GALLERIA XSのレビューと評判 | GTX1050とi7-7700採用、低価格ゲーミングPCの代表格

GALLERIA XS

GALLERIA XSのレビューをしている。

ゲーミングPCの価格を抑えたい方向けのモデルとなっている。

ブランド名GALLERIA
製品名XS
価格Windows 10/124,980円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1050
メモリ8GB DDR4
SSD250GB
HDD1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★☆☆☆☆☆☆☆☆

GALLERIA XSスペック解説

GALLERIA XSは、期待の10シリーズに登場したミドルクラスのグラフィックボードGTX1050を搭載したモデルだ。GTX1050の性能はGTX960に近いが、価格はGTX750Tiに近い。上位クラスと違って大きな変化は見られない。しかし、旧製品と比べてしっかりと底上げされているのが特徴だ。パフォーマンス自体はGTX950搭載のGALLERIA XHと同等であることを考えると、単純に2万円近く安くなっているということだ。

多くのゲームを標準設定で快適にプレイできるというのはメリットだ。従来の低価格帯のモデルと違い、十分な性能を持っていると言える。これはこれまで高くて買い替えが出来なかったユーザーにとっては手が出しやすくおすすめだ。

しかし、一方でVRや4K解像度には対応しておらず、ゲームによっては設定を大きく下げなくてはゲームをプレイできないこともある。底上げされたとは言えミドルクラスであるため、期待し過ぎてはいけない。ただ、低価格がウリであるグラフィックボードを搭載したモデルとしてはCPUが優秀とは言え少し厳しいか。

GTX1050搭載モデルにi7-7700は少しもったいない気がする。この性能である以上、コストパフォーマンスはどうしても悪くなってしまう。ただ、10シリーズの登場で価格が低下したことを考えれば、GTX1050は10万円以下のモデルでこそ輝く。

もっとも、i7-7700を搭載していればこのくらいになってしまうのは当然だが。ゲーミングPCとしてはアンバランスな構成で、どう頑張っても10万円を超えてしまう。そうなると他の優秀な製品も比較対象として上がってきてしまう。

本来、GTX1050搭載モデルは低価格で唯一無二のモデルである。GTX1050Tiの存在を無視してしまったが、やはり性能差のあるグラフィックボードがあるのだから、高い性能は別のグラフィックボードに任せたほうが良い。

ゲーム

標準より少し下となる性能を持つGTX1050を搭載したモデルだ。CPU性能が優秀であり、標準より下とは言え最低限必要な性能であるためバランスは良い。

GTX1050は安価なグラフィックボードであり、補助電源を必要としない省電力性も魅力だ。低価格+省電力から導き出される答えの通り、性能は高いとは言えないが必要最低限のものはあるだろう。MORPGでも設定を下げることである程度対応することが可能で、多くのゲームをプレイすることが出来る。基本無料のオンラインゲームであれば幅広く対応することが出来る。

ただし大きく設定を下げなければ快適とは言えないゲームも存在しており、最新のゲームに関してはその傾向が強い。今後更に重いゲームが登場してくることを考えると、ヘビーゲーマーには適していない。また、性能が低いからといって2Dゲームに適性があるというわけではない。

古いゲームだとグラフィックボードが搭載していることで負荷を感じやすくかくつきやすい場合もある。ライトゲーマー向きのモデルだが、CPUの性能が高いことからゲーム以外の用途にも使いやすい。ゲームもするがゲーム用と考えていないのであれば選択肢としてはありかもしれない。

VRや4K解像度には対応していないがフルHD環境向けの低価格モデルとしては十分だ。最高設定は厳しいゲームも多いのは事実だ。しかし、標準設定程度であれば快適にプレイできるタイトルも同様に多い。良くも悪くもミドルクラスであるため、性能に関しては大きな期待は禁物だろう。

総合的に見るとGTX960よりもGTX950に近い性能であるため、NVIDIAの言葉を借りるならMOBA系のゲームに最適なのだろう。実際はGTX950よりも扱いやすく、GTX950の扱いにくさを継承しているのはGTX1050Tiなのだが…。

従来モデルとの比較

旧GALLERIA XS

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大120GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 109,980円

SSDが従来モデルより倍増しているとは言え、15,000円アップというのは厳しい。正直、従来モデルの109,980円ですら安いとは言い辛い価格帯なのだ。それが似た構成で12万円台ともなると、とてもじゃないがおすすめ出来ない。

ただ、値段自体はここから下がってくるだろう。キャンペーンに関しては対象となりにくいので何とも言えず、期待はしないほうが賢明だろうか。コストパフォーマンスも性能も高いとは言えないので、ゲーミング用途としては価格以上の価値はない。

CPUが優秀であることは確実なので、そちらに期待するならありかもしれないが、それならゲーミングである必要はない。

似ているゲーミングPCとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-SH2-TD

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…256GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 129,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだ。やはりこの価格帯では無類の強さを誇る。i7-7700KとGTX1060 3GBによるハイエンドモデルが同じ価格帯である。

構成等も考えて5,000円程度の差であるならこちらを選択したほうが賢明に思えてしまう。弱点らしいものは無い。唯一挙げるとすれば光学ドライブが非搭載であったりと機能面に関しては劣っている。

この点を重視するユーザーは少ないかもしれないが、必要であれば増設や外付けのもので対応しなくてはならない。

>>>>>GALLERIA XSを購入する<<<<<

実機レビューはこちら

  • GALLERIA XSの実機レビュー
  • 当モデルの実機レビューをまとめている。XSをGTX1060 3GB搭載モデルと比較している。価格帯が似ているためだ。

GALLERIA XSパソコンケースレビュー

  • GALLERIA XS ミドルタワーのレビュー・考察
  • ガレリアシリーズのミドルタワーケースのレビューを行っている。一番売れているシリーズのケースで機能性・拡張性共に高いレベルでまとまっていると言える。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ