GALLERIA ZFのレビューと評判徹底解説 | GTX1080とi7-6700Kを搭載した高パフォーマンスモデル

galleriazf

スペックの高いゲーミングPCであるGALLERIA ZFの紹介だ。

ガレリアのZシリーズは高性能の上でSSDが搭載されているものも多くおすすめだ。GTX1080に続いて登場したPASCALの新鋭GTX1070を搭載している注目のモデルとなっている。

ブランド名GALLERIA
製品名ZF
価格Windows 10/187,980円(セール時179,980円)
Windows 7/187,980円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX1070
メモリ16GB DDR4
SSD250GB
(キャンペーン時NVMe 256GB、Win7はSATA3.0 480GB)
HDD2TB(キャンペーン時3TB)
電源500W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス・通常時
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

・キャンペーン時
★★★★★★★★★☆

GALLERIA ZFスペック解説

ここがイイ

  • ストレージが非常に優秀
  • コストパフォーマンスも優秀

ここがイマイチ

  • コストパフォーマンスはいいが、価格が高め

ガレリアZFはGTX1070、i7-6700K搭載の優れた構成とコストパフォーマンスが非常に優秀なハイパフォーマンスモデルだ。コストパフォーマンスの高さは相当なものでSSD 250GBも標準搭載で構成は完璧だ。非常に魅力溢れる構成で、性能に関しては文句のつけようがない。

非常に優秀なキャンペーンが魅力で、構成も充実しており、最高クラスと言っても過言ではない。性能、構成、バランス、全ての項目で最高評価されてもおかしくない。難点は豪華にしたことで価格が高くなってしまっている点だけだ。

価格だけ見ればGTX1080搭載モデルに匹敵してしまう。それでもこの装備は選択する価値があるように思う。このモデルを選択するユーザーは価格で決めるのではなく、性能と構成で決めるべきである。

つまり、予算がピッタリだからという消去法に近い選択の仕方は向かない。価格に見合った性能かというと難しいからだ。低評価しているわけではなく、性能以外の部分に力が入れられている製品である。

特にNVMeはRAMDISKに匹敵する速度を誇るが、用途が定まっていないのであれば宝の持ち腐れになる。ほぼ常時キャンペーンが適用されているZシリーズであるため、ここまで評価は一定だ。これ以上のキャンペーンは早々適用されることは無いので、いつ購入しても大体同じだ。

GTX1070は、GTX1080に続いて登場したPASCALの新鋭。驚くべきは10シリーズ屈指のその高いコストパフォーマンスを支える価格だ。GTX1080はやや高めとなってしまったが、GTX1070は期待値通りの価格設定だ。これにより、パソコン自体もしっかり値段が抑えられている。

また、予想していた性能はGTX980TiとGTX980の間くらいに置いていたのでGTX980Tiをしっかり上回るとは驚いた。価格か性能、どちらかは公開当初の情報より悪くなると思っていたのだが…。

フルHD、4Kどちらにも対応しやすいハイブリッド的なポジションになりそうだ。しかし、GTX1080と違って性能はまだ常識の範囲内と言える。その点ではフルHD環境がメインのユーザーにも選びやすいのではないだろうか。

ゲームプレイの対応状況

発売間もないので、GTX980Tiよりも性能が高いという情報をベースの予想となるが、ゲームに関してはフルHDでは当然オーバースペックになる。あくまでGTX1080と比べると選びやすいというだけで、性能自体は高すぎる。

しかしながら4K解像度で最高設定で快適にプレイできないゲームが存在している可能性もある。Fallou4などはGTX1080が初めてシングルGPUで4K解像度で最高設定で快適にプレイできたグラフィックボードとされている。

ユーザーによっては中途半端に感じるかもしれないが、強化版GTX980Tiというのが現状だろうか。手頃な価格が魅力のウルトラハイエンドは、GTX970のような下方修正がないことを信じたい。

他モデルとの比較

NEXTGEAR i650GA7-SP3

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 159,800円

キャンペーン時と比べると2万円ダウンで、構成は大きく劣るものの性能は同等のモデルだ。HDD容量やSSD自体がキャンペーン時と比べると圧倒的に下回る。2万円アップでGALLERIA ZFと同じ構成にすることは不可能だ。

このモデルはZFでは豪華過ぎるというユーザーに最適だ。最大の特徴は純粋な性能と価格の関係であるコストパフォーマンスが優秀であるというところだろう。予算は多く取れないが、性能の高いモデルが欲しいなら選択肢に入れても良い。

LITTLEGEAR i310GA5

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 139,800円
  • Windows 7 144,800円

更に価格が抑えられたGTX1070搭載最安値モデルだ。CPUをカスタマイズでi7-6700Kにしたいところだが、あいにくCPUカスタマイズに対応していないようだ。価格が安いにもかかわらず構成も性能もなかなか優秀なのは◎。

この価格帯では最も性能が高いのは間違いなしだ。ただ、コンパクトケースであるため拡張性と排熱性能が犠牲になっている。そのため、高負荷に対応するウルトラハイエンドモデルであるに関わらず、長時間のゲーム起動には冷却性能的に最適とは言えない。

特に夏場はエアコンの調整が重要になってくる。ゲーミングPCとしては致命的というわけではないが、パフォーマンスの低下については環境に依存することでもあるため程度には差があるだろう。

>>>>>GALLERIA ZFを購入する<<<<<

GALLERIA ZFパソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ