ガレリアSGのレビューと評判まとめ | GTX1080とi7-7700搭載モデルだが比較対象を検討するべき

galeriasg

ガレリアSGのレビューと評判をまとめている。

ブランド名GALLERIA
製品名SG
価格Windows 10/199,980円
(セール時189,980円)
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1080
メモリ8GB DDR4
SSD500GB
HDD2TB
(キャンペーン時3TB)
電源500W 80PLUS GOLD
コストパフォーマンス-

ガレリアSGスペック解説

ガレリアSGは、最強のグラフィックボードを搭載したスリム型ウルトラハイエンドゲーミングPCだ。Sシリーズの中ではなかなかコストパフォーマンスの高いGTX1080搭載モデルだ。

当然スリムタワーには排熱性能や冷却性能が低いというデメリットがあり、性能が高くなればなるほど顕著になっていく。GTX1080搭載ともなると、それはなかなかに大きなデメリットと言えるだろう。

ゲーミングPCとしての性能は非常に高く、高い性能により4K解像度にも対応することが出来る。省スペースに実用性ではなく、デザイン性での魅力を感じているのであればじっくり考えて欲しい。

もちろんデザインも選択肢として重要な要素だが、排熱性や拡張性に不満を感じても交換しにくい。マザーボードの交換よりはケースだけ交換というのはマシかもしれないが…。プレイスタイルによってはデメリットを感じることはないが、オールラウンドという点ではGALLERIA XGのようなミドルタワーを推奨したい。

パソコンを置くスペースが無い場合を除いて、スリムタワーを選ぶメリットはかなり少ない。これだけ性能が高いとどうしても発熱量も大きくなり、パフォーマンスが不安定になる可能性も高くなる。長時間のプレイを想定しているのであれば、出来る限り避けたいモデルだ。

対応タイトル

スリム型ということは一旦置いておくとして、性能は間違いなく最強クラスだ。特にグラフィックパフォーマンスは従来のゲーミングPC…いやグラフィックボードでは太刀打ち出来ないほどだ。

もちろんSLIや3WAYでは上回るものもあるが、複数のGPUに対応できないゲームもそれなりにあった。シングルGPUでは過去GTX780Tiというグラフィックボードがあった。

あれが登場した時は当時最高値だったTITANより安く、TITANより優れた性能ということで称賛を浴びていた。今、まさにそれを見ているかのように、TITAN Xを過去のグラフィックボードへ追いやっている。このグラフィックボードで満足にプレイできないゲームが登場することはあるのだろうか。

780Tiが出た時も似たようなことを考えていたのだから、意外と早いのかもしれない。もちろん、通常のゲームではなくGTX1080がVRに適しているのだから、より優れたVRが登場したときなのだろう。PCゲームやオンラインゲームのままなら、想像も出来ない。

ハイエンドなので最新のゲームを快適にプレイするだけの性能は持ち合わせている。が、それに耐えられるかどうかは未知数だ。排熱が追いつかずブルースクリーンなんてことは無いと思うが、パフォーマンスの低下は我慢か。最適化が不十分なARKなどの早期アクセスでは、負荷による発熱もばかに出来ない。スリム型にとって性能の高いモデルは敵となりやすい。

というよりも、最新のゲームであったりハイエンドの性能が必要であるならば最低でもミニタワーを持っておくほうが良い。スリム型がダメというわけではないが、細身でコンパクトというメリットにもデメリットにもなり得るものは適さない。価格が安いというのであれば、選択肢にも入るかもしれないが・・・。

性能だけで言えば十分優秀なモデルであるため、デメリットよりもメリットを尊重するのであれば問題無いだろう。細身というのは机周りの環境に依存せず、それこそ机の上に置くことも簡単にできてしまう。インテリアとは言わないが、置き場所をある程度考慮しなくていいのは便利かもしれない。

従来モデルとの比較

旧GALLERIA SG

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB(キャンペーン時3TB)
  • SSD…キャンペーン時最大525GB
  • 電源…500W GOLD
  • Windows10 199,980円(キャンペーン時196,980円)

従来と比べてCPU性能が高くなっている分だけお得。定価が同じで、キャンペーン時は7,000円安くなっているというのは素晴らしい。第6世代搭載モデルと第7世代搭載モデルは、価格に1万円近い差がでることが当たり前となっている。

そういう意味では、従来モデルと比べて完全に上位互換に位置していると言える。この点に関しては素晴らしく、Sシリーズの中でもコストパフォーマンスは高めだ。デメリットさえ理解していれば…とも思うが、ミドルタワーのGALLERIA XGとも同じ価格なので評価は変わらない。

似ているモデル比較

GALLERIA XG

  • CPU…i7-7700(キャンペーン時i7-7700K)
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大500GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 199,980円(セール時189,980円)

スリムモデルをおすすめしにくい理由の一つに、このXシリーズと価格が同じということがある。確かにケースは大きくなってしまうが、同時に拡張性と排熱性能は向上している。

スリム型も熱対策はそれなりにされてはいるが、やはりミドルタワーには遠く及ばない。ゲーミングモデルはグラフィックボードが搭載されている分だけ熱が発生する。そしてそれは、しっかりしたエアフローと排熱性能を持たないケースであればパフォーマンスの低下に繋がってしまう。

スリム型は長時間の起動には適しておらず、細身のケースが必要という場合を除けばミドルタワーよりも下になる。安定した動作と、ゲームに最適なケースを持つゲーミングPCはXGだろう。

>>>>>ガレリアSGを購入する<<<<<

総評

スリムタワーには様々なデメリットがあり、省スペース性というメリットと秤にかけて、どうかというところ。こればかりはユーザーの価値観が大きく左右する問題ではあるが、置く場所が無い等の省スペースでなければならない状態を除けばおすすめしにくい。熱によるパフォーマンスの低下は、そこまで著しいものではない。

しかし、高負荷に耐えられる性能であればあるほど、その低下率は大きくなるため体感しやすい。

この高性能なスリムタワーを選択するユーザーは下記の要素に当てはまるユーザーだろう。

  • パソコンの置き場所が無い
  • 長時間ゲームをプレイする予定が無い(連続1~2時間程度)
  • デザインや省スペースを何より重視

例えば、長時間4K解像度などの高負荷でゲームをプレイするのであれば、冷却性能や排熱性能は重要になってくる。グラフィックボードやCPUは熱により故障を避けるため、パフォーマンスを下げて発熱を抑えるようになっている。

この時に性能が下がりやすく、しばらくして温度が安定すると元に戻る。この繰り返しにより安定感を失い、しばしばカクつきを見せることになる。もちろん、ゲームの種類や環境によるものであるため、確実にこのような症状が発生するわけではない。

あまり広くない机の上や下に置く場合、置き場所が限定されているユーザーにはありがたい。そうでもない限り選択するメリットは限りなく薄く、せっかくのパフォーマンスが無駄になる可能性がある。

特に夏場は室温が高くなりやすく、エアコンが必須になるので要注意だ。ただ、スリムタワーの中では最も優れたケースであるため、省スペース性を重視したモデルが必要な場合はSシリーズ以外の選択肢は無いだろう。

下記で実機レビューをしているので合わせて参考にして欲しい。

実機レビュー

ガレリアSGパソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ