MASTERPIECE i1720PA1-SPの評判とレビュー | i9-7900XとGTX1080Ti SLI搭載の怪物マシーン!

i1720PA1-SP

MASTERPIECE i1720PA1-SPの評判とレビューをまとめている。

スペックを見るとわかると思うが万人受けするモデルではない。しかし、実際に購入しなくても見ているだけでもわくわくすることだろう。

ブランド名MASTERPIECE
製品名i1720PA1-SP
(プラチナカスタム)
価格Windows 10/519,800円
CPUCore i9-7900X
GPUGeForce GTX1080Ti SLI
メモリ64GB(クアッドチャネル)
SSDNVMe 512GB
HDD3TB
電源1200W GOLD
備考オリジナルのマウスと
キーボードが付属

・オリジナルマウス
「Laser Mouse」
(8200DPI レーザー
マクロ機能搭載)

・オリジナルキーボード
「Mechanical Keyboard」
(Cherry MX
黒軸メカニカルキー採用)
コストパフォーマンス-

スペック解説

特徴

MASTERPIECE i1720PA1-SPは、GeForce GTX1080Ti SLIとCore i9-7900Xを搭載したモデルだ。ゲーミングPCショップであるG-tuneが誇る最上位モデルとなっている。価格は税抜きでフリーザの戦闘力並と、かなりふざけたように見えるが実は相応な代物。

X299チップセット採用はもちろんのこと、CPUも現状最高位のi9-7900Xを搭載している。驚きの10コア20スレッドは一体何にどう使えば良いのか分からない。CPUクーラーは水冷であるため、CPU温度管理はかなり安定している。少なくともゲーム用途では限りなく無駄に近いが、どんなゲームでも最高の環境を用意できるかもしれない。浪漫である。

ただし、単コア性能が重要なゲームの場合はi7-7700Kより不安定になることもある。最新であり、CPU負荷が異様に高いようなゲームでは力を発揮できるだろう。今現在そういったゲームは無いが、将来を考えた場合に無くはない選択肢だろう。

ゲームを支えるグラフィックボードも凄まじい。GTX1080Ti SLIである。2枚のGTX1080Tiなら4K解像度どころか、その更に上の環境でもサクサク動作する。全てを支える電源も1200W GOLDと大容量で、安定した電源供給が可能となっている。

ストレージはこの価格、最上位としてはもう少し欲しかったが…NVMeの512GBなら及第点だろう。クアッドチャネルを活かした64GBのメモリも、もはや一般的なゲームをプレイするための製品ではない。ゲームを究極的なプレイ方法で運用したり、とても重いアプリケーションの同時起動などの用途だろう。一般的なゲームプレイをメインとしている筆者には想像もつかない世界だ。

MASTER PIECEはケースが重厚で金属である。冷却性能、拡張性、排熱性能、どれを取ってもパソコンの筐体としてはトップクラスだ。更に、マウスはゲーミングデバイスとしてそのまま運用できるオリジナルマウス。キーボードも同様に黒軸採用のメカニカルキーボードが標準で付属している。

まさに至れり尽くせりなモデルだ。これより優れるゲーミングPCはほとんど無いだろう。だが、このモデルを使いこなせるユーザーもほとんど居ないだろう…。

フルHD環境でのゲームプレイなら、性能の60%くらいは無駄になってしまう。4K解像度でのプレイであってもここまでの性能は必要ない。ではどのようなユーザーに適しているのだろうか。それは、このモデルを必要とするユーザーや魅力や浪漫を感じたユーザーだ。ここまでくると、インスピレーションも重要な要素となるだろう。

>>>MASTERPIECE i1720PA1-SPを購入する<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ