NEXTGEAR i660PA3-TDの評判とレビュー | GTX1080Tiとi7-7700K搭載、コラボモデル最強の一台!

NEXTGEAR i660PA3-TD

NEXTGEAR i660PA3-TDの評判とレビューをまとめている。

ブランド名NEXTGEAR
製品名i660PA3-TD(プラチナ)
価格Windows 10/224,800円
CPUCore i7-7700K
GPUGeForce GTX1080Ti
メモリ16GB DDR4
SSD480GB
HDD3TB
電源700W 80PLUS BRONZE
コストパフォーマンス★★★★★★★★★☆

スペック解説

NEXTGEAR i660PA3-TDは、当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルの一つだ。最新で最高の性能を持つグラフィックボード「GTX1080Ti」を搭載した超高性能ゲーミングPCとなっている。

性能も然ることながら、メモリ16GB、HDD 3TB、SSD 480GB、の完璧な構成も見過ごせない。CPUは当然i7-7700Kであり、シングルGPU搭載モデルとしてはゲームに最高峰のパフォーマンスを発揮することができるだろう。

コストパフォーマンスはかなり優秀な部類だが、登場してあまり時間が経っていないことが影響して、価格はまだ不安定なようだ。また、4K解像度でプレイしないのであれば確実にオーバースペックとなってしまうため、誰にでもおすすめできる代物ではない。

あくまでも、高い負荷を想定したゲームプレイのためのモデルだ。フルHD環境であればワンランク下のGTX1080搭載モデルですらオーバースペックとなるだろう。この性能が必要となるユーザーも、この性能で満足出来ないユーザーも極めて少ない。

シングルディスプレイでのゲームプレイであれば、恐らくこのモデルでプレイ不可能なゲームは存在しないだろう。それほどまでに群を抜いた性能を持っている。

>>>>>NEXTGEAR i660PA3-TDを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

i660PA3-TDtable
この表は構成を含む、全てのパフォーマンスから算出した性能あたりの価格を表している。比較対象によって数値が変わるため、この数値がモデルごとに持つ固定のものではない。

他製品と比べてどれだけ優れているかを数値化し、分かりやすくしたものだ。当然コストパフォーマンスに関しては低いほうが良く、品質なども加味した比較となっている。

NEXTGEAR i660PA1-SP3

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1080Ti
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…3TB
  • SSD…480GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 229,800円

構成はほぼ同じだが価格が5,000円高く、光学ドライブが標準搭載されている。光学ドライブの需要は大きく下がっているため、必要かどうかはユーザーによるところだ。ゲーミングPCとしての性能は全く同じであり、5,000円の差をどう見るかだ。

ただ、必要であるならカスタマイズで2,800円で搭載出来るため、このモデルを選択するメリットはほとんど無い。光学ドライブはオンラインゲームやPCゲームでもダウンロード版を利用するのであれば、ほぼ使う場面が無い。

使うときだけ接続する外付けの光学ドライブでも十分に対応することが出来るだろう。しかし、DVDを視聴したりパッケージ版のゲームをプレイするのであれば必須だ。

最近ではシリアルコードさえ入力すれば、パッケージ版であってもオンラインでインストールするこも可能ではあるが…。光学ドライブの有無で選ぶというよりは、必要かどうかでカスタマイズすべきだろう。

GALLERIA XZ

  • CPU…i7-7700(キャンペーン時i7-7700K)
  • グラフィックボード…GTX1080Ti
  • メモリ…DDR4 8GB(キャンペーン時16GB)
  • HDD…2TB(キャンペーン時3TB)
  • SSD…キャンペーン時500GB
  • 電源…700W BRONZE
  • Windows10 229,980円

異彩を放つモデルであるが、フルキャンペーン時で同等のモデル。恐らく、しばらくすると値引きにより、フルキャンペーン時は最も優れたモデルとなるだろう。

値引きが行われると他のキャンペーンが外れる可能性が高いので判断が難しい。通常時は凡庸なモデルであるため、いかに多くのキャンペーン対象時に選択出来るかが鍵となるモデル。

排熱性能がミドルタワーの中で最も高いGALLERIAであることを考えれば、この性能であれば嬉しい恩恵である。もう一声欲しいが、今後に期待したいモデルだ。

GALLERIA ZZ

  • CPU…i7-7700K
  • グラフィックボード…GTX1080Ti
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB(キャンペーン時3TB)
  • SSD…500GB
  • 電源…800W GOLD
  • Windows10 239,980円

他のモデルと比べると少し価格が上がるものの、構成では電源が800W GOLDであるためリードしている。ただ、GALLERIA XZがフルキャンペーンを行っている場合に限り、コストパフォーマンスで劣る。

GTX1080Ti搭載モデルを選択する際は、よく見比べて選択することをおすすめする。ゲーミングPCとしての性能はほぼ同じであるが、電源の品質が高い部分をどう評価するか。

700W BRONZEでも問題無いため、気にしないというのであれば選択肢から外すのも間違いではない。高性能なモデルは電源の品質が高いほうが安定しやすいものの、最近は省電力化が進んでいるため恩恵は昔ほど大きく無い。

それでも、可能であるならば品質が高いほうを選択したいものだが。

>>>>>NEXTGEAR i660PA3-TDを購入する<<<<<

総評

優れたコストパフォーマンスを持つゲーミングPCであり、同時に非常に高い性能も有している。一般的なゲームプレイには適さないほど高い性能は、この性能が必要だと感じたユーザーにのみ使いこなすことが出来るだろう。

最新のゲームをフルHDで快適にプレイするというのであれば少し待って欲しい。4K解像度などの高い負荷に対応するためだけというわけではないが、フルHD環境では性能を活かすのは難しい。

何故なら、このモデルより下のモデルであってもフルHD環境では快適にプレイすることが可能だからだ。もちろんゲームによる部分もあるが、GTX1080やGTX1070であれば十分に対応することが可能だろう。

中にはfpsを安定させるために選択するユーザーもいるかもしれないが、グラフィックボードの性能をここまで高くする必要はない。GTX1070やGTX1080で安定しないものの多くはゲーム側の問題であるため、根本的な解決を待ったほうが良いだろう。

ただ、これは価値観の問題でもあるため、必ずしも駄目というわけでもない。今後のことを見据えての選択ももちろんあるだろう。より価格を抑えたいという思いよりも、より性能の高いモデルを手にしたいという思いのほうが強いこともある。

何を選べば良いか分からずに、性能の高いモデルに手をだすのではなく、自分の求めているものはコレだとはっきり分かっているユーザーに選んで欲しい。もちろん、性能が非常に高い製品の中で価格を抑えたいということもあるだろう。

環境を選ばずにゲームをプレイできるという強みはあるが、20万円を超える価格である以上予算との相談となるだろう。

実機レビューはこちら

  • NEXTGEAR i660PA3-TDの実機レビュー
  • 実機レビューを行っている。性能を指標化してわかりやすく示している。グラフを多用しているので直感で理解できるだろう。

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ