GALLERIA XHのレビューと評判徹底解説 | GTX1050Tiとi7-7700搭載だが特筆すべき点がない

GALLERIA XH

GALLERIA XHのレビューをしている。

コスパに優れたグラフィックボードGTX1050Ti搭載モデルとなっている。

ブランド名GALLERIA
製品名XH
価格Windows 10/129,980円(キャンペーン時127,980円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1050Ti
メモリ8GB DDR4
SSD250GB
HDD2TB
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

GALLERIA XHスペック解説

GALLERIA XHは、MHがミドルタワーになり、HDDを1GBから2GBにアップグレードさせたモデルだ。ミドルクラスとしては平均的な価格と性能ながら、特筆すべき点は無い。高い性能を持つCPU i7-7700、標準程度の性能を持つグラフィックボード GT1050Tiを採用している。拡張性、エアフロー、排熱効率の向上はゲーミングPCの性能として大きいので評価に値すると考えている。しかし、このミドルクラスでは上位クラスと比べるとその効果はどうしても薄くなってしまうだろう。

高いコストパフォーマンスは魅力だが、ハイエンドクラスと同等の価格になりつつあるミドルエンドクラスと近いのが気になる。GTX1050Ti搭載でデュアルストレージもしっかりしており、かなり優秀な構成となっている。しかし、GTX1050Ti搭載モデルの最大の難点である上下との価格差があまり無いことが浮き彫りになってしまっている。おすすめしにくいのは、やはり比較対象との価格が近いことが挙げられる。GTX1050ほどではないが、低価格が魅力という部分もあることを考えると利点を潰してしまいそうだ。やはり構成がしっかりすればするほど上下の価格差が気になる。

構成だけ見ればそこまで悪くないが、どうしても価格との釣り合いは取れているように見えない。正直なところ、GTX1050Ti搭載モデルを選択するのであれば豪華過ぎる。これではGTX1060搭載モデルとほぼ同じ価格である。GTX1050とGTX1060との間に挟まれているだけあって価格設定が難しそうだ。それにしても上位モデルであるGALLERIA XJとの価格差はほとんど無い。僅かな金額で大きな性能の違いとなるなら、このモデルをおすすめすることは出来ない。i5-7500を搭載したDシリーズなら或いは…。

とも思うが、そもそもGTX1050Tiは上と下が強敵過ぎて、どうしようもなくなってきている。長所と短所が同じであり、長所はGTX1050より性能が高くGTX1060より低いこと。これはそのまま中途半端な位置を表す短所になってしまっている。もう少し変化があればとも思うが…。扱いが難しく上と下のいいところを両方取っている、あるいは器用貧乏な立場だ。12万円を超える価格となると、ワンランク上の構成すら手が届く。もはや10シリーズ搭載モデルで12万円となるとハイエンドクラスの価格だ。充実した構成がかえって仇となるケースがまさにこのモデルだろう。

タイトル

ミドルエンドクラスであるため、最新のゲームでも設定次第で快適にプレイすることができる。ただし、VRや4K解像度などの最新の技術には適していない。フルHD環境でのみ標準程度のパフォーマンスを発揮することが可能だ。

製品自体は評価し辛いが、GTX1050Tiは非常に扱いやすいグラフィックボードであり、人気はなかなか高いものだ。VRや4K解像度などの高解像度には対応出来ないが、多くのゲームに対応するパフォーマンスを持っている。予備電源を必要としないグラフィックボードとしては最高の性能であるため、ビジネスモデル等の一般的なパソコンに搭載するケースが多い。

このGTX1050/GTX1050Tiの登場でゲーミングPC化しやすくなった。ゲーム以外の用途で購入したパソコンに、ゲームをプレイ出来るグラフィックボードを搭載するというのはこれまで非常に手間があった。それは補助電源の有無や電源容量による影響が大きかった。

省電力で性能もミドルエンドクラスに匹敵するこのGTX1050Tiはまさに、ゲーム用途以外のパソコンをゲーミングPC化する時には非常に重宝するモデルだ。搭載モデルとしても性能は十分であるものの、比較対象やライバルの存在のせいで目立たない。ゲーミングPCとして購入するのであれば、少し様子を見たいところだ。

価格がもう少し控えめであったならば、GTX1050Ti搭載モデルはフラグシップ、スタンダードとして君臨したことだろう。惜しむらくはライバルとなる製品が非常に優秀だったことだ。グラフィックパフォーマンスは価格あたりで考えると優れている。しかし、ゲームの複数起動には適していない。こういった特性からライトゲーマー向けのようにも見えるが、実は万人受けするようなモデルだ。

グラフィックボード単体であれば素晴らしい評価だ。一方で、搭載モデルとなるとライバル達の存在が大きくなり影が薄くなる。比較対象とよく吟味して選択して欲しい。

従来モデルとの比較

旧GALLERIA XH

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1050Ti
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大250GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 134,980円(キャンペーン時119,980円)
  • Windows 7 139,980円(キャンペーン時127,980円)

定価で言えば現行モデルのほうが安いが、GTX1060 3GBを搭載していたGALLERIA XT3Gという製品が存在していたため常時セール状態だった。そこを踏まえるとキャンペーン時で8,000円の差がついているのは痛い。

CPUの性能が上がったとは言え、コストパフォーマンスは低くなってしまっている。比較対象にも出てくると思うが、同じ価格帯で優れた製品が多く存在している。まずはそちらをチェックしてみても遅くはない。

現状、下位モデルのGALLERIA XSとの関係を考えれば、これ以上のキャンペーンは期待しにくい。キャンペーンが魅力のGALLERIAシリーズだけに致命的であると言える。

他モデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-TD

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…3TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 129,800円

同じ価格帯で優れた性能を持つ当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだ。

ほぼ同じ価格帯ながら、CPUの性能とグラフィックボードの性能はこちらのほうが高い。また、電源のランクでも上回っている。ゲーミングPCとしても非常に高い完成度で、i7-7700K搭載でこの価格はなかなか素晴らしい。

基本構成も同等であり、違いがあるとすればミニタワーとミドルタワーであることくらいだろうか。それによる違いは光学ドライブとカードリーダーが搭載されているかである。これを求めるにしても、やはりGALLERIA XHとでは比較にならない。

光学ドライブとカードリーダーは非搭載だが、外付けで対応することも増設することもできる。性能、構成、コストパフォーマンス、やはりどれを見てもNEXTGEAR-MICRO im570SA2-TDをおすすめしたい。

性能やコストパフォーマンスを重視するのであればこのモデルも是非選択肢に入れて欲しい。ほぼ全ての面で上回り、フルHD環境であれば最高設定でプレイできるゲームのほうが圧倒的に多い。誰もが求める性能を持ち、誰もが求めるコストパフォーマンスがある。

>>>>>GALLERIA XHを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ