れる。今のところ大人しいMシリーズも対象となれば、比較対象であるNEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDを上回ることもあるだろう。

いつ購入しても同じNEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDと時と場合によっては大化けするGALLERIA MTという住み分けができている。

全てはタイミング次第だが、現時点では大きなキャンペーンは行われておらず、対象ともなっていないことを考えると、このモデルのほうが一歩リードしている。

GALLERIA MT 3G

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…250GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 117,980円
  • Windows 7 125,980円

GALLERIA MTと比べるとグラフィックボードがGTX1060 3GBになっている以外は同じ構成だ。価格差1万円は非常に優秀だと言える。何故ならばGTX1060 6GBとGTX1060 3GBとの価格差はオプションで5,000円だった。

もっともそれはこのGALLERIA MT 3Gの登場以前のもので、今はその設定は存在しない
今はカスタマイズによる価格差は8,000円となっている。そう、1万円安いモデルでありながら、カスタマイズでは+8,000円で済むのだ。

GTX1060 6GBに変更した時の価格は125,980円なのだから、GALLERIA MTよりも安いことになる。3,000円の値上げがここにきて仇になっている。

>>>>>GALLERIA MTを購入する<<<<<

ここから先はMT 3GBのレビューとなっている。
————————————————————————————————————-
MT 3GB
GALLERIA MT 3GBのレビューと考察を紹介している。

ブランド名GALLERIA
製品名MT 3GB
価格Windows 10/117,980円
CPUCore i7-6700
GPUGTX1060 3GB
メモリ8GB DDR4
SSD非搭載
(キャンペーン時250GB)
HDD1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★★★☆☆

GALLERIA MT 3GBスペック解説

GALLERIA MTの廉価版に位置する3Gモデルの紹介だ。評価はこのモデルのほうが高い。もともと、ドスパラのGTX1060 6GBと3GBの差は5,000円しか無かった。それが今ではモデルによって8,000円~10,000円となっている。性能差を考えても5,000円がちょうど良かったように思う。

上位モデルであるGALLERIA MTとの価格差は10,000円だが、カスタマイズで同じ構成にすると+8,000円で済む。つまりGALLERIA MTを購入するつもりであるならば、GALLERI MT 3GをカスタマイズしてGTX1060 6GBにしたほうがお得なのだ。

これはキャンペーンの前触れなのか、ただのミスなのかは分からない。しかしこのまま何もなく終わるはずは無いため、今後の動向が気になるところだ。現時点ではMシリーズで最もおすすめしやすいモデルだ。

対応タイトル

フルHD環境でのゲームプレイに特化している。GTX970より高くGTX980より低い性能だが、価格はGTX960搭載モデルと同等だ。4K解像度にはあまり適していないがVRには余裕を持って対応することが出来る。

最新のゲームにももちろん対応できるため、パフォーマンス面での不安はほとんど無い。構成としてもデュアルストレージで保存容量にも問題は無い。必要であれば増設すれば良く、GALLERIAのミニタワーは拡張性も意外と高い。

メモリは8GBを採用している。ゲームによっては足りないという場面があるかもしれない。既存のゲームでは8GBもあれば十分だが、一部のゲームでは8GBよりも多い容量を推奨しているものもある。

ゲーム次第ではあるものの、ほぼ全てのゲームに余裕を持って対応できる。また、複数のゲームを起動してもある程度耐えられる性能でもある。設定を下げれば複数ゲーム起動でもサクサク動作するだろう。

比較対象ゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 119,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルの一つだ。この価格帯では最大のライバルとなり得る製品であるのは、何もコラボモデルだからではない。構成を見れば分かる通り、CPUの性能が高くグラフィックボードは同等だ。HDDが2TBであり、それ以外は大体同じ構成。

それが2,000円アップで手に入るのだからコストパフォーマンスは非常に高い。GALLEIRA MTとの関係もあるが、こちらの製品を購入するほうが平和だろう。とは言え、奇妙な価格設定であることを考えれば確実ではない。ひょっとすると今後非常にお得なキャンペーンが開始され、GALLERIA MTや3Gが対象となるかもしれない。そのことを考慮して一応確認はしておきたい。

GALLERIA MT

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1060
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…250GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 127,980円
  • Windows 7 135,980円

この価格通りであれば確実におすすめできないモデルだ。何故掲載したかは、キャンペーンや今後価格や構成が変更される可能性があるからだ。少しでも変化していれば評価は一変する。

あまり期待は出来ないが、NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDよりもおすすめできることもあるかもしれない。一応確認しておいて損はないだろう。

>>>>>GALLERIA MT 3GBを購入する<<<<<

GALLERIA MTパソコンケースレビュー

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ