GALLERIA XFRのレビューと評判解説 | RX480とi7-6700搭載、Radeon派の方は必見!

GALLERIA XFR

GALLERIA XFRのレビューと評判を解説している。

型番の最後にRがついているのは、Radeon搭載の珍しいゲーミングPCだ。

ブランド名GALLERIA
製品名XFR
価格Windows 10/137,980円
(セール時134,980円)
CPUCore i7-6700
GPURadeon RX480
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
(キャンペーン時最大525GB)
HDD2TB
電源800W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

GALLERIA XFRスペック解説

GALLERIA XFRは、従来モデルから大幅な変更が加わり、コストパフォーマンスが高くなり、ようやくRadeon製グラフィックボード搭載モデルも日の目を見ることに…。なると思われたが、NVIDIA製グラフィックボードの最新シリーズである10シリーズの壁は非常に高い。

グラフィックボードの話となれば、発熱も抑えられており、従来の高い消費電力もかなり抑えられている。しかし、肝心の価格は抑えきれておらず、GTX1060 3GBよりも低く旧世代のGTX970と同等程度の性能で、価格はGTX1060 6GBより高い。この点だけでも大きくマイナスであるため、おすすめしにくいのが現状だ。

Radeon製品のグラフィックボードとしては非常に目覚ましい伸びを見せている。本領はFuryの後継機だろうと思っているが、ミドルエンドクラスも中々良い。あともう一歩という評価は覆らないが、今後に十分期待を残せたのではないだろうか。それこそ、もう少し安くなるようなことがあれば勢力図は大きく変わるはずだ。

構成上、GALLERIA XT 3Gに近い性能を持っている。キャンペーン次第では選択肢に入ることも…。性能は向上し、価格は安くなるという理想的な変更に加え、これまでほとんど縁の無かったキャンペーン対象にも選ばれるようになった。

SSDの価格が落ちてきていることも影響してか、SSD 525GBがキャンペーンで無料プレゼントされていることもある。その時期に重なるとかなり優秀なコストパフォーマンスを発揮しそうだ。このままいけばSSDがメインストレージとして当たり前になる日も近いだろう。

GALLERIA XFRでできるタイトル

コストパフォーマンスが向上し、おすすめしやすくなったモデルだ。価格は少し高めだが、性能は決して悪くない。当然多くのゲームを快適にプレイすることが可能だ。

熱の問題も消費電力の問題も大幅に改善され、コストパフォーマンス自体もなかなか優秀だ。ゲームに関してもハイクラスの性能を持っているため、プレイできないゲームは存在しないだろう。ただし最高設定では不安定な動作となることもあるので、余裕を持った設定にしておきたい。

あまり特徴の無いグラフィックボードに感じるかもしれないが、実は次世代のDirextX12では圧倒的な強さを見せている。それこそGTX1060 6GBよりも高いスコアを叩き出し、4K解像度ではGTX1060 6GBを凌駕する場面も多い。ただし、そもそもGTX1060 6GBにしても、RX480にしても4K解像度でゲームをプレイするには性能が今ひとつ足りていないため、ベンチマークでのスコアのみの話だ。残念ながら実際に4K解像度でのプレイはおすすめしない。

また、DirectX12に関してもRadeon製品がフライング気味である。まだDirectX11が全盛であり、DirectX12を採用したゲームが非常に少ない。DirectX12が主流になる頃にはNVIDIAもDirectX12に対応したグラフィックボードを販売するだろう。ロマンはあるが、特徴を活かしきれていないようにも感じる。

熱を持ってしまうと性能が著しく低下してしまうので、ファンの音が大きくなるようであれば少し設定を下げるなどして負荷を下げたい。排熱性能が非常に重要となるモデルだ。そのため、パソコンを置く場所もしっかり考えたほうがいいだろう。また、熱を持ちやすくファンの音が大きいRadeon 390だ。パソコンの位置が近いとマイクにその音が入ってしまう可能性もある。

そこまで神経質にならなくてもいいかもしれないが、一応気をつけたほうが通話相手にも優しい。環境さえ整ってしまえば、ゲーミングPCとして優秀な性能だと言える。ライバルにGALLERIA XFがいる以上、陽の目を見ることは非常に少なそうだ。

その他モデル比較

GALLERIA XT 3G

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB(キャンペーン時16GB)
  • HDD…2TB
  • SSD…非搭載(キャンペーン時最大525GB)
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10/134,980円(セール時129,980円)
  • Windows 7/139,800円(セール時137,980円)

定価であってもセール時のXFRと同じ価格だが、XT3Gもキャンペーンやセールが頻繁に行われる。特にXT 3GBは13万円を切る価格となっているため、実際に性能で上回り価格は5,000円も安い。

同等の箇所はあれど、劣る箇所の無いGALLERIA XT 3GBを基準に考えればGALLERIA XFRは選択しづらい。

RADEON製品にこだわりが無ければ無難にこのモデルを選択したい。コストパフォーマンスも良好だが、何よりも性能で上回るのは大きいだろう。

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10/119,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだ。価格はセール時のXFRから15,000円安くなっているが、性能は圧倒的に高くなっている。

その要因はCPUがi7-6700K、グラフィックボードがGTX1060 3GBと、性能を支える二柱がパワーアップしているからだ。構成面ではストレージのSSDが240GBとXFRの半分以下であるところはマイナスかもしれない。

しかし、SSD 480GBにアップグレードして追いつくとしても10,800円のアップであり、価格ではまだまだ勝っている。もっとも、性能ではCPUとグラフィックボードの両方で上回っているため、多少価格がオーバーしても劣るわけではない。フルHDであれば十分満足の環境を構築することが出来るハイコストパフォーマンスモデルだ。

>>>>>GALLERIA XFRを購入する<<<<<

GALLERIA XFRパソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ