ガレリア XFのレビューと評価 | GTX1070とi7-7700搭載モデル、当サイトランキングNo.1だ!

galleriaxftop

ドスパラGALLERIA XFの詳細レビューを書いている。多くのユーザーが登場を待ち望んでいたであろう70番のグラフィックボードを搭載している。

ブランド名GALLERIA
製品名XF
価格Windows 10/169,980円
(セール時159,980円)
CPUCore i7-7700
(キャンペーン時i7-7700K)
GPUGeForce GTX1070
(キャンペーン時OCモデル)
メモリDDR4 8GB
SSDキャンペーン時
最大500GB
HDD2TB
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★★★★★


XFスペック解説

2017年11月中旬GTX1070 OC搭載モデルとして新しく登場!

GALLERIA XFは、ドスパラのGALLERIAシリーズの中で最も人気の高いゲーミングPCだ。通常時はそうでもないが、キャンペーン時は到底考えられないコストパフォーマンスを誇る。

第8世代CPUが登場する中、GTX1070 OC搭載モデルへと生まれ変わったGALLERIA XF。XVの登場により、一時は空白となっていたXFだが、ここで再登場を果たした。タイミングとしては何とも言えないが、CPUのアップグレードが終了した代わりにグラフィックボードのアップグレードが行われたと考えれば悪くはない。

新モデルとなったXFはキャンペーンがSSDと価格のみとは言え、ある程度引き継げているのではないだろうか。また、価格が据え置きであるということは非常に評価が高い。

グラフィックボードがオーバークロックモデルとなった以外では、GALLERIA XFキャンペーンでは最安値タイとなる価格になっている。ただし、このグラフィックボードは100台限定の無償アップグレード対象となっているため、時期を過ぎれば通常モデルになるだろう。

ちなみに搭載アップグレードされるグラフィックボードはPalitのGameRockPremiumEditionだ。CPUも通常に戻っているが、この価格でなら十分に選択の余地はあるだろう。特に定価から1万円引きであるなら、カスタマイズでCPUやメモリのカスタマイズも視野に入る。

余裕を持たせるために電源のカスタマイズというのも悪くないだろう。性能面ではやや落ちるが、それ以上に値引きも大きくなっているため、コストパフォーマンスは維持しているように思う。

一方で、かつてのキャンペーン内容を取り戻せるかは疑問的だ。ポジション的には、従来のGALLERIA XFがXVに繰り上げされ、新たに登場したモデルとも言える。大きな強みこそ無いが、再登場したGALLERIA XFもまた従来のXFの形をなぞっているため、おすすめはしやすい。

キャンペーンの充実度に期待しつつ、様子を見るのもありだろう。年末のセールに期待がかかる。

当サイトおすすめ度第1位、ドスパラの売れ筋第1位に返り咲く!

ドスパラ独自の人気ランキングではGTX1060 6GB搭載のGALLERIA XTに首位を長らく明け渡していたが、ついに1位になった。

予算がギリギリのユーザーであっても、少し無理してでも手を伸ばしたい。キャンペーン対象になりやすいモデルであることを考えれば実質最高のモデルと言えるかもしれない。CPUとグラフィックボードの性能は非常に安定しており、最新のゲームが要求する性能をクリアしている。

従来シリーズから需要が高く、コストパフォーマンスに優れたハイクラスだったがPASCAL世代からウルトラハイエンドの仲間入りを果たした。価格はこれまでの70番台、性能はハイクラスと同等なのは大きい。4K解像度やウルトラハイエンドに興味のなかったユーザーも選択肢に入るだろう。

CPUには最新の第7世代のi7-7700を搭載しており、性能も少しアップしている。これまでのキャンペーン内容が標準装備となった構成が魅力。ゲーミングPCとしてはウルトラハイエンドにカテゴライズされるため、4K解像度にも対応できる。フルHDでも安定した動作が可能であるため、4K解像度や高解像度での使用予定が無い場合であっても恩恵が得られる。この非常に高い性能は、ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPCならではもの。多くのユーザーが求める性能がここにある。

GTX1070Ti搭載モデルを探しているユーザーにとっては吉報ではないだろうか。元々コストパフォーマンスの高いGTX1070Tiを搭載しているモデルの中でGALLERIA XFはその中でもトップクラスだ。ゲーミングPC探しでまずその名が挙がるだけに要チェックだ。これから先、ゲームが様々な進化を遂げていくことになる。その進化を体験でき、長く使用できるのであれば十分だ。

ダブルストレージで構成も文句なし

コストパフォーマンスに重点を置いた構成でありながら、HDDには余裕を持たせた大容量2TBとなっている。構成はキャンペーン時にデュアルストレージを基本に、省電力にも磨きがかかっているため500W BRONZEを採用している。予算が15万円くらいでも頑張って手を伸ばしたい。

対応タイトル考察

従来モデル同様、フルHDや4K解像度で快適にゲームをプレイするには十分な性能を持っている。4K解像度でゲームをプレイすることが出来るという特徴はあるが、性能はGTX1060の一つ上である。価格的にも手頃であるため、フルHD環境でしかゲームをプレイしないというユーザーにも人気がある。

そこまで高い性能を必要としなくても、より動作が安定するため恩恵はしっかりと存在している。最新のゲームに余裕を持って対応することが出来るのが最大の特徴である。性能を必要としない場合は宝の持ち腐れとなるので、このクラスからは本当に必要なのかをよく吟味したい。

性能が高いことがゲームプレイにとってマイナスに働くことはほとんどないが、価格が高くなってしまうのが悩ましい。予算が15万円程度であるならば、無理して手を伸ばすことはないが、予算が17万円~18万円程であるなら選択肢に入るはずだ。

従来モデルと比べると、再登場であるため新製品扱いなのかキャンペーン自体は地味。それでもOCモデルへのアップグレードはGTX1070Tiよりもパフォーマンスを発揮する場面がある。ワンランク上の性能を手にするチャンスとも取れるが、OCモデルは発熱や消費電力面でデメリットがある。余裕があるなら電源のカスタマイズくらいはしておきたいところだ。

電源の品質は高いものの容量が多くないので増設の際は気をつけたい。GTX1070の消費電力はそこまで大きくないので意外と余裕がある。もし、将来的に増設を考えている場合は電源の交換も視野にいれなくてはならない。発熱に関しては、ミドルタワーになったことで排熱性能は非常に高くなり、負荷の高いゲームを長時間プレイしても安心だ。

電源カスタマイズがおすすめ!

ゲーミングPCとして、最も完成度が高いモデルだと言っても過言ではないだろう。ただ、余裕があるなら電源のカスタマイズくらいはしておきたいところだ。

予算を抑えながら容量アップならDELTA650W静音電源+4,200円、品質を大きく向上させたいのであればオウルテック550W静音電源80PLUS PLATINUM+9,600円、品質と容量の向上をするならオウルテック700W静音電源80PLUS GOLD+9,600円が良いだろう。

当然、標準搭載の電源でも十分だが、電源の交換は意外と面倒なので最初から長持ちするようなものに変更しておくと後々面倒がない。長く使うのであれば検討するのも良いだろう。

>>>>>GALLERIA XFを購入する<<<<<


従来モデルと比較

旧ガレリアXF

  • CPU…i7-7700(キャンペーン時i7-7700K)
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 8GB(キャンペーン時16GB)
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大500GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 169,980円(セール時159,980円)

1
従来モデルと比較すると、グラフィックパフォーマンスが向上しているのが分かる。流石にフルキャンペーンモデルには届かないが、今後のキャンペーンの期待値はフルキャンペーンを上回る。

優秀な構成バランスとパフォーマンスとコストパフォーマンスを持つ理想的なモデルへなりつつある。上位モデルのGALLERIA XGを選択するメリットを薄くする存在感は素晴らしい。

一方で、これまでほぼ常時CPUがアップグレードされていたため、実質的にCPU性能は落ちている。総合的に見れば、従来モデルより優れており、従来のフルキャンペーンモデルよりは劣るという順当なもの。

グラフィックボードがGTX1070からGTX1070Tiへ変更されただけのモデルと言ったところだろうか。だけとは言っても本来考えにくいことであり、純粋なアップグレードである。

似ているモデルとの比較

NEXTGEAR i660GA2-SP

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…非搭載
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows 10 / 157,800円


2,000円引きと僅かな値引きだが、価格的には十分比較対象になり得る。GALLERIA XFのキャンペーンが乏しい今だけの話かもしれないが、SSD非搭載ながらCPUがi7-7700Kなのは評価が高い。これまではGALLERIA XFの充実したキャンペーンの前に遠く離れた位置から、次点というポジションに居たが、通常モデルとなった今ではとても近い位置にいる。

SSD 500GBはi7-7700からi7-7700Kへのアップグレード以上の差があるため、性能を求めるユーザー向けだろう。また、電源容量が大きいのも利点の一つであり、総合的に見れば同等とも取れる。GTX1070搭載モデルの中でも、現在ではGALLERIA XFと双璧を成す製品となった。

>>>>>GALLERIA XFを購入する<<<<<


実機レビュー

下記で実機レビューをしているので合わせて参考にして欲しい。


ガレリアXFおすすめカスタマイズ

またガレリアXFのカスタマイズに関しては詳細を解説した下記記事を参照して欲しい。


ガレリアXFのケース解説


本体の大きさ

XF前面

本体はミドルタワーで大きさが幅20.7cm 奥行き52cm 高さ45cmと標準程度で、前面にはSDカードリーダーとUSB3.0が2つ、更に音源の出力と入力が取り付けられている。背面にも音源の入出力はあるが、前面にあると置き場所に困りにくく向きを考えなくて良くなるのでグッド。USB3.0が6つ、2.0が2つの合計8つのUSB差込口があるので様々なデバイスを接続することが出来る。キーボードとマウス用のPS/2形式の差込口も別に用意されている為、それらを含まないので余裕はかなりある。


拡張性を調べて見た

XF拡張ベイ

拡張ベイは5インチが3つ、3.5インチが4つ空いていて、内部I/OはSATA 6Gb/sは4つあいている。

拡張性かなり高く、HDDのRAID化も可能なスペースが確保できれば環境は揃っていると言える。

メモリが8GBで心許なくとも、2スロットの空きがあり最大32GBまで対応することが出来る。


ケースの特徴解説

XFケース特徴

特殊なのは電源が奥上部ではなく奥下部に配置されている点だ。

エアフローを考えると最も効率良く排熱処理できるので理に適った構造になっている。

そして従来電源を置くスペースはCPUファンとリアファンが重なり、更には上部ファンも取り付けることができるのだ。

冷却性能解説

XFファン性能解説

ケースに少し厚みのある足を取り付けることで下部に向けての排熱も可能になり、上部には最大2つのファンを取り付けることが出来る。ケースの大きさを最大限に活用し、最大限に考慮された構造はハードゲーマーにとって理想のものとなっている。また、CPUクーラーには水冷を対応することが出来るので今後増設などを考える人にとってもありがたい。コストパフォーマンスは最高ではないが、それぞれのパーツの寿命を延ばし、稼動効率を上げるという意味では優れた効果が期待できそうだ。エアフロー、排熱処理性能に関しては最高峰のゲーミングPCだ。

>>>>>GALLERIA XFを購入する<<<<<


あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • ゲーミングPCおすすめランキング【2017年秋】(TOPページ)
  • 多くのBTOパソコンの中から本当におすすめできるゲーミングPCをピックアップしている。これを購入すれば間違いないというモデルのみを厳選している。
  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトにてレビューをしている全てのゲーミングPCを一覧表でまとめている。製品ごとに価格、サイズ、スペック、サイト独自のコスパ指標等を見ることが可能だ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ