NEXTGEAR i650GA7-SP3レビューと解説 | GTX1070とi7-6700K採用、ウルトラハイエンド

NEXTGEAR i650GA7-SP3

G-Tuneの人気モデル「NEXTGEAR i650GA7-SP3」のレビューをしている。

ミドルタワーで最新CPUとGTX1070を搭載しているモデルだ。

ブランド名NEXTGEAR
製品名i650GA7-SP3
価格Windows 10/159,800円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX1070
メモリ16GB DDR4
SSD240GB
HDD2TB
電源700W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★☆☆☆☆

NEXTGEAR i650GA7-SPスペック解説

i650GA7-SPは、GTX1070搭載のハイスペックに属するゲーミングPCだ。それ以外に大きな変更はなく前モデルと同様高いコストパフォーマンスと性能で、よりコアなゲーマーを魅了する構成となっている。従来モデルとの変更点はWindows7モデルが消えたところくらいだろうか。比較対象に登場するが、上位モデルであるNEXTGEAR i650GA7が驚きのアップグレードされている。そのため、どうしても見劣りする部分が目立ってしまう。

ウルトラハイエンドとしては手が出しやすい価格ではあるが、もう一段回安ければというのが本音だ。優秀な構成で、G-tuneのフル装備とも呼べる2TBのHDDと240GBのSSD、DDR4 16GBを搭載している。上に優秀なモデルが存在すると、それだけで輝きが失われてしまう気がする。

ウルトラハイエンドのエントリークラスとしての地位もLITTLEGEARなどの他製品に奪われてしまった。16万円前後が予算の上限というユーザーに最上位として選択してもらいたい。いや、上位モデルが5,000円アップと考えるとやはり難しいか…。

新登場したモデルは従来のi650GA6の後継機と言えるだろう。当時はGTX970搭載モデルであったが、GTX1070に交換されHDD2TBを搭載しても価格は据え置きとなっている。GTX970搭載モデルであったときからおすすめだったため、価格が据え置きである時点でそこそこ高いコストパフォーマンスを持っている。性能も高く、価格も満足いくものとなっているはずだ。

従来モデルの弱点であるストレージも見事に克服しているのは高評価だ。SSDとHDDのダブルストレージは強力だ。ゲームプレイをより快適にするSSDの標準搭載はありがたい。ただ、高い性能を持っているがGTX980Tiと同等程度であるため、高すぎる期待は禁物だ。あくまでもウルトラハイエンドの入り口であることを肝に銘じてもらいたい。

DDR4搭載で処理性能は非常に高くなっており、価格も抑えられたことでGTX1070搭載モデルとしては高い評価を得ている。最新の構成であり、将来的な流用性は高いのは評価できる。現行のGTX1070搭載モデルの中では最もおすすめできるゲーミングPCの一つであり、選択肢に入っているのであれば決めてしまっても良さそうだ。

ゲーム

最新のタイトルはどんどん要求スペックが高くなってきている。Fallou4やスターウォーズ等が良い例だろう。しかし、この構成ならそれらの要求スペックを余裕でクリアしている。最新ゲームでも最高設定、またはそれに準ずる設定で快適にプレイすることが出来るだろう。その性能の高さとコストパフォーマンスの良さから最も求められている性能だ。

最新ゲームでも最高設定で快適にプレイすることが出来るウルトラハイエンドだ。VRや4K解像度でもサクサク動作するが、4K解像度に関しては最高設定でプレイするとカクつくゲームも存在している。パフォーマンスに関しては最上位ではないため、コストパフォーマンスを重視するユーザー向け。

また、一般的なゲーム用途ではGTX1070が最上位だが、想像しえない用途ではGTX1080が最上となるため判断は難しい。早期アクセスのゲームや最適化が不十分なゲームであっても、その性能から力押しでプレイができる。CPUも第6世代最上位のi7-6700Kを搭載しているのでCPU負荷にも最大限に対応することが可能だ。

ゲームプレイに不安は無く、フルHD環境ではほぼ全てのゲームがオーバースペックとなる。将来性も高く、GTX1060やGTX1080よりも、現在の10シリーズの中で最もコストパフォーマンスに優れているためおすすめだ。4K解像度でプレイする予定が無くとも、今後のゲームも快適にプレイできるという安心感を買ったと思えばお得だろう。

最新のゲームは最高設定でなくても負荷が高いこともあるが、GTX1070搭載であればグラフィックパフォーマンスはほぼ最高に対応できる。まだβなどのテスト段階であれば話は別だが。CPUも第6世代上位のi7-6700を搭載しているのでCPU負荷にも最大限に対応することが可能だ。ゲームをプレイするのにこれ以上の性能は正直オーバースペックになる場面が多くなってくる。性能がほんの少しオーバーするだけで無駄なく使えるため人気が高い。

注意したいのは、最近の最新ゲームでGTX970やi7-4790を推奨環境に上げるゲームが登場している推奨環境であるが、ギリギリなので若干の遅延を感じることがあるかもしれない。ある程度設定には余裕をもたせたほうが安定した動作が期待できるだろう。常に最高設定で快適にプレイできるかと言われるとそうではないことは理解しておく必要がある。あくまでも推奨環境を満たしているというだけで、状況によると少し遅延を感じるかもしれない。それでも設定は最高設定か高設定にしておくほうが良さそうだ。ほぼ全てのゲームを快適にプレイできるというのはゲーマーにとってはメリットだ。様々なゲームをプレイするユーザーにこそ選んで欲しいスペックと言える。

Steamなどを利用して海外のゲームをプレイするなら最適だろう。国内の基本無料のゲームをプレイするにはスペックが高くなりすぎな気もするが・・・オーバースペックというほどでもない。基本無料と言えど最近はグラフィックが進化してとても綺麗になっている。そのため、ストーリーと雰囲気を楽しむ意味で設定は高いほうが楽しそうだ。最適化が不十分なゲームでは少し不安が残る。しかし、そういうゲームは早期アクセスやαやβテスター等に限られそこまで多くない。プレイしたいゲームがそうでないことを祈ろう。

比較

NEXTGEAR i650GA7

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…3TB
  • SSD…480GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 164,800円

これまで行われていたキャンペーン内容がデフォルトとなったモデルだ。この価格帯のGTX1070搭載モデルでは最も優れた構成となっている。性能は同等だがストレージに差があるのは大きい。

上には上があるが、まずはこのモデルを見て判断してもらいたい。5,000円アップでHDD容量1TB、SSD容量倍増というアップグレードがついてくるのだ。NEXTGEAR i650GA7-SP3を選択肢に入れているのであれば、こちらの製品は要チェックだ

GALLERIA XF

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 8GB(キャンペーン時16GB)
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大525GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 174,980円(キャンペーン時167,980円)
  • Windows 7 178,980円(キャンペーン時164,980円)

様々なバリエーションとキャンペーンにより、GTX1070搭載モデルの中で最も人気の高いモデルの一つ。SSD 1TBモデルもあったり、キャンペーン対象にほぼ常時選ばれているため要チェック。キャンペーン自体が微妙ということはないが、内容によっては見劣りするものもある。

SSD1TB モデルのセールだったりもするので内容はよく確認したい。内容が安定しないという意味では楽しみもあるが、お得さも変動し続けるということだ。それ故に、常におすすめというわけでも無いためチェックは欠かせない。

>>>>>NEXTGEAR i650GA7-SPを購入する<<<<<

NEXTGEAR i650GA7-SPパソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ