LITTLEGEAR i310PA7の評判とレビュー | GTX1080とi7-7700搭載、圧倒的な性能のキューブ型PC!

LITTLEGEAR i310PA7

LITTLEGEAR i310PA7の評判とレビューをまとめている。

ブランド名LITTLEGEAR
製品名i310PA7(プラチナ)
価格Windows 10/184,800円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1080
メモリDDR4 16GB
SSDSATA3 240GB
HDD2TB
電源500W 80PLUS SILVER
光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス★★★★☆☆☆☆☆☆

スペック解説

LITTLEGEAR i310PA7は最新のパスカルグラボを搭載しているモデルとなっている。この構成でこの価格はなかなかおすすめしやすい。現在GTX1080搭載モデルで実用性の高い構成の中では最安値クラスだ。従来モデルから大きく変化したGTX1080搭載モデルは、圧倒的なコストパフォーマンスを得た。

主な変更点は以下のとおりだ。

  • 価格が15,000円安くなった
  • DDR3からDDR4へアップグレード
  • HDDが標準搭載

従来モデルから弱点が改善され、コストパフォーマンスもかなり良くなった。ウルトラハイエンドであるGTX1080搭載モデルがこの価格まで到達したのは驚きだ。

しかしながらコンパクトケースであるLITTLEGEARは省スペース性にこそ長けるが、冷却性能はミニタワーやミドルタワーと比べると著しく劣る。排熱はある程度追いつくと思う。熱がこもりやすく性能の低下を招く可能性があることは理解しておきたい。

性能は非常に優秀でコストパフォーマンスも高い反面、それなりのデメリットも用意されている。高い負荷に対応するための性能を持っているのは事実だ。しかし、高い負荷をかけたまま長時間起動することが苦手。

4K解像度でこそ輝くモデルだが、その4K解像度に不安があるという本末転倒のような特徴となっている。ただ、高い負荷に強いため、最新のゲームを4K解像度で最高設定レベルでプレイしない限りは安定するだろう。拡張性の低さもデメリットと言える。それでも性能の高さで十分お釣りがくる程度のものだ。

構成に若干のアンバランスさを感じるが、コストパフォーマンスはそこそこ良好だ。GTX1080搭載で17万円を切る価格設定が上手くハマっている印象だ。これこそ、GTX1080に求めていた価格に近い。というのも、GTX980搭載モデルは登場時189,800円からスタートし、LITTLEGEARやNEXTGEAR-MICROでCPU性能が落ちたモデルが179,800円だった。そういう意味ではミドルタワーはまだ追いついていないが、LITTLEGEARだけは追いついた。

GTX1080は当初GTX980より$50高いというものだっただけに、搭載モデルが理想に近づいたのは大きい。ただし、構成は出来る限り削ったものなので価格以外は理想的とは言いづらい。ストレージがSSD 240GBのみだとどうしても厳しいものがある。カスタマイズか増設が必要となるのはG-tune製ゲーミングPCの常。

900シリーズのGTX980搭載モデルよりも値段が安くなっているのはコストパフォーマンスの高さを表している。ただ、GTX1080は非常に性能が高く、4K解像度でのゲームプレイを前提としている。それほど高い性能であるため、プレイするゲームによっては無用の長物。

コンパクトケースであるLITTLEGEARはお世辞にも排熱性能が高いとは言えない。少し前のHDD非搭載モデルであれば熱を発するパーツが少ないという点ではメリットでもあったかもしれない。拡張性が低く、排熱性能も高くない。

CPUがi7-6700であることが少し残念だ。その分だけコストカットが出来ているかと問われると難しいところだ。他の製品とそれほど大きな価格差が無いところを見ると、予算がハッキリと決まっているユーザーに適したシリーズなのかもしれない。

性能は下げずに価格を削る努力の結果が、少し劣る構成に現れている。それでも価格が抑えられるというのは最大のメリットだ。排熱性能や拡張性の低いコンパクトケースだが、ゲーミングPCとしてはなかなかに優秀。

中々玄人好みというか、初心者向けではないモデルのように思う。何より性能を求めるGTX1080に対して、CPUはi7-6700とバランス面では不安点もある。セール時であれば9,800円でi7-6700Kにしてしまうのもありかもしれない。電源が500WであることやGTX1080搭載であることを考えると、ゲーミングPCとしてはギリギリのようにも感じる。現時点でおすすめはしたいが、比較対象に強力な製品が登場しているので確認してもらいたい。

対応タイトル

GTX1080はウルトラハイエンドに属するグラフィックボードであるため、4K解像度でのプレイに最適だ。ゲームなら何にでも対応出来るパフォーマンスが最大の魅力のゲーミングPCだ。排熱性能と冷却性能に難を持っている。それでもそれを上回る長所とも言えるだろう。

これまで、ゲームをプレイする際にスペックを確認していたかもしれないが、その手間も省けるのだ。いざゲームをプレイして、少しカクカクする…と不安になることもない。ゲームをプレイするユーザーにとってはこれ以上に無い安心感だ。フルHD環境でのゲームプレイでは性能不足に陥ることはない。ただ、それはGTX1070でも同じことが言える。4K解像度環境を構築しなければ本領を発揮することは出来ない。高解像度でこそ輝くモデルであり、フルHDではオーバースペックでしかなく宝の持ち腐れだ。長寿命な性能として考える手もあるが、その選択肢はGTX1070の特権に近い。

ただ、3Dゲームに限った話で、2Dゲームでは逆にカクカクすることもあるが、避けられないことも多い。それはグラフィックボードが3Dに特化しているため、2Dに対応出来ないことで生じるためだ。グラフィックボードを抜かないと正常にならないこともある。なので、正確には3Dゲームなら全て快適にプレイ出来るというのが正しいか。新作の多くは3Dゲームで、2.5Dと呼ばれたりする最近の2Dゲームはグラフィックボードが必要だったりもする。古いゲームでなければ快適にプレイすることが出来るだろう。

また、ゲームではCPUがボトルネックとなる可能性がある。その高解像度でCPU性能が必要となったとき、i7-7700Kや場合によってはその上の性能のCPUと比べて劣ることがあるかもしれない。グラフィックパフォーマンスと違い、高解像度になることでCPU負荷が高くなるということは少ない。それでもネックとなる可能性のあるものが採用されているのは最上位モデルのグラフィックボードとの相性は良いとは言えない。ゲームにおいてはその点だけは理解しておかなければならない。

>>>>>LITTLEGEAR i310PA7を購入する<<<<<

従来モデルとの比較

LITTLEGEAR i310PA6

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…SATA3 240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 164,800円

旧モデルに比べて価格は2万円アップと、コストパフォーマンスは大幅に低下している。従来モデルの一つ前のモデルがほぼ同じ構成で179,800円だったので、そちらのほうがベースモデルとしては近い。従来モデルになったことで、コストパフォーマンスがかなり高くなったが、ここにきて急落。

次のモデルチェンジに期待したいところだが…。現行のGTX1080搭載モデルの中ではなかなか安価な部類に入る。短所もあるが、長所もそれなりにあるため、まるっきりダメというわけではない。

現行の比較モデル

NEXTGEAR-MICRO im570PA8

  • CPU…i7-7700
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…SATA3 240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 184,800円

同じ構成で同じ価格のミニタワーとなる。排熱性能などの弱点を克服出来るため、こちらのモデルのほうが性能を発揮しやすい。

コンパクトケースと違って省スペース性では劣る。ただ、性能を発揮出来るのならそれもありだろう。特にG-tuneのミニタワーは、ミニタワーの中でもトップクラスの排熱性能と冷却性能を持っている。

高い性能を持つモデルにピッタリではないだろうか。ゲーミングPCとして必要なものを備えたモデルである。

>>>>>LITTLEGEAR i310PA7を購入する<<<<<

7パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ