NEXTGEAR i650PA7-SP2-TDレビューと評判解説 | G-Tune×当サイトのコラボレーションモデル

NEXTGEAR i650PA7-SP2-TD

NEXTGEAR i650PA7-SP2-TDのレビューをしている。

ブランド名NEXTGEAR
製品名i650PA7-SP2-TD(プラチナカスタム)
価格Windows 10/199,800円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX1080
メモリDDR4 32GB
SSD480GB
HDD3TB
電源700W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★★★☆☆

スペック解説

NEXTGEAR i650PA7-SP2-TDは、当サイト「ゲーミングPC徹底解剖」とG-tuneのコラボレーションモデル。シングルGPUで最高に近い、最強に近い構成を目指したモデル。PUはシングルコアの性能を重視してi7-6700Kを採用。

確かに、今後何年かすれば複数のコアに完全対応したゲームが当たり前になるかもしれない。しかし今現在で言えば、やはりi7-6700Kが最高に近いのではないだろうか。グラフィックボードも圧倒的な性能を誇るGTX1080を採用。最強という頂きに向かうには当然選ばれるべきグラフィックボードだ

メモリは32GBを搭載。本来は16GBでも多いと思ってはいるが、このウルトラハイエンドの更に向こうを覗き見るような構成では、ひょっとすると16GBでは足りない用途があるかもしれない。ここは思いきって大は小を兼ねるを選択した形だ。

HDDは大容量3TB。G-tuneの製品の中でも3TBのHDDを搭載しているのは数える程度。その数えられる中の一つに入ったのは光栄だ。SSDは480GB。SSDとしては大容量と言えるだろう。これだけの装備が整えば、どんなゲームにも快適に対応できる。

これだけ見てもらえばわかると思うが、このモデルはゲーミングPCの最高峰を求めているのだ。ただし、ある程度万人受けする形で構成を考えた。

対応タイトル

最新のゲームを4K解像度で最高設定にしても快適にプレイすることが出来る脅威のパフォーマンスを誇る。当然価格は高くなるが、次に登場するであろうVoltaとKaby Lakeなどの最新のCPUが登場した後も廃れることは無いだろう。もっとも、これは毎回言われていることだが…。

それでもウルトラハイエンドモデルは新世代のハイエンドモデルより性能が高いことは明らかだ。長く性能に困ることはないという意味では長寿なゲーミングPCと言える。

ただし4K解像度でのプレイを予定していなければ宝の持ち腐れだ。フルHD環境であれば多少の差はあるが、基本的にGTX1060などとプレイ感は変わらないだろう。より高みを目指し、美しいグラフィックを求めるユーザーにこそ必要な一品だ。

比較

NEXTGEAR i650PA7-SP2

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…3TB
  • SSD…240GB(キャンペーン時480GB)
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 209,800円(セール時189,800円)

ベースモデルとなる。メモリが16GBであることを除けばほぼ同じ構成となっている。つまり、メモリ32GBは不必要で16GBで十分というのであればこちらのモデルを選択すれば良いわけだ。

キャンペーンとセールの組み合わせによってはコラボレーションモデルのほうがお得になることもある。2万円引きのセールがあれば、16GBを求めるのにピッタリだ。

セールが無く、SSD480GBへのアップグレードだけであればコラボレーションモデルのほうがお得だ。基本的にどちらを選んでも一般的なゲームであれば同じパフォーマンスを発揮できる。メモリ32GBに魅力を見いだせるかどうかが肝だ。

>>>>>NEXTGEAR i650PA7-SP2-TDを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

実機レビュー

下記で実機レビューをしている

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ