NEXTGEAR i650GA7-TDレビューと評判解説 | G-Tune×当サイトのコラボレーションモデル

NEXTGEAR i650GA7-TD

NEXTGEAR i650GA7-TDのレビューをしている。

ブランド名NEXTGEAR
製品名i650GA7-TD(ゴールド)
価格Windows 10/159,800円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX1070
メモリDDR4 16GB
SSD480GB
HDD非搭載
電源700W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★☆☆☆☆☆☆☆☆

スペック解説

NEXTGEAR i650GA7-TDは、当サイト「ゲーミングPC徹底解剖」とG-tuneのコラボレーションモデルだ。GTX1070を搭載した紛うことなきウルトラハイエンドモデルの一つだと言える。

価格を抑え性能を高めることに特化した構成となっているのが特徴だ。HDDが非搭載である代わりにSSDが480GBの大容量となっている。

一方で、このモデルのベースとなったNEXTGEAR i650GA7-SPにはSSD 240GBとHDD 2TBが搭載されている。ベースモデルに軍配が上がりやすい構成になっているのは否めないか…。

HDDを既に所持しており、買い替えを検討しているユーザーにとってはおすすめだ。流用するストレージを所持していない状態であれば非常に有用だ。

コストパフォーマンスも良好ではあるが、どうしてもベースモデルに劣る部分が目立つ。

対応タイトル

CPU性能もグラフィック性能も高く、4K解像度にも対応したウルトラハイエンドモデル。性能に関しては文句無しだ。4K解像度にも対応はしている。しかし、ゲームによっては最高設定で快適にプレイすることが難しいこともある。

主に海外のゲームに多いが、尋常ではない負荷がかかることがあるためGTX1070では最高設定を避けなければならないことも。GTX1080でようやく快適にプレイできるというゲームはごく僅かではあるが存在していることは理解しておきたい。

GTX1070は非常に性能は高いが、GTX980Tiに近い性能であり、ウルトラハイエンドの部類としては標準的な性能である。ただ、コストパフォーマンスはGTX1080やGTX1060と比べても圧倒的であるため、人気も高く選ばれているグラフィックボードだ。

フルHD環境では性能を持て余すので、4K解像度でのプレイを前提としているユーザーが選ぶべきである。この先、何年かすればGTX1070でなくてはフルHD環境でも快適に遊ぶことが出来ないということもあるかもしれない。これはあくまでも現時点での話だ。

比較

NEXTGEAR i650GA7-SP3

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 159,800円

ベースモデル。性能に関する構成はほぼ同じだ。ストレージで差別化が行われている。コラボレーションモデルのSSD 480GBは確かに魅力だが、HDD無しとなるとどうだろうか。

2TBのHDDはSSD 240GB分の容量ということになる。完全オリジナルの構成ではあるが、ベースモデルに及ばない点が多い。

G-tuneオリジナルのオプティカル6ボタンマウスとAccurate Keyboardが付属していることを加味しても厳しい。結果的にベースモデルの存在を知らしめる結果となっているように思える。

カスタムで言えばSSD 240GBを480GBにするには10,800円、HDDなしを2TBにするのに9,800円であることを考慮すれば僅かにお得だ。もっとも、SSD 240GBを480GBにわざわざアップグレードするメリットはあまり無いだろう…。

>>>>>NEXTGEAR i650GA7-TDを購入する<<<<<

実機レビューはこちら

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ