GALLERIA XGレビューとスペック情報 | GTX1080とi7-7700とハイスペックゲーミングマシーンの登場

galleriaxg
GALLERIA XGのレビューとスペックの解説をしている。

2016年5月28日に発売された最新のグラフィックボードGTX1080を搭載している。

ブランド名GALLERIA
製品名XG
価格Windows 10/204,980円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1080
メモリDDR4 8GB
SSD500GB
HDD2TB
電源800W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★☆☆☆☆☆☆

GALLERIA XGスペック解説

ガレリアXGは、最新の圧倒的性能を誇るGTX1080を搭載したウルトラハイエンドモデルだ。尋常ではない性能で、ゲームプレイに一切のストレスを生まない。登場時と比較して電源は800W GOLDから700W BRONZEへランクダウンしている。また、メモリ容量もダウンとなった。

価格に変動は無く、構成も基本的にランクダウンしているがCPUはi7-6700Kとなっている。GTX1080搭載モデルとしては価格が少し高すぎるようにも感じる。構成が似ているとは言え、上位モデルのGALLERIA ZGと1万円程度の差しかない。

充実した装備が魅力ではあることは否定しない。ただ、上位モデルより軽装で価格が抑えられていることも特徴のXシリーズ。キャンペーン対象になりやすいはずが、歴代のXGと同じくキャンペーン内容はそれほど大きくない。

CPU性能が上がったことでパフォーマンスに関しては上々だ。そこを評価するには価格が釣り合っていない。今後のキャンペーンに期待するとともに、比較対象を確認して欲しい。GTX1080搭載ゲーミングPCとして評価されているモデルを選んでみた。

セールの値引きも小さく、コストパフォーマンスは大きく低下している。性能は高いが、序盤にあった圧倒的なお得度は低くなっている。それでも当初は1万円ほど高かったことを考えればまだ形にはなっているが…。

構成は万人ウケするもので、誰に対しても無難な評価となるだろう。特筆すべき点は電源の品質くらいしかないが、欠点もないドスパラのオールランドな強みは健在だ。性能よりも品質に力を入れている製品なので、コストパフォーマンスを求めるなら避けたほうがいい。

性能は高いので、ゲームに関して不安になる要素はほとんどなくストレスフリーを実現できる。電源容量は余裕を持たせた700Wでパフォーマンスを維持する力にも長けている。ハイエンドモデルに求められる最低ラインをクリアしていると言える。使用にあたって不満は生みにくいだろう。

対応ゲーム

ガレリアXGは多くのユーザーが満足する性能を持っている。現在もっとも高い要求スペックを楽にクリアしているため、これ以上はオーバースペックになってしまう場面が増える。グラフィックパフォーマンスはシングルGPU史上最強と言えるだろう。

GTX1070と違い、こちらは4K解像度でのプレイを想定していないと性能を活かし切れない。ウルトラハイエンドであるため、4K解像度でゲームをプレイするという前提がある。4K解像度に対応していないモニターを使用していたり、4K解像度に対応していないゲームしかプレイしないのであれば無駄となってしまう。

性能が高いことで長寿のゲーミングPCとして用いるにはコストパフォーマンスが悪い。その役目はGTX1070に丸投げし、GTX1080は高みを目指すべきである。高解像度でゲームプレイをする予定が無いのであれば避けたほうが良いだろう。

フルHDでももちろん安定した動作が可能ではある。ただ、価格を考慮すると是非とも高解像度でその真価を発揮してもらいたい。新作のゲームをチェックするような、生粋のゲーマーにとって性能を気にしなくて良いというメリットは大きいだろう。

プレイしたいゲームを快適にプレイできる、そんな当たり前のようなゲームライフを送れる一品だ。CPUがi7-7700であることで最上、最良とは言えないかもしれないが、性能面で不安は無いはずだ。ただしゲーム以外の用途では少し遅れを取ることもあるかもしれない。

MMORPGでもFPSでも、パソコンゲームであればサクサク快適にプレイすることができる。CPUは最上位モデルではないが、必要十分といったところ。ハイエンドと呼べるだけのパフォーマンスは持っているので、性能不足を心配することは一切なくなる。ただ、動画編集は得意とは言えないので注意が必要で、あくまでもゲームプレイに特化した構成だ。それ以外の用途では力を出し切れない、オーバースペックのどちらかになりやすい。

もう少し価格が安ければワンランク上の製品として購入するという選択肢もあったかもしれない。ウルトラハイエンドであることを考えればバランスは少し悪いかもしれない。北米価格で登場していれば、きっと多くのユーザーがストレスから解き放たれたことだろう。そんな中で、搭載モデルのゲーミングPCはコストパフォーマンス的に大健闘していると言える。ゲームに一切のストレスを感じたくないユーザー必見だ。

従来モデルとの比較

旧GALLERIA XG

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大525GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 199,980円(キャンペーン時 196,980円)
  • Windows 7 203,980円(キャンペーン時 200,980円)

一見5,000円しか変わらないように思える。ただ、CPUがi7-6700Kでこの価格だ。ただ、従来のGALLERIA XGも一時期i7-6700だったこともあり構成自体は不安定だ。第7世代搭載の現行モデルも、キャンペーンもそうだが構成の変更で大化けする可能性はある。

従来モデルは価格からGALLERIA ZGに追いつくことはついに無かったが。しかしながら、新生GALLERIA XGは可能性が無いわけではない。歴代でもコストパフォーマンスはあまり良くないシリーズだけに、今回こそはと期待したい。もう少し、せめて18万円台にまでなってくれればおすすめもしやすいのだが…。

似ているゲーミングPCとの比較

GALLERIA ZG

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…3TB
  • SSD…525GB
  • 電源…800W GOLD
  • Windows10 219,980円

15,000円アップとなる。CPUが最上位の第7世代i7-7700Kとなっているため性能は高い。また、HDD容量も3TBになっており、メモリ容量も倍増の16GBだ。電源は高品質で安定している大容量800WのGOLDモデルを採用している。

15,000円アップを安く感じてしまうが、この評価は分かれそうだ。GTX1080搭載モデルとしては高価だ。それでもそれに見合う構成を持っているのでおすすめしやすい。GALLERIAシリーズで最も洗練されたZシリーズで、惜しむらくは従来と異なりSSDがSATA3.0に変更されている点だろうか。

>>>>>GALLERIA XGを購入する<<<<<

実機レビューはこちら

  • GALLERIA XGの実機レビュー
  • 当モデルの実機レビューをまとめている。ベンチマーク等詳細に分析しているので購入検討中の方は参考にして欲しい。

ガレリアケースレビュー

PCケース

xgfrontcase

ケースの大きさは 幅21cm、奥行き52cm、高さ45cmと奥行きが若干大きくなっている。その大きさの分だけで排熱性能と拡張性が優れていると言えるだろう。フロントI/Oには利便性の高いUSB3.0が2つ、SDカードリーダーが1つ、マイク、ヘッドフォンの入力端子が一つずつ搭載されている。また、電源ボタンとは別のリセットボタンも備えられているので突然のフリーズなど、緊急時にも対応することが出来る。DVDスーパーマルチドライブは標準のものを搭載しているので、書き込みや読み出しなどの通常の使用であれば不満は無い。吸引口は大きめのメッシュ加工されているのでエアフローのことも考えると排熱性能は非常に高いので安定性の良さも見受けられる。

排熱処理について

xgファン

特徴的な構造としては、本体の下部に電源を配置していること、そして下部にも吸引口があるので抜群の排熱効率だ。合計4箇所にファンを取り付けることが可能なので、ハイスペックなパソコンやオーバークロックにも耐えられる排熱性能を誇る。とは言え、電源やCPUやグラフィックボードにはデフォルトで専用のファンが搭載されているので全ての部分にファンをつける必要はない。それらのパーツから出た熱をそのまま外に排出するように取り付けるだけでも十分だ。前面パネルからの吸引により、HDDなどの熱はそのまま後ろ側に流れる構造になっているので熱の循環に関してはトップクラス。

PCの拡張性

XG内部

見て分かる通り、ミドルタワーの良さである拡張性とスペースの余裕は大きい。3.5インチシャドウベイは4つの空きがあり、HDDやSSDの増設に対しても余裕がある。近年ではそこまで利用者が少ない5インチベイも3つ空きがあるのでRAIDを組んだりするときの予備スペースとしても活用できる。性能はもとより、内部の細部まで拘った構造こそがガレリアの最大の特徴でありウリでもある。この点に魅力を感じないのであれば、コストパフォーマンスはそこまで高くないかもしれないが、後々のことを考えるとあっても困らない。メモリスロットは4つあり、空きスペースは2つで最大32GBにまで対応している。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ