LITTLEGEAR i310SA10-SPのレビューと評判 | GTX1060とi5-7400搭載、10万円を切るモデル!

LITTLEGEAR i310SA10-SP

LITTLEGEAR i310SA10-SPのレビューをしている。

ブランド名LITTLEGEAR
製品名i310SA10-SP(シルバーカスタム)
価格Windows 10/ 99,800円
CPUCore i5-7400
GPUGTX1060 3GB
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W 80PLUS SILVER
コストパフォーマンス★★☆☆☆☆☆☆☆☆

スペック解説

LITTLEGEARのこのシリーズは従来モデルもそうであったように、G-Tuneのラインナップが更新されるたびにグレードアップされていくので今後もっと良くなる可能性を秘めている。

当該モデルあh10万円を切ったことがセールスポイントとなったGTX1060 3GB搭載モデルだ。ただし、従来モデルと比べてストレージが大幅カットされているため、コストパフォーマンス的には低下している。

選択しやすくなった分だけ、相応のデメリットが生じているが、そこをどう見るかで評価が分かれる。CPU性能もワンランクダウンであることも見逃せない。正直、この価格でこの製品を購入するのであれば、別の製品を視野に入れたほうが良いだろう。

従来モデルは非常に優れた製品であったこともあり、価格以上に大きな損失となっている。現時点ではおすすめしにくい製品の一つだ。

従来モデルとの比較

LITTLEGEAR i310SA10

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 109,800円

1万円高いものの、HDD 2TBとSSD 240GBのツインストレージを採用している。更にCPUもワンランク高いものとなっている。従来モデルは非常に優秀であり、現モデルに劣るのは価格くらいなものだろう。

コストパフォーマンスも高く、LITTLE GEARの中で最もおすすめ出来た製品だ。ストレージを削ることはともかく、CPUを削ったのは影響が大きい。

従来モデルと比べると、現行モデルは価格は落ちているが、ゲームをプレイするために必要な環境をも削った印象が強い。

現行モデルの比較対象

NEXTGEAR-MICRO im570SA10

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 109,980円

従来モデルに近い製品として、ミニタワーながらこの製品がおすすめだ。HDDが1TBだが、拡張性と排熱性能が格段に向上していると考えればコストパフォーマンスも良好だ。

特に、夏に向けて熱によるパフォーマンスの低下は著しいものがある。この性能帯であれば大きな心配は無いと思うが、環境に依存してしまう部分なだけに断言しにくい。

その不安を払拭すると考えれば、選択肢としても優秀だろう。省スペース性にこだわらなければおすすめ筆頭モデルだ。

GALLERIA DJ

  • CPU…i5-7500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…250GB
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 109,980円

値引きのキャンペーン中であれば、最もおすすめしたいのがGALLERIA DJだ。同性能帯、同価格帯で輝きを増した製品である。

電源容量は落ちるが、コストパフォーマンスは良好。ただしこのモデルもミニタワーであるため、省スペース性では落ちる。

基本構成はNEXTGEAR-MICRO im570SA10と同じであるが、排熱性能は少し落ちる。

>>>>>LITTLEGEAR i310SA10-SPを購入する<<<<<

総評

i5-7400になった影響はゲームプレイでは現れにくい。ただ、VRをプレイするには少し不安な要素は増えている。それ以外では同等のパフォーマンスと言えなくもない。

それよりもコストパフォーマンスの低下が痛いように思う。ボトルネックとなる可能性が上がり、ストレージの大幅カットは利便性の低下にも繋がる。

特定のゲームしかプレイしない場合や、増設を視野に入れている場合は問題無いかもしれない。しかし、LITTLE GEARはコンパクトケースであるが故に拡張性が低く、HDDは今搭載している1台しか内蔵できない。

これ以上のHDD容量となると、カスタマイズでアップグレードするか、1TBのHDDを交換する以外に無い。SSDはまだ搭載する余裕があるため、容量拡大を目指すならSSDを推奨したい。

もちろん、容量だけを求めるのであれば外付けのHDDでも対応することは可能だが、ローディングを短くすることの出来るSSDは快適なゲームライフに必須。

何かとやりにくい部分もあるが、全くダメというわけではない。価格が安くなったことを何よりのメリットと考えることも可能ではある。

ストレージの流用が可能なユーザーにとってはありがたいかもしれない。ただ、CPUもダウンしているため、素直に賛同しにくいことではあるが…。

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ