GALLERIA ZGレビューと考察 | GTX1080とi7-6700Kと最高峰パーツ採用、満足度の高いモデル

GALLERIA ZG

GALLERIA ZGのレビューをしている。

Zシリーズは、ガレリアの中でもトップクラスの性能を誇る。ドスパラの売れ筋モデルの一つだ。

ブランド名GALLERIA
製品名ZG
価格Windows10/213,980円
Windows 7/221,980円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX1080
メモリ16GB DDR4
SSD256GB
(キャンペーン時NVMe256GB、Win7はSATA3.0 最大525GB)
HDD2TB
(キャンペーン時3TB)
電源800W 80PLUS GOLD
コストパフォーマンス★★★★★★★★☆☆
ここがイイ

  • コストパフォーマンスが良好
  • 性能が圧倒的に高い

ここがイマイチ

  • フルHD環境下では圧倒的なオーバースペック

GALLERIA ZGスペック解説

GALLERIA ZGは、コストパフォーマンスMAXのGTX1080搭載ハイエンドモデルだ。キャンペーン中はGTX1080搭載モデルの中で最も豪華な構成となっているゲーミングPCの一つだ。ほぼ常時キャンペーンが行われているので安心してほしい。

ついに登場した最新のPascal世代のグラフィックボードGTX1080搭載のゲーミングPCだ。驚異的な性能を持っており、GTX980SLIと同等以上のパフォーマンスを発揮する。シングルGPUとしてはTITAN Xをも凌駕している。単体であればコストパフォーマンスはそこそこだが、搭載モデルのゲーミングPCであれば素晴らしい。ゲーミングPCの常識を覆すほどの性能を持っている。

その存在感は全てを過去にしてしまうほどで、これまでのグラフィックボードと一線を画している。i7の最上位クラスであるi7-6700Kとの組み合わせなのでこれ以上は難しいが…。性能で言えばだが、i7-6700Kですらボトルネックになるのではないかと懸念してしまう。ただし、構成は非常にしっかりしているが、どうしても価格が上昇し過ぎているように感じてしまう。値段が高くなりすぎてウルトラハイエンドと同等レベルになってしまっているのが気になる。

特徴としては、ストレージが強力なことが挙げられる。RAMDISKに匹敵するNVMe SSDを搭載し、3TBの大容量HDDを採用している。ストレージは無類の強さを誇っている。最上位のCPUにハイエンドのグラフィックボードなので高い性能を有している。しかし、値段が高くなりすぎてウルトラハイエンドと同等レベルになってしまっているのが気になる。

メモリは理想的な16GB、電源はなんと800W GOLDと余裕のある高品質な製品を採用となる。構成では他の追随を許さない圧倒的なものだ。ただ、それだけ豪華に充実した装備を持っているということは当然価格が高くなる。

GTX1080搭載モデルの最上位クラスと考えるとゴキゲンだ。しかしながら、GTX1080搭載のミドルモデルと性能は同じだ。純粋に価格あたりの性能で見るとやや劣る。マイナス要素はその価格の高さだが、潜在能力はそのマイナス要素を補って余りある。

対応可能タイトル

発売したばかりで多少割高ではあるが、それに見合う価値は十分にある。GTX980SLIと同等以上の性能でありながら、発熱と消費電力と価格はしっかり抑えられている。性能はSLIでベースはシングルGPUで、双方のいいとこ取りだ。ウルトラハイエンドの中でも頂点に君臨するため、より高みを目指すユーザーにおすすめだ。特に4K解像度でのパフォーマンスは異常なほど高く、高負荷で力を発揮するようだ。

ゲームに関しては何の不安も無く、4K解像度にも完璧に対応することができる。フルHDではオーバースペックとなるが、ゲームによっては少し余裕がある程度となることもある。DirectX12に関して言えばGTX1080でも最適というわけではない。プレイするジャンルでも大きく変わるが、フルHD環境でVRに全く興味が無いなら下位モデルを待つのも一つだろう。

ゲームに快適性をもたらすのは何も性能だけではないことを証明する製品だ。NVMeはこれまで特殊なストレージであったRAMDISKと同等の超高速が魅力だ。ゲームの起動やローディングにかかる時間を大幅にカットしてくれるだろう。また、体感できるのはロードの長いゲームや場面に限るため、ゲームによっては恩恵を体感できないこともある。性能よりも構成に重きを置いているのでユーザーによってはコストパフォーマンスが悪く感じるかもしれない。

保存容量も3TBと、プレイしなくなったからとゲームを削除しなくても余裕だ。アンインストールしてしばらくするとまたプレイしたくなることもあるが、そんな再インストールの手間も無くなる。構成的にライトゲーマーよりも、コアなゲーマー向けな気もする。誰が使っても快適に動作するという意味では万人受けする。後は価格がどうにかなればというところだろうか。それでもかなり安くはなっているのだが、他製品も安くなっているため評価はそこそこだ。

比較

NEXTGEAR i650PA7-SP2

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…3TB
  • SSD…480GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 189,800円

電源とSSDがランクダウンするが性能は同等のゲーミングPCだ。価格がセール時と比べて2万円ほど安いのが魅力。SSDの容量は480GBにアップしているところは良い。しかし、NVMeではなくなるため、評価はやはり下がってしまう。

それでもコストパフォーマンスは優秀である。20万円を超えるゲーミングPCは流石に手が出しにくいと思うので、GTX1080搭載モデルの選択肢の一つになるだろう。GALLERIAシリーズと違ってキャンペーンやセールが少ないG-tuneは、元々が安く優秀であることが最大の武器だ。

NEXTGEAR-MICRO im570PA4

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 169,800円
  • Windows 7 174,800円

CPUがワンランクダウンとなるi7-6700であるため、性能は落ちることになる。しかし価格も大きく下がってセール時と比べて4万円ダウン。GTX1070搭載モデルに近づく価格でコストパフォーマンスもなかなか秀逸だ。

排熱性能も高いG-tuneのミニタワーは熱によるパフォーマンスの低下を懸念しなくても良い。構成は大きく劣るものの、GTX1080搭載モデルとしては最低限必要な装備は揃っている。安く、性能の高いゲーミングPCを求めるユーザーにとっては選択肢に入ってもおかしくないが、性能を求めるユーザーにとってはやや不満かもしれない。

>>>>>GALLERIA ZGを購入する<<<<<

GALLERIA ZGパソコンケースレビュー

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ