LITTLEGEAR i310SA5-VRの評判とレビュー | VR環境構築入門のハイパフォーマンスモデル

LITTLEGEAR i310SA5-VR

LITTLEGEAR i310SA5-VRの評判とレビューをまとめている。

ブランド名LITTLEGEAR
製品名i310SA5-VR
価格Windows 10/94,800円
CPUCore i5-6600
GPUGeForce GTX1060 3GB
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD2TB
電源500W 80PLUS SILVER
コストパフォーマンス★★★★★★★★★★

スペック解説

i310SA5-VRは、「Oculus Rift CV1とVIVEの推奨スペックに準拠した、VR環境構築入門モデル」とされている。VRの推奨環境をクリアしており、CPUがゲーミングPCでは滅多に見かけないi5-6600を採用している。従来モデルと比べるとグラフィックボードがパワーアップし、価格が2万円ダウンした。

珍しいだけで、性能で言えば推奨環境であるi5-4590と同等製品にあたるのでギリギリクリアというところか。推奨モデルというよりは、現行のモデルでの最低限必要な性能を備えている程度だ。10シリーズの価格おが落ち着いたことで、低価格に拍車がかかってこの値段だ。おすすめしやすいが、これをVR用として選択するのであれば待ったをかけたい。

ゲームと同じく、VRも推奨環境ギリギリを狙って良いことはほとんど無いだろう。ゲーミングPCとして考えれば、なかなか優秀な一面を持っている。省スペース性と性能を両立したモデルを10万円以下で探しているならおすすめだ。

ゲーム対応

VR推奨モデルなのだからVRには対応していることは間違いない。最低限必要な性能より少し上程度だ。快適かどうかは判断しにくいが、対応しているのは事実だ。

ゲーミングPCとしてはコストパフォーマンスに優れているため、選択肢に入っていてもおかしくはない。しかしコンセプトモデルにカテゴリされていることもあって露出が少なく知名度も低い。

VR環境構築入門モデルとあるだけあって、予算を多く取れないユーザーや初心者には十分な性能を持っている。i5-6600はレアなだけで性能が高いものではないので、そこに期待してはいけない。

総合的に見てハイエンドに一歩届かないような性能だ。HDDはこれ以上搭載することはできない。ただ、SSDは搭載可能であり、ゲーム用のSSDを用意してみるのも面白い。

汎用性が高く、様々な用途に使用できるのも魅力で、ゲーミング以外にも使用する場合にも安心だ。価格以上のパフォーマンスはあるかもしれないが、VR推奨モデルとしては力不足なので注意したい。

比較モデル

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD

  • CPU…i5-6600K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 99,800円

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだs。ミニタワーであるため、省スペース性では劣るが排熱性能や拡張性では勝る。5,000円アップする代わりにCPU性能がワンランク上がり、i5最上位のi5-6600K搭載となっている。

第4世代のi5-4690とi5-4690Kのように、OC出来るか否かの差ではなく性能差はしっかり存在している。ケースが違うため純粋な比較は難しい。それでも5,000円でそれに見合う程度の性能アップが見込める。

10万円以下のモデルでは最高性能と言えるレベルであるため、性能を求めるユーザーにおすすめだ。価格的には他製品にも比較対象が存在している。ただ性能と見合うものはこのコラボレーションモデルだけだ。

>>>>>LITTLEGEAR i310SA5-VRを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ