NEXTGEAR i650PA7-SP2のレビューと評判 | GTX1080とi7-6700K搭載、おすすめ度MAX

NEXTGEAR i650PA7-SP2
NEXTGEAR i650PA7-SP2の紹介レビューをまとめている。

ブランド名NEXTGEAR
製品名i650PA7-SP2(プラチナカスタム)
価格Windows 10/189,800円
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX1080
メモリ16GB DDR4
SSD480GB
HDD3TB
電源700W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★★★★★

スペック解説

NEXTGEAR i650PA7-SP2は、GTX1080搭載モデルとして登場したての頃に存在した「NEXTGEAR i655PA7」と「NEXTGEAR i655PA7-SP」との2つの良いところを組み合わせ、調度良い落とし所で価格もなかなか抑えたモデルだ。更に、これまでのキャンペーン内容が標準となり、価格はその時より1万円安くなっている。HDDは大容量3TBで、これだけでもう増設が必要じゃないユーザーも多いのではないだろうか。メインストレージであるSSDにOSとメインでプレイするゲームを入れて、基本的な保存をHDDにすれば快適だろう。

性能に直結する構成もi7-6700KにGTX1080の組み合わせでメモリもDDR4 16GBとなっている。パフォーマンスに関してはかなり高く、これで満足出来ないユーザーはほとんど居ないはずだ。想像もし得ない用途があるかもしれないので断言は難しいが…。オンラインゲームをプレイするのであればまず問題無く快適だ。MODを適用しても4K解像度も余裕なので、その辺りを考慮しているのであれば選択したいモデルとなる。

ゲーミングPCとしてはその構成が理想であるだけに、そこに狙いがあるのではないかと考えている。さて、性能はもはや知っての通りこれまでのウルトラハイエンドとは次元が違う。GTX980を二つ搭載してようやく肩を並べられる性能だ。構成はオーソドックスなもので、NEXTGEAR i650シリーズとほぼ同じだ。新たなナンバリングから今後の1000番台のシリーズが別格であることが伺える。

コストパフォーマンスではGTX1070が上かとも思われたが、G-tuneのGTX1080は食らいついているようだ。予算オーバーであったとしても、多少無理してでも選択したいゲーミングPCだ。SSDに速度を求めるなら、プラス5,800円でNVMe 512GBにカスタマイズ可能。圧倒的な速度でゲーム起動や読み込みの高速化を体感しよう。ゲームによっては効果が薄いこともあるのでがっかりしないように。

パフォーマンスに関してはかなり高く、これで満足出来ないユーザーはほとんど居ないはずだ。想像もし得ない用途があるかもしれないので断言は難しいが…。オンラインゲームをプレイするのであればまず問題無く快適だ。

対応タイトル

どんなゲームでも、それこそ想定されるVRでも快適な環境を構築できるはずだ。フルHD環境でのみ考慮しているなら、間違いなくオーバースペックになってしまう。

GTX980SLIと同等の性能なのにフルHDでのプレイは流石に宝の持ち腐れだ。どうせなら高い負荷を高いと感じないサクサク動作を満喫したい。構成的には削りに削っているが、性能に関する箇所は妥協していない。

例えば、最適化が不十分なゲームであってもGTX1080の前では何の障壁にもならない。そしてそれを支えるCPUは最上位クラスのi7-6700K。

もはや何の心配も要らない最強のゲーミングPCと言っても過言ではないだろう。時代は進むが、まさかこのクラスが20万円を切る価格で登場するとは夢にも思わなかった。

ノートパソコンはかなり差を縮めたように思えたが、ここでまた一気に突き放したようだ。性能、容量、コストパフォーマンスとゲーミングPCに必要なものは全て揃っている、高い性能を求めるのであればおすすめNo1だ。

他モデルとの比較

GALLERIA ZG

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB(キャンペーン時3TB)
  • SSD…250GB(キャンペーン時NVMe 256GB Win7はSATA3.0 最大525GB)
  • 電源…800W GOLD
  • Windows10 213,980円(キャンペーン時209,980円)
  • Windows 7 221,980円(キャンペーン時217,980円)

キャンペーン時でも2万円の差があるが、標準の構成でまともに対抗できるのはZFだけだ。電源が非常に品質の高いものが使用されているのが特徴となっている。同等の性能、同等の構成、ワンランク上の品質と言ったところだろうか。

ただ、品質は体感しにくく、効果自体も分かりづらいため気にしないユーザーのほうが多い。特に、グラフィックボードの進化で消費電力がかなり抑えられていることで、電源容量や品質は求められにくくなっている。そういう意味では、玄人好みな構成となっているのかもしれない。

NEXTGEAR i650PA7-SP2-TD

  • CPU…i7-6700K
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 32GB
  • HDD…3TB
  • SSD…480GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 199,800円

NEXTGEAR i650PA7-SP2をカスタマイズした当サイトとG-tuneとのコラボーレーションモデルだ。ベースモデルとの差はメモリ32GBであることと値段くらいだ。

NEXTGEAR i650PA7-SP2をメモリ32GBに変更すると12,800円プラスになるが、このモデルは10,000円アップ。2,800円という僅かな差だがお得だ。メモリ32GBに関しては、一般的なゲーム用途では必要が無い容量だ。用途が明確にあるなら選択肢として優秀なはずだ。

>>>>>NEXTGEAR i650PA7-SP2を購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ