GALLERIA ZT-SLI(ガレリア)のレビューと評判ガイド

GALLERIA ZT-SLI

GALLERIA ZT-SLI(ガレリア)のレビューと評判をまとめている。

SLIの中でも比較的リーズブルな価格になっているため購入しやすいモデルだと言える。

ブランド名GALLERIA
製品名ZT-SLI
価格Windows 10/214,980円
Windows 7/218,980円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX960 SLI
メモリDDR4 16GB
SSD250GB
HDD2TB
電源800W 80PLUS GOLD
コストパフォーマンス★★★★★☆☆☆☆☆

GALLERIA ZT-SLIスペック解説

ここがイイ

  • 構成が贅沢でGTX980と同等以上
  • GTX980搭載の同構成よりも価格が安い

ここがイマイチ

  • SLIであることによるデメリット(手間と不安定さ)
GALLERIA ZT-SLIは、GTX960を2枚搭載したことで性能をGTX980と同等以上まで引き上げている。更にPalitのOCモデルであるため性能はリファレンスモデルよりも高くなっているのが特徴だ。当然価格もそれなりに高くなり、消費電力の上昇や発熱といった問題も出てくる。

ただし、ケースはガレリアの上位モデルとなり排熱性能は格段に高くなっているので熱に対する問題は概ねクリアしていると考えて良いだろう。個人的にはケースのデザインが好きだ。消費電力も数年前と違って省電力が主流となり、2枚挿しになったところで1000Wを超えるような電源は必要ない。今は手軽にできることもあって、ハイエンドモデルを選択せず、安価で組むことができるミドルエンドのSLIを選択するユーザーも少なくない。

音が大きくなったり、シングルと違って不便なところも出てくるがコストパフォーマンスを重視するなら選択としてはあり。また、ユーザーが憧れる構成だからこそ所有欲を満たしてくれるだろう。

注意点は他にもあるので「SLIについて」を確認してもらいたい。動作が不安定になる可能性があるのでこのくらいの性能であれば1枚のグラフィックボードのほうが優れた面も持っている。

対応可能タイトル

性能はハイエンドとなるので、フルHD環境であれば最高設定でさくさく動作する。

注意しなくてはいけないことがある。それはSLIに対応していない場合性能は通常GTX960よりも下がってしまう可能性があることだ。また、動作がシングルに比べると不安定になりやすいこともある。通常起こりえない不具合の発生時の対処法が記載されにくいというデメリットがある。

SLIにすべてのゲームが対応しているわけではないということを視野に入れると、GTX960シングル起動も考えなくてはならない。そうそうあることではないが、リスクとして存在している以上考慮しなくてはならないだろう。性能では一切問題はないが、ゲームごとに対応しているか確認しておいたほうがいい。

SLIであるということ自体がメリットとデメリットを併せ持っていることを理解しておこう。

他モデルとの比較

GALLERIA ZG

GTX1080搭載で性能はほぼ同じくらいで構成も同じだが、価格は少し高くなっている。コストパフォーマンスがこちらのほうが高いのは安定性を重要視した結果だと言える。

特に何の確認もせずゲームを快適にプレイすることができるという当たり前のことができる。SLIが悪いわけではないが、シングルGPUと同性能で同価格帯なら不利だろう。

シングルGPUの性能をSLIで出すのはあまり効率が良くなく、ウルトラハイエンドに追いつくならばまだしもハイエンドクラスならシングルGPUを推奨したい。

>>>>>GALLERIA ZT-SLIを購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ